2009年6月26日 (金)

ダシとスパイスのハーモニー

スープカレーにはまるきっかけとなった二日市の小林カレー。 手軽にスープカレーの素が手に入るようになり、家で作るようになった結果、とんとご無沙汰に。 いくら家で作るのがお手軽になったとはいえ、小林カレーの独特のダシとスパイスの風味は別格。 久々に訪れた小林カレーは相変わらずの変わらぬ佇まい。テーブル席に腰掛け、 メインメニューのチキンカレー野菜トッピングをチョイス。 ほんのりと赤みを呈するスープは程よい酸味にスパイスの刺激、 そして、ダシのシッカリした味わい。 このスープにライスをヒタヒタに浸して口へと運べば、正にパラダイス。 梅雨時期の茹だるような暑さをついつい忘れ一心不乱にパクつく。 最初に味わった時の感動そのままの味わい。心もお腹もスッカリ満足

090626kobayashi_curry090626kobayashi_tenpo

【小林カレー】
住所:福岡県筑紫野市二日市中央2-6-11
電話:092-928-3202
営業:11:00~16:00,17:00~21:00 月曜休み Pなし
チキンカレー(650円)
野菜トッピング(100円)

6月 26, 2009 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

モモがトロケりゃ舌もトロケル

先日の久住登山の際、フミオさんの車に放置してしまったストックの受け渡しを兼ねて、 LeaLea@雑餉隈で晩御飯。 いつものチキンカリー普通盛のチョイ辛。 ピリッとしつつも野菜の甘味タップリのルーとホロホロにほぐれる鶏モモ肉とライスとを程よく混ぜ合わせ、 パクリと口にすれば幸せ至極。嫁は普通盛だと多いからと言って小盛にしたのだが、 家に帰った頃には小腹が空いた模様。胃もたれしない、この優しさがクセになるんだよねぇ~。

090130LeaLea_curry090130LeaLea_tenpo

【Curry&Checken専門店LeaLea】
住所: 福岡県博多区銀天町1-3-9
電話:092-593-3655
営業:11:30~15:00,18:00~04:00 日祝休み Pなし
チキンカレー普通盛(750円)

1月 30, 2009 at 10:00 午後 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

リベンジカレーにノックアウト

先日、ルー売り切れで涙を飲んだ雑餉隈のLeaLea。 本日こそはと嫁ともどもリベンジ。空腹による食欲中枢の暴走に加え、 先日分をも取り返したいという思いが相まってオーダーするはチキンカレー大盛&サラダ。 辛さはチョイと汗ばむ中辛。スプーンを入れるだけでハラリとほぐれるモモ肉。 これに野菜の甘味タップリのルーとライスが合わされば至福の一時。 スパイスの刺激で溢れる鼻水を啜りつつ、リズム良くカレーを口へと運ぶ。食べ終わる頃にはスッカリ満腹。 徒歩圏内にLeaLeaがあることに感謝。

081105lealea_tenpo081105lealea_curry
081105lealea_salada

【Curry&Checken専門店LeaLea】
住所: 福岡県博多区銀天町1-3-9
電話:092-593-3655
営業:11:30~15:00,18:00~04:00 日祝休み Pなし
チキンカレー大盛(850円)
サラダ(200円)

11月 5, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

トローリ、なめらか絶品ルウ

4年振りに銀天町のLeaLeaを訪問。
「ここのカレーは絶品だったよなぁ~」と、以前食べたときのことを思い出しながら扉を開けて店内へ。 チキンカレーは食べたことがあるのでチキンカツカレー中辛に挑戦。 雑誌を読みながらカレー様の登場を待つ。その間、嫁はepiのスイーツ特集を見ながら「おいしそう」 を連発。今からカレーを食べるというのに食欲中枢はどうなっているのやら・・・。
程なくして光り輝くカレー様登場。さあ、食べるぞ!
トロリとしたルーを掬って一口。 優しい野菜や果物の甘味の中からスーっとあふれ出てくるスパイスの刺激。 美味しいという記憶は美化されるというが、その美化された記憶とくらべても確実に美味しくなっている。ルーから重さが消えたというか、 口当たりと後口がスッキリとしてきている。ううっ、スプーンが加速する!
食べるのに夢中になっていると左側方からの妙な気配。 顔を向けるとニコニコと微笑むフミオさんの姿が!おお、 ビックリしたゼ。 愛車のハイブリッド用バッテリーの不具合でバッテリーが無償交換になったとのことで暫し車談義に花を咲かす。
今宵は驚き連続のLeaLea再訪と相成り候。

080911lealea_tenpo080911lealea_curry

【Curry&Checken専門店LeaLea】
住所:福岡県博多区銀天町1-3-9
電話:092-593-3655
営業:11:30~15:00,18:00~04:00 日祝休み Pなし
チキンカツカレー(750円)

9月 11, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

味も量もメガ

「ボンカレー食べたい!」
すべては嫁の放ったこの一言が始まりだった。 ボンカレーと言えば大塚食品が誇る世界初のレトルトカレー。 ここんとこ、レトルトカレーと言えばハウスのカレーマルシェばかり。 久々に原点に戻りたくなったのかと思いきや、さにあらず。 嫁の言うボンカレーとは大名にある店の名前とのこと。本当にそんな名前のカレー店があるのか?
店の名前や場所を断片的にしか覚えていないことが日常茶飯事の嫁のことだ、 ボンカレーというのも店の名前の一部だろう。とりあえず、 ボンの付くカレー店をiタウンページで調べてみる。と、 目についたのがボン田中。本人に確認してみるとここで間違いない模様。それにしても、 「ボン田中のカレー」が省略されて「ボンカレー」になるとは、 つくづく侮れない奴だ。
赤坂駅近くの八年カリーボン☆田中へGo! 颯爽と扉を開け・・・れない。というか、 アツイ!直射日光を存分に浴びた扉のノブが絶妙の温度に熱せられてる。この季節、 午前中に行かないと扉と格闘することになるのでご注意の程を。
メニューを眺めていると目に付いたのが「メガカレー」。 通常の1.5倍ということだが、なんとかなるだろうと深く考えることなく注文。 注文時に言われた「大丈夫ですか?」の一言の意味は、メガカレーを目の前にした時に判明。 確かにデカイわ。しかし、やっつけ甲斐があるというもの。それでは早速頂きま~す!
タップリと肉の溶け込んだルーは濃厚で美味。 この味なら一気食いできそう。欠食児童の如く一気果敢に貪り喰う。 ルーとライスの暑さで汗が吹き出る。 途中ハンバーグで若干のペースダウンを余儀なくされたものの、 無事完食。でも、お腹イッパイ!暫くカレーは勘弁だな

080802tanaka_tenpo080802tanaka_curry

【八年カリー ボン☆田中】
住所:福岡県福岡市中央区大名2-3-9
電話:092-737-9692
営業:11:00~22:30 ほぼ無休
メガカリー(1580円)

8月 2, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

芥屋ニ隠レ家アリ、我伽哩ニ舌鼓ヲ打ツ

連休初日。台風の影響を心配していたが天気はすこぶる良好。今日も太陽の日差しが突き刺さる。 絶好のお出かけ日和。山は天気の崩れが心配。 嫁は物産館に行きたがっている模様。ならば糸島方面へお出かけだ。 昼ご飯は何が良いかと尋ねれば、差し出されたのが雑誌のカレー特集。 嫁はサラリ系のカレーに心が惹かれているようだが、 ガッツリ行きたい私と嫁のオカンは迷わずカツカレー。 嫁は抵抗するも数の論理で敢え無くカツカレーに決定
場所を確認すると芥屋の大門の近く海猫軒の隣。「こんなところに店あった?」 と思いつつ芥屋の大門目指して出発。
海水浴客で渋滞しているのではないかと心配していたが、特に混むことなくスルリと芥屋の大門に到着。 海猫軒へと大きく左へ曲がるカーブの途中に目指すKOKOPELiを発見。 何気なく通っていると間違いなく行き過ぎてしまいそうな場所に立つ一軒家。 扉を開ければ目の前には階段。スリッパに履き替えて2階へと進めば店内は柔らかな光にあふれ、 見るからに居心地よさそうな空間。先客の親子連れが楽しそうに料理を頬張っている。 こいつは期待出来そう! 迷うことなくサツマイモと茶葉のみで育ったという茶美豚(チャーミートン)を使ったカツカレーを注文
ちなみに、ここのカレーはDDG(艦隊防空用護衛艦)たちかせ型としては唯一現役で、 護衛艦として動力として蒸気タービンを用いた最後の船であるDDG-170さわかぜ艦内食堂で出されていたカレーをベースに独自の工夫を加えたものとのこと。
程なくして登場したカツカレー。 妙な演出の無い程よい茶褐色のルーが好印象。 ルーを一口含めば焦がし玉葱香ばしい香りと優しい野菜の甘味。 次いで広がるスパイスの心地よい刺激。こりゃイケル! 続いてカツを頬張る。と、同時にほとばしる肉汁。 これがまたルーと絶妙に合う。瞬く間に完食。 食後のアイティーを飲みながら、ゆるりと心地良い空間を楽しむ。贅沢なひと時。 満足満足

080719kokopelli_tenpo080719kokopelli_03
080719kokopelli_01080719kokopelli_02

【Curry&Cafe KOKOPELLi】
住所:福岡県糸島郡志摩町芥屋703-5
電話:092-328-1901
営業:11:00~20:00 金曜、第2・4・5木曜休み Pあり
茶美豚カツカレー(1200円)(サラダ&ドリンクのセット350円プラス)

7月 19, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

北海道秋の味覚爆食行脚~その3~

北海道旅行2日目。今日もガッツリ食べるぞ!
食べる態勢を確保すべく、まずは散歩。中ノ島公園を手始めに観光スポットを練り歩く。 思いの他見ごたえがあったのが旧北海道庁舎。大抵の建物はどこかかしかの方向に隙があるものだが、 この建物は凛とした力強さがどの方向から見ても感じられ、 全くすき無し。一度焼失した建物を建築当時の姿までに復元した情熱に感服。
一通り見終われば丁度昼時。本日の最初の爆食メニューはスープカレー。実力ぞろいの店がひしめく中、 訪れたのはカリーショップS。地下にあり決して分かりやすいとは言えない場所にありながら、 階段を降りていけば、順番待ちの行列。しばし待って店内へ。 頼むは最もオーソドックスなチキンカレー。 程なくして登場したカレーを見てビックリ。 というのも想像以上にチキンがデカイ。こりゃ嬉しい誤算。 早速にスープを一啜り。 鶏がらベースに和風ダシを加えたというスープは優しくスッキリした味わい。 しかし、食べ進むにつれ、ジワリとスパイスの刺激が口の中に広がっていき、 食べ終わる頃にはヒリヒリ。 優しそうな振りして意外にものある味わいとは侮れない。さすが、 名店ひしめく札幌で行列ができるだけのことはある。全てを平らげれば満足&満腹。 もう一度散歩して腹ごなしをしないと晩御飯が入らないか?!
060916soupcurry-s_tenpo060916soupcurry-s_curry
060916soupcurry-s_up060916sapporo_kyu
【CurryShop S】
住所:北海道札幌市中央区南3西4 シルバービル・地下1階
電話:011-219-1235
営業:11:30~22:30(ランチ11:30~14:30) 水曜休み Pなし
チキンカレー(900円)

9月 16, 2006 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月14日 (火)

今年も来ました、ホノボノカレー

さやぴぃさんのホムペにグランマカレーレポが。 そうか、もうそんな季節か。 グランマカレーはスパイス主体ココイチの中でも旨味が強めで、 肉じゃがカレーに並ぶお気に入りカレーの一つ。 限定メニューなのが勿体無いぐらい。 去年はスクラッチでスプーンをゲットしたが今年もゲットできるか?!
店に入りグランドマザーカレーを普通盛& 普通の辛さと極めてオーソドックスに注文。程なくして登場したカレーは温かみのある表情。 大振りの野菜大振りの肉。 家庭のカレーに近いスタイルが心を「ホッ」とさせるのだろう。ダシの効いたルーもこれまた家庭的。 それでいてココイチならではのスパイスがしっかりと効いてアクセントとなっている。 見た目ならポークカレー&温野菜で近づけることは出来るが、 この味わいはトッピングだけではいかんともしがたい。重ねて、レギュラーメニューにならんことを切望。
オリジナルスプーンのスクラッチは今年ははずれ。でも、スプーン欲しいしな。 もう一度チャレンジしに来ようか。
060214cocoichi_tenpo060214cocoichi_curry
【CoCo壱番屋 府中四谷店】
住所:東京都府中市四谷三丁目40番
電話:042-335-2380
営業:11:00~2:00 休みなし Pあり
グランドマザーカレー(750円)

2月 14, 2006 at 10:00 午前 カレー | | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

意外な発見、カレーに合うソース

ココイチの季節限定物はほとんど食べているのだが、 今回のカキフライカレーは今ひとつ食指が動かず。ありきたりだとか、 既に大戸屋でカキを堪能したせいとか、職場近くの焼き鳥屋にて何故か天然牡蠣が振るまわれる嬉しいハプニングがあったとか、 色々と理由はあるのだが、今年はどうも「カキフライカレー食いたてぇ~!」という気分になれないのだ。 その代わりにフツフツと湧き出てきたのが「手仕込特選チキンカツカレー食いてぇー!」
「先日C&Cでチキンステーキカレーを食べたのに連続でチキンを食らうとは馬鹿か」 と言われてしまえばそれまでだが、一度火がついた「食べたい症候群」に理屈が通じるはずは無く、 食欲中枢の赴くまま、ココイチに突入&手仕込特選チキンカツカレー注文
本当に手仕込かと厨房を除いていると、確かに鶏肉にパン粉をつけるところから調理している。待つこと5分少々。 手仕込特選チキンカツカレー様登場!と、その横に見慣れぬ瓶が。 何やらカレーに合うウスターソース云々と書いてある。ものは試しにとチョイとかけて頂く。 ダシよりもスパイスが特徴のココイチのルーに旨味が加わる。ほぉ、 結構イケルじゃない?ならば、 肝心のチキンカツの出来は如何にと頬張れば、極々普通のチキンカツ。 まあ、想像はしていたが、こんなものか。 本日の収穫はココイチのウスターソースが結構イケル事でよしとしよう。 レジで売っていないのか聞いてみたが、レジに来た店員は良く分からない様子。しょうがない、 帰りにいなげやにでも寄って良さそうなウスターソースを探してみるか。
051208coco_tenpo051208coco_curry
【CoCo壱番屋 府中四谷店】
住所: 東京都府中市四谷三丁目40番
電話:042-335-2380
営業:11:00~2:00 休みなし Pあり
手仕込特選チキンカレー(800円)

12月 8, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

意外とイケル、グリル&カレー

来週末の九州旅行に備えて聖蹟桜ヶ丘SCにて旅行用の小物をゲット。 ついでに1階の商品売り場でスープカリーの匠の在庫状況を確認。必要な買い物を済ませ、少し遅めの昼食。 何気なく歩いているとカレーのいい匂い。 京王レストランの総本山はここ聖蹟桜ヶ丘だったよな。 この季節だし限定物がでているはず。サクっとC&Cでカレーを食べて帰るとするか。
店の入り口にはチキンステーキカレーの看板。クリスマスといえばチキンは欠かせない食材だが、 カレーの具材としては揚げ物の場合がほとんど。から揚げカレーしかり、チキンカツカレーしかり。 グリルものとの組み合わせというのは新鮮。 本日のオーダーはチキンステーキカレーに決定。券売機で選びしばし待てばカレー様登場。 カレー皿の真ん中のチキンステーキとルーが別けられて盛り付けされているのはダブルスープカレーと同じスタイル。 ステーキの横に添えられた星型のフライドポテトがクリスマスらしさを主張している。 ルーは普通のカレーと同じもので、当然、好みのものを選べる。食べてみれば、グリルされていることもあり、 カツに比べてサッパリした感じ。ダシが強めのC&Cのカレーには良い組み合わせかも。 凝った盛り付けでなくて良いから、トッピングで選べるとイインジャナイ?
051204cc_tenpo051204cc_curry
【カレーショップC&C 桜ヶ丘店】
住所:東京都多摩市関戸1-10-10
電話:042-375-0124
営業:8:00~22:00(日祝~21:00) 休みなし Pなし
チキンステーキカレー(650円)

12月 4, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

佐賀カレー

今夜は家でカレー。といっても普通の家カレーではない。 先日福岡を訪れたときに黒門のご主人クモさんに頂いたお土産カレーだ。 そのカレーの名は「池田屋カレー」。そう、 佐賀はちゃんぽんの名店池田屋のカレーだ。鍋でカレーを温め、 サイドメニューのサラダを仕上げカレーセット出来上がり。 サラダのドレッシングは津田屋官兵衛のご主人から頂いた由布院のごまどれ伝説。 麺仲間の皆様のお土産で賑わう我が食卓。ひねもすのたりのたり哉。
スプーンに載せたカレーをパクリ。野菜の優しい甘味が気持ちイイ!と、 顔をほころばせていると突如スパイスの刺激が襲ってくる。おお、一見軟派に見せかけておいてその実、 硬派とはなかなかの曲者よのぉ。一合のご飯がペロリと消え去り、狸腹になったオヤジ一丁あがり。
051002ikedaya_curry051002ikedaya_fukuro
【池田屋】
住所:佐賀県佐賀市赤松町6-11
電話:0952-22-7508
営業:11:30~15:30,18:00~21:00 木曜休み
持ち帰りカレー(1000円) ※3~4人前

10月 2, 2005 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

来ました、秋限定!

朝晩は適度に温度が下がり至極過ごしやすい。気がつかないうちに、夏は終わりに向かい、 秋がヒタヒタと迫ってきている。季節の変わり目となれば、必ず登場するのが「季節限定」 。 今夜の晩ご飯はどうしようかとココイチの前を通りかかったときに目に飛び込んだのが 「肉じゃがカレー」の文字。誘蛾灯に引き寄せられるが如く、 何の躊躇も無くココイチに突入。そして肉じゃがカレーをオーダ。
ルーの味で言えばC&Cがより好みだっけど、福神漬けだけはココイチ。 今回もタップリと福神漬けを乗せてカレーを頂く。元来ココイチはスパイスの刺激と香りを主体としたルーなのだが、 肉じゃがの旨味甘味が入ったおかげで、 かなり好みの味になっている。意外にイケルぞ肉じゃがカレー。こりゃ我が家でも試す価値アリだな。
050917coco_tenpo050917coco_niku
【CoCo壱番屋 府中四谷店】
住所:東京都府中市四谷三丁目40番
電話:042-335-2380
営業:11:00~2:00 休みなし Pあり
肉じゃがカレー(750円)

9月 17, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月31日 (水)

2つ選べると何だか幸せ

W(ダブル)という言葉には、何とも不思議な破壊力がある。 当初チキンカツカレーを食べようと店に入ったのに、食券機で選んだのは 「ダブルソースカレー」。辛口、中辛、甘口、野菜の4種類のカレーソースの中から好きな二つを選ぶことができる。 良く考えれば、たったそれだけのはずなのに、何故か食指が動く。 辛口野菜の組み合わせをオーダー。 間髪入れずカレー登場。ご飯を境に両側に別々のソース。 これなら混ざり合うことなくソレゾレの味が楽しめるし、ご飯を崩せばミックスすることも出来る。先ずは別々で頂く。辛口は、 少ししてから広がるスパイスの刺激が心地よいし、 野菜は独特のマイルドさが魅力的。共に共通するのはベースとなるダシの旨味。 これらをミックスさせるとソレゾレの特徴がより引き立つ。ん~、ウマイ。両方のソースを味わいながら、 食べ進めているうちにフト思う。
「カレーって具材も良し悪し決めるけど、やはり、ソースが一番の決め手だよな」
何となく、ダブルソースカレーを選んでしまったか分かったような気がする。

余禄:エースコックのワンタンにスープカレー味発見。結構美味。

050831CC_tenpo050831CC_curry
【カレーショップC&C府中店】
住所: 東京都府中市宮町1-1-10
電話:042-314-0411
営業:平日08:00~22:30,土曜08:00~22:00 日祝,09:00~21:30 Pなし
ダブルソースカレー(600円)

8月 31, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

今夜は我が家でカレーナイト

最近気が付いたことがある。我が家の周辺のスーパーで異変が起きているのだ。 ハウス食品が満を持して発売したスープカリーの匠。店頭に平積みされるほどだったのが、 ことごとく消え失せている。福岡の走る食欲魔人フミオさんをして、 美味との評価を得た逸品。 それだけの出来のものが不人気のために店頭から消えることなぞありえない。何故かと思いを巡らしてみると、 ひとつだけ思い当たる事が…。福岡と松山への帰省前、 向こうでは発売されてないからと土産代わりに買い占めに回ったお馬鹿が一人いたような。 それがなんとなく自分だったような…。 シコタマ買い込んだスープカレーの匠は郷里にすべてばら撒き手元には一箱も無し。 こんな事態になると分かっていたら、いくつか残しておいたのに。後悔先に立たず。
しかし、馬鹿は挫ける事を知らない。スーパーをくまなく回れば必ずあるに違いないと、 仕事帰りに家庭の主婦宜しくスーパー巡り。すると、行く先々で見つかる見つかる! 嬉々として籠に投げ入れ、家に帰り早速調理開始。野菜と肉を煮込むこと1時間弱。ルーとオイルを合わせれば出来上がり。 ご飯をスープに浸しつつ口へ運ぶ。自分で言うのもなんだが、結構ウマイ。 ブーケガルニと共に煮込んだおかげで、 濃厚なコクサッパリとした後味が共存。さらに、 津田屋のご主人ゴマヒゲさんから頂いた胡麻ダレ伝説なるドレッシングがこれまた美味。 胡麻の香りが強いのに、決してくどくない。不思議なドレッシング。更に食欲を増す。 後はスープカリーの匠がある幸せを噛み締めつつ爆食。う~ん、 満腹&満足♪
050822soup_hako050822soup_curry
050822soup_goma 
【スープカリーの匠 濃厚辛口】
販売:ハウス食品㈱
価格:298円(いなげや実勢価格)

8月 22, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

大手ファストフードの気合

今日は今までに無く滅多打ちにされた。お昼の一啜りにと武蔵野うどん行脚に出かけたのだが、 ことごとく臨時休業&中休み。おかげで振られること3連荘。 振られることには馴れているとはいえ、流石に堪えた。失意のまま、とぼとぼと我が家に戻っていると、 我を誘う幟が…。
「超極辛スープカレー」
空腹のあまり思考停止している我が食欲中枢には充分な破壊力。フラフラと店に入り頼むはナン・ライス・ ミニ野菜・冷コーンスープ・フライドチキンと盛りだくさんのスペシャルスープカレー。 普通のカレー店ならしばし待たされるのだが、流石はファストフードを生業としている松屋。 即座にスープカレー登場。スプーンにカレーを掬い口にする。 ダシの旨味よりもスパイスの刺激を主体とした味付け。激辛ではないが結構な辛さ。確かに極辛だ。 スパイスを主体としたことが功を奏しているのか、結構切れのある辛さ。 牛丼の松屋だからとチョイと高をくくっていたのだが思いのほかレベルが高い。 しかも、サイドメニュー盛りだくさんで690円。間違いなく破格。 前回食べた麦とろ御膳といい、 今年の夏の松屋は相当に気合が入っている

050710matsuya_tenpo050710matsuya_curry 

【松屋 豊田店】
住所:東京都日野市多摩平1-2-18
電話:042-582-6731
営業:24時間
スープカレースペシャル(690円)

7月 10, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

我が家でスープカレーを頂けるシアワセ

今から遡ること30年以上前。北海道は札幌で始まったといわれるスープカレー。 今では北海道だけで100店以上あるといわれている。 スープカレーの激戦地札幌において人気を博している名店の一つに札幌らっきょがある。 この名店監修のスープカレーがハウスから遂に発売となったのである。その名も 「スープカリーの匠」。我が家の近くのスーパーで先日からその存在が気になっていたのだが、本日、 とうとう我慢しきれず購入と相成った次第。クッキングタイプ、春雨ヌードルタイプ、 レトルトタイプと3種類のラインナップのうち選んだのはクッキングタイプ。 足りない材料を買い揃え台所に立ち腕を振るう。
調理すること1時間弱。スープカリー様の出来上がり。今回はオーソドックスにチキン。 ごはんをスープに浸して口へと運ぶ。と、ウマイ!しっかりとした鶏・豚・ 海老のエキス。そして切れのあるスパイスが心地よい。 店で食べるスープカリー程では無いものの、家庭で作るスープカリーとしては充分以上。 今回試しに買ってみたインカのめざめなるジャガイモも甘みタップリでこれまた美味。つい、 スプーンが加速し、瞬く間に一合のご飯が胃袋へと消える。恐るべしハウス食品。 今回は芳醇辛口を選んだのだがもう一つの濃厚辛口もこれならイケそう。 本格的な夏突入を目前に一つ楽しみが増えた。

050706takumi_hako050706takumi_curry

【スープカリーの匠~芳醇辛口~】
発売元:ハウス食品
内容量:2皿分
価格:288円

7月 6, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 6日 (月)

ついつい手が出る季節限定

日増しに日差しが強くなってきている。 梅雨入り前の不安定な空から差し込む光は既に痛いくらい。 この前まで春だと思っていたら、スッカリ初夏の様相である。季節が変わればアレも変わる。そう、 高齢のココイチ季節限定カレー更新の時期だ。 夏場の限定ものは野菜の企画が多いので見逃せない。 早速にWebをチェックしてみると予感はズバリ的中! 今回は完熟トマトとグリーンアスパラのカレーだ。八王子のヨドバシカメラで買い物を済まし、 帰りに野猿街道沿いのココイチに立ち寄る。迷うことなく季節限定カレー注文。 程なくして出されたカレーには熟したトマトのみが放つ深い赤と瑞々しいアスパラのが顔を覗かせている。 ナンチャない具材なのだが後口をサッパリさせ食欲を増進させる。大手カレーチェーンCoCo壱、 肉系企画ははずれが多いけど、 野菜系は当たりが多いと思うのは私だけ?!

050606cocoichi_tenpo050606cocoichi_curry

【CoCo壱番屋 八王子野猿街道店】
住所:東京都八王子市越野町24-9
電話:0426-76-6185
営業:11:00~24:00 休みなし Pあり

6月 6, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

GW帰福麺巡り その3

北九州のS級店を巡った後は佐賀のS級店。 東京から1100kmの距離なんぞどこ吹く風で心も軽く、佐賀へまっしぐら。 間もなく県境という所でImagineさんから驚愕の情報が入る。 今向かっているいちげんはお昼の営業でスープが尽きてしまい、 17時の開店に次のスープが間に合わず今日は閉店との事。 佐賀空港近くのあの田圃しかない立地でスープ切れとは恐るべし。 クモさんに聞いたところによると土日になると300杯は出るのだとか。今日はGW真っ只中。 普段でそれなら昼の営業でスープが尽きるのも納得。しかし、ほとんど佐賀に来てしまってる。 困った。すると、Bearさんの 一吼え「大川のタージ」。そうか、大川は佐賀のすぐ隣。 ここから程近い。ラーメンは適わぬけれど、 絶品カリーを頂くのもこれまた一興。 YouMeタウンの近くという情報を元にタージを目指す。YouMeタウンにはすぐ着いたのだが、 肝心のタージが見つからない。そんな時突然、南の島の食欲魔人てんもりさんからが下る。
「汝、YouMeタウン近くの倉庫裏を目指せ。」
程なく発見。てんもりさんに感謝。 東京に帰ったらお礼の品(食材)を贈らねば!「熊お断り」 の表示が無いのをいい事にBearさんと タージへ突入。メニューに目を通せばあれもこれも実にウマそう! ラーメン連食したのが悔やまれるほど。が、カレーは別腹とばかりにタンドリーチキン、サグカリー、 ベンガルカリーラッシーを頼む。
先ず最初に出てきたのはタンドリーチキン。 ターメリックを中心とした絶妙なスパイスの取り合わせに思わず唸る。 続いてベンガルカリー。トマトベースなのだが、 程よい酸味コクで舌を楽しませる。辛さは中辛で、 辛味より旨味重視。ナンが進む進む!最後にタグカリー。 山椒系のスパイスが入っているのであろうか、後口が実に爽やか。ナン無しでもスプーンが進む。 想像以上のレベルに食欲中枢は完全にノックアウト。是非是非、 茨城のホットソース&カリー王コイタさんと供に立ち寄りたい。

050503taji_tenpo050503taji_tandry
050503taji_bengal050503taji_hourensou

【アジアキッチン タージ】
住所:福岡県大川市上巻436-4
電話:0944-87-0855
営業:11:30~22:30 木曜休み Pあり
タグカリー(850円)(税別)
ベンガルカリー(890円)(税別)
タンドリーチキン(失念)

5月 3, 2005 at 12:00 午後 カレー | | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年3月15日 (火)

コラボレーション的うどん

ケパサさんとこの 掲示板に何気なく書いたカツカレーうどん。 中部以西でないとお目にかかれないと思っていたら東京にも生息していることが判明。しかし、 八丈島はチト遠い。 だが、麺神は我に微笑んだ。何気なく、 愛知勤務時代を思い出し、 カレーうどんで度々お世話になった若鯱家のホームページを見てみると、 何時の間にやら関東に店舗が出来ているではないか。 その中の武蔵境は職場から近いし、八王子は我が家から近い。 なんという神の思し召し。今宵は若鯱家で一啜りと洒落込もう。
コインパークに車を停め、イトーヨーカドーに入り地下へと降りる。 チョイと歩けばフードコート内に若鯱屋発見。席に座り頼むはカツカレーうどん& ライス。待つこと数分。来ました来ました、カツカレーうどん様ご来場~。 先ずはルー(ダシ汁などという軟弱なものは存在しない)を一啜り。 和風だしがフワッと広がり、後からスパイスの刺激。う~ん、 たまんないなあ。続いてうどんを啜るべく箸で上げようとするが… なかなか上がらない。なんとか麺を引き上げ啜る。熱いルーに囲まれた茹でたてのうどんの熱量たるや凄まじく瞬時に口の中は火傷。 それでも麺と格闘しながら啜り進めて行く。箸安めにカツを頬張り、 御飯で口の中を冷やす。出てくるまでの時間からして、生からの茹で上げではないが、 ルーの強さに負けないシッカリしたコシ。 かなり演出系の粉が入っているが、この熱々のうどんにはピタピッタリ。うどん、 トンカツ、御飯を取り持つカレールー。うどんとしてはかなり。しかし、食事としては至極真っ当。 なんやかんやと言いながら久々に食べた懐かしさも手伝い完食。コインパークに向かいながら、 口の中の火傷を心地よく思うのであった。カツカレーうどん最高!

【若鯱家イトーヨーカドー武蔵境店】
住所:東京都武蔵野市境南町2-3-6 (イトーヨーカドー武蔵境店西館B1F)
電話:0422-32-8575
営業:11:00~22:00(L.O.21:30) 休みなし Pなし
カツカレーうどん(950円)
ライス(160円)

3月 15, 2005 at 10:00 午前 うどん, カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

癒してくれるは王道カレー

本日で恵比寿通いも最終日。 最後の題目はA4用紙6枚の小論文。 14時に書き終えた時には刀折れ矢も尽き満身創痍。 脳みそを使いすぎてニューロンが頭の中でシューシューいってる。 この疲れ切った体に優しい一杯をと思い、 駒沢通り沿いの札幌ラーメン山田へ。 ここの味噌ラーメンは絶品なのだが開いている時間が12時から2時間程度と短い。 こんな時でないと立ち寄ることは難しい。駒沢通りで信号待ちをしていると携帯電話が鳴る。 「恵比寿の街をウロついてないでとっと帰って書類を処理して下さい! 」。部下からの電話だった。こっちの行動が完全に読まれている。 行列に並んで食べていたら確実に啜って帰ったことがバレてしまう。泣く泣く電車に乗り職場へ。当然、 机の上は書類の山。なんとか片付け終えれば既に20時。ああ、 腹減った~。やっぱ啜って帰らんとね。で、府中駅の中華そば寅蔵へ。 店の前に着けば看板は出ているけれど暖簾が仕舞われている。奥からご主人が出てきて一言。「ご免ね、 今日はスープが早めに切れちゃって」。 打ちひしがれ駅へ向かうと黄色い看板が我を招く。おお、 C&Cがあるじゃないか! 久々に美味なカレーライスを頂くとしよう。 C&Cココイチのように郊外店では無いため、 電車の時くらいしか立ち寄る機会がない。店に入り食券機の前に立つ。ノーマルカレーと思ったのだが、 3日間良く頑張ったご褒美にとカツカレー大盛へと変更。食券を渡し、 しばし待てばカツカレー登場。 サクリとスプーンが入るカツは相変わらず美味。 野菜の旨みと甘みを生かしたコクのあるルーは正に王道。 大盛を頼んだはずなのに、あれよあれよいう間に消えて行き、瞬く間に完食。久しぶりに食べたけど、 C&Cの方がココイチより好きだな。 郊外店があれば言うこと無いのに。

【カレーショップC&C府中店】
 住所:東京都府中市宮町1-1-10
 電話:042-314-0411
 営業:平日08:00~22:30,土曜08:00~22:00 日祝,09:00~21:30 Pなし
 カツカレー大盛(680円)

3月 2, 2005 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月27日 (日)

異種格闘戦

今日はゆっくり目を醒まし布団を干しつつ洗濯物の片付け。時計を見れば12時チョイ前。 もうそんな時間か。昼ごはんを食べないと。 着替えて愛チャリをチョチョイと組み立ててお出かけ。 気になりつつも未訪問のハルビン食堂に行こうとペダルを漕ぎ始めたのだが、 フト思い出す。仕事帰りに前を通るも、 時間が合わず未訪問の異種格闘ラーメン屋えびすや。 何が異種格闘かといえば、 ラーメンカレーコラボレーション。 店に入ると鼻腔をくすぐるスパイスの香り。それも本格的なカレー店から漂うのと同じ。 迷うことなく食券機でラーメン&カレーセットを選びカウンターに着く。
先ず最初に出されたのはラーメン。確かに、 カレーの後に出されてはスパイスで舌が麻痺し、ラーメンを味わえぬというもの。 理にかなっている。 刻み玉ねぎが特徴的な正統八王子系醤油ラーメンだ。 魚介が強めのスープは八王子系にしては甘さ控えめ。 麺は加水率低目ストレート細麺。 ややアッサリのスープとのバランスを考えている。意外にレベル高いゾ!
続いてカレーが出される。ステンレスの器にターメリックライスキーマカレーチキンカレーが乗っている。 最初にキーマカレーから味わう。キリっとした硬質な刺激が特徴的。 肉を主体としたダシの旨みも十分にある。イインジャナイ?そして、 チキンカレー。 こちらはココナッツでマイルド感を出しつつスパイスの刺激はシッカリしている。 ただ惜しむらくは使っている米がジャポニカ米である点だ。返して言えば、 インディカ米のターメリックライスやナンチャパティが欲しくなるほどの出来という事だ。 食べ初めの時はかなりのボリュームでてこずるのではないかと思っていたのだが、 意外にスルスルと胃袋に入ってしまった。 奇天烈なラーメン屋かと思いきや、ラーメン・ カレー共にかなりのレベル。異種格闘ラーメン屋にコテンパンにやられた…。


【えびすや】
住所:東京都日野市南平4-30-26
電話:042-594-4333
営業:11:30~14:00,17:00~19:30 水曜は14:00まで 木曜休み Pなし
ラーメン&カレーセット(1000円)

2月 27, 2005 at 10:00 午前 カレー, ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 7日 (月)

~愛知の老舗と新潟の老舗のコラボレーション~

何気な~くCoCo壱番屋のホームページを開くと、 そこに現れたのは季節限定メニュー。普段なら大して驚かないが、 今回はチト様子が違う。1000店舗展開記念の特別メニューとの事。 その名も「グランド・マザー・カレー」。実に仰々しい名前。 通常の限定メニューとは趣が違う。創設時の味を再現したのだとか。こいつは見逃せない。 今宵は塩ラーメンでもニ考えていたのだが、即座に変更。ココイチにまっしぐらだ。 店に入り迷うことなくグランド・マザー・カレーを注文。心躍らせながらテーブルで待つ。果たして、 お待ち兼ねのカレー登場。 大きくザックリと切られたジャガイモ人参。 それに厚めに切られた豚肉。 単に煮込んだのではなくしっかりと炙られている事がルーをかけられていてもはっきりと分かる。さあ、 食べるぞ!
ルーを一掬いし口へ運ぶ。と、スパイシーな香りが広がる。 もともとココイチのルーは旨みよりスパイスが強いのだが、 このルーは明らかにそれよりも香りが強い。大きめ野菜も食べ応えがあり、 炙り豚肉も美味。 ココイチのカレーの具材は揚げ物煮込みものしかなく、 この炙りものは新鮮。何時に無く食が進み、気がつけばペロリと完食。 こんなことならライスの量を400gにしておくんだった。食べ終えたところで、 カレーと共に出されたスクラッチカードを削る。と、「当たり」の文字。 レジでカードを渡すと出されたのはYAMACO製スプーン。 YAMACOこと山崎金属は新潟燕三条の誇る世界的洋食器メーカー。 普通に買えば一本400円以上はする品。 今日はココイチに来て本当に良かった!旨いカレーに最高品質のスプーン。 心温まる夕食であった。


【CoCo壱番屋 府中四谷店】
住所:東京都府中市四谷三丁目40番
電話:042-335-2380
営業:11:00~2:00 休みなし Pあり
グランド・マザー・カレー(750円)

2月 7, 2005 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

~面白いゾ、SAPA!~

さあ、今年もやって参りました、年末年始の里帰りの季節。 4月から代休以外の休暇を取っていない事実に愕然とし、 今回は我侭を押し通して少し長めの休暇を取ることに成功! 空いた道を自分のペースで走るために夜に松山へ向けて移動。 八王子インターより中央道に乗り、西へと向かう。 そして談合坂でチョイと遅めの夕食。 軽く一啜りしようと思いスナックコーナーに行けば新しくカレー店がオープンしている。 メニューを見るとスナックコーナーには似つかわしくない本格的な内容。 ターメリックの香りに誘われるがままにシュリンプカレーを頼む。サラダがややしなびているのはご愛嬌。 でも、カレーそのものは本格的。 万人に合わせるためにやや甘めに仕上げているが、スパイスを自分で足せば良いだけの事。 野菜の甘み魚介の旨みがしっかり出ており、 下手なファミレスよりズっと旨い。 高速の休憩所のカレーと言えば普通のカレーライスが定番なだけに新鮮。 これが24時間提供されているという。SA・PAのメニューは侮りがたし!

【マゼーダール】
住所:山梨県北都留郡上野原町 中央道談合坂下りSA スナックコーナー
営業:24時間
シュリンプカレー(700円)

12月 22, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

~限定ってなに?~

いつもと違う道を通ってみる。左手に見えるはCoCo壱。 信号待ちの間に「所沢から新横浜まで行くときにこの道をよく通ったよな」とを思い出に浸りながら眺める。と、 幟の文字が目に飛び込んできた。「季節限定とんかつカレー」
「すみませーん、とんかつカレー400gとエッグサラダ!」。つくづく意思が弱い。 今回は1月末までが限定のよう。通常の倍の厚みの手打ちとんかつが特徴なのだとか。俄然期待が高まる。そして、 カレー様御光臨~!シャキーンとスプーン振りかざし、ザクっととんかつを切り取り…と、ありゃ、 切り取れない。 少しばかりジタバタしながらやっとの思いで切り取り口へと運ぶ。う~ん、 普通だ。確かに厚みはあるが、スッゴク普通だ。ここんとこ、 スペシャルものの出来が結構イイ線いっていたから期待が大きすぎたか?!普通と分かった瞬間にとび辛スパイスをガツガツかける。 とんかつの事は気にしないでタップリ福神漬けを乗せてパクつく。 ああ、CoCo壱の福神漬けはウマイなあ~。 これならご飯が何杯でもいけるゾ。え?とんかつはどうしたって? そんなものあったかな。何の事か良く分からんなあ。今日も美味しい福神漬けありがとう。 ご馳走様!

【CoCo壱番屋 府中四谷店】
住所:東京都府中市四谷三丁目40番
電話:042-335-2380
営業:11:00~2:00 休みなし Pあり
とんかつカレー(850円)

12月 7, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月29日 (月)

~普通のうまさにグっとくる~

マラソンまで体力を維持するために、昼休みにジョグが出来なかった時は一時間は歩いて帰るようにしている。 今夜もいつもの道を歩き聖跡桜ヶ丘を目指す。途中、府中駅前を通ったとき、 C&Cから良い香りが。そういえば、 先日カツカレーを食べ損なったな。ああ、後ろ髪引かれる…。と、 悩む様子もなく券売機にお金を投入している姿が。 誘惑への弱さに関してはあまりフミオさんのこと言えないな…。と思ったのも束の間、 意識は目の前に出されたカツカレーに集中。玉葱、 スパイスの香り豊かなルーと共にカツを口にする。 チキンカツ同様にすんなりとスプーンで切れる。特別に「これだ!」 というものは無いが、丁寧に仕事のされた普通の美味しさというのは味わっていても飽きがこない。 トッピングが無くてもルーだけでご飯をお腹一杯食べたいと思わせる。つくずく、正統派だ。

【カレーショップC&C府中店】
住所:東京都府中市宮町1-1-10
電話:042-314-0411
営業:平日08:00~22:30,土曜08:00~22:00 日祝,09:00~21:30 Pなし
カツカレー(580円)

11月 29, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月24日 (水)

~人はなぜターメリックに惹かれるのか~

不思議なものだ。週に一度は昼食でカレーが出ているにもかかわらず、 無性に食べたくなる時がある。そう、 今夜はスッカリ心はカレー。テクテクと歩き、 目指すは府中駅。そして、駅ロータリーの西側のカレーショップC& Cに到着。表のポスターには「限定、カツカレー380円」とある。 店に入り食券機にでカツカレーを選ぼうとするのだが、生憎売り切れ。店員さんに聞いてみると、思いの他好評で、 通常のトンカツが全て出てしまったとの事。ならばと選んだのはチキンカツカレー
券を渡し少しばかり待つとチキンカツカレー登場。ルーを掬って味見。 豚の旨みがしっかりしている。そして、 それを引き立てるスパイスの切れ味が心地よい。 見た目とは裏腹に意外に深みのある味だ。イケルやん! メインの具在たるチキンカツは何の変哲も無い外観なのだが、スプーンで簡単に切れ、 衣はサクッ。しっかりとした下ごしらえがされていないと、 カツは簡単には切れない。店は実にファストフード然としているのだが、 味はCoCo壱より数段上だ。唯一負ける点はトッピングの選択肢が少ないのと、 福神漬けが今ひとつな点ぐらい。ついつい帰りがけに寄ってしまいそう。

【カレーショップC&C府中店】
住所:東京都府中市宮町1-1-10
電話:042-314-0411
営業:平日08:00~22:30,土曜08:00~22:00 日祝,09:00~21:30 Pなし
チキンカツカレー(570円)

11月 24, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

~カプサイシンナイト~

コイタさんと私が福岡を発つ前にとsatoyanが設けてくれた ガンジーでの夕食会。カプサイシンナイトだ。 西鉄久留米駅の近くにあるガンジーの戸をくぐると初めてお会いするまささんがにこやかに佇んでいる。 つづいてsatoyan、まんちゃん、コイタさん、Nさん、マニさんが次々と登場。 カプサイシンナイト開始!やまり皆の注目は、 メニューにはないコイタスペシャル。普通なら躊躇する辛さゆえ食べることの叶わぬ一品だ。 恐る恐る掬って口に啜る。大したことない…と、思った瞬間、ズシンとスパイスが爆裂する。 一口が限界だ~!やはり侮りがたしコイタスペシャル。絶対一人では頼めないゾこれは。
辛味メニューを目の前に、笑う、喋る、食べる、呑む!傍若無人な麺族の宴会が繰り広げられていく。 ドンチャンしているうちに閉店の時間。近くの焼き鳥屋に河岸を変えて終電まで飲む! 麺友達の心遣いに心から感謝のひと時だった。



【ガンジー】
住所:福岡県久留米市天神町34-3 倉八ビル2F
電話:0942-35-2438
営業:11:30~14:00,17:00~21:00
インド料理各種

9月 22, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 2日 (木)

~焦らされて…~

湯布院では台風の直撃に遭い散々。 身も心も疲れた状態で近くの明屋書店へ。 何気なく手に取ったのがepiのカレー特集。 何度か立ち読みはしていたのだが何となく気になる。気が付くとレジで勘定を済ませている自分に気が付く。まあ、 買ってしまったのは仕方が無い。家でじっくり読むとしよう。
ベッドに横になりながら眺めていると、 妙に気になったのがインダスカツカレー。 街の洋食屋にある典型的な日本風のカレーが誘惑する。疲れて帰ったばかりだというのに、 こんな事でストレスを溜めていては体に良くない。簡単に誘惑に負けて城南方面へ。走ること約30分。 店に到着するも明かりがついていないepiをよく見ると「木曜定休日」の文字。…やってしまった。 うちひしがれるも腹は空いている。すぐに気を取り直す。 そういや3号バイパス沿いのココイチが改装してたなあ。 ありきたりだけど今夜はココイチで我慢しよう。
外観と同様に内装も小洒落た感じに変わっている。でも、 メニューはココイチ。あたりまえか。 躊躇なくポークカツカレーを注文。トビ辛スパイスをかけて食べる。 空腹で根を上げそうになっている胃袋を刺激する。特に美味くもなく不味くもないカレーなのだが、 空腹感がそれを格別の料理にしてくれる。 空腹は最高の調味料という言葉があるが真にそのとおり。ペロリと平らげ、満足満足。

【CoCo壱番屋南バイパス店】
住所:福岡県大野城市御笠川1-18-4
電話:092-504-2797
営業:24h営業 休みなし Pあり
カツカレー(650円)
野菜トッピング(200円)

9月 2, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月27日 (金)

~平日休みで昼ランチ♪~

昨日てん子もりに耳打ちされたスープカレーの店Ship's Log気になる。すっごく気になる…。 一応明日まで休みを取っているから出かけちゃおうか。と、いうか出かけるぞ! 美味しいものは皆で食べればなお美味しい。職場の近いsatoyanと、 身軽なフットワークのフミオさんに声をかけると快諾
そんな訳でカレー昼食会。お腹を空かせて店に入る。 テーブルが4つほどとカウンターの小ぢんまりとした店内には心地良いスパイスの香りが広がっており食欲を刺激する。 メニューを眺めるとチキンカレーがおいでおいでと誘う。が、 その下にのチキン野菜カレーがそれに負けじと誘惑する。チキン野菜カレー下さ~い! 。お喋りしつつ待っているとカレー様登場。「ご飯をカレーにひたして食べて下さい」 と店員に促されるままに一掬いして口にする。ウァオ! ブイヨンの旨みに程よい酸味、 さらにスパイスの刺激的な香りがライスを薄っすらと、でも、しっかりと包み口の中で広がる。 少し経つと辛味がジワっとやってきて額に汗を滲ませる。文句なくウマイ! 加速度的に平らげ一服。幸せな昼食だった~♪

【SHIP'S LOG】
住所:福岡県福岡市中央区舞鶴3-8-7 クレインビル1F
電話:092-761-6761
営業:11:30~14:00,18:00~20:00(土祝は昼のみ) 日曜休み Pなし
チキン野菜カレー(850円)

8月 27, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月19日 (木)

~ターメリックに依存性はあるのか?!~

人というものは意外と単純なもので、 先日のサブジーのカレーに気を良くして、 本日も気分はすっかりカレー。 そこで向かうはJR二日市駅横の小林カレー。 店に入りメニューを眺めると黒カレーなる新メニューが。 イカ墨を使ったカレーとの事。気にはなるものの、今日はイカ墨の甘さよりも刺激が欲しい。 と、なると、刺激物との相性の良いシュリンプカレーに目が向く。 更に季節限定のトッピングで夏野菜もある。よし、シュリンプ& 夏野菜大辛で行こう!
夏野菜を素揚げしているであろうシズル音が響く。 お腹がグゥ~と鳴る。出てくるのが待ち遠しい。待つこと数分。 登場したシュリンプカレーは綺麗に夏野菜がトッピングされ、 見た目は実に艶やか。サラっとしたルーをスプーンで掬い、口へと運ぶ。 ほのかな甘味と酸味が広がった後、 ジワッとスパイスの刺激がやってくる。 小海老は肉厚でプリっとしている。 そして夏野菜が清々しいサッパリ感を与えてくれる。う~ん、美味。 普段ならガツガツと口に運ぶのだが、思わず一口一口を味わってしまう。ライスとの相性も良いのだが、 ナンパンがあれば飲みながらカレーを楽しめるのにと、 ついな事を考えてしまう。ああ、呑み助の悲しき性かな。

【小林カレー】
住所:福岡県筑紫野市二日市中央2-6-11(JR二日市駅横)
電話:092-928-3202
営業:11:00~22:00 第1,3,5月曜休み Pなし
シュリンプカレー(670円)
夏野菜トッピング(100円)

8月 19, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月18日 (水)

~那珂川侮れず!~

本日も気温は35度を突破。人肌だあ~。でも、継続は力なり。 本日もやるぞラン&スイム。 ラン10km&スイム1kmの約1時間半のトレーニング。 ヘロヘロになって更衣室の体組成計に乗るとBMI値が19を下回っている。ヤベ。 相当に体に負荷をかけてしまった。この調子でやっていると間違いなく倒れてしまう。 今日は体力回復のためにシッカリと食べるぞ。 いつもの麺だと回復に必要なタンパク質が足りない。で、たべわんさんのHPを見る。 視線は自然とカレーへ。やっぱ小林カレーかなと思っていた時、ふと思い出した。 上白水の知人が那珂川のリンガーハットの近くにカレー屋があると言ってたな。メールで知人に場所の確認をする。 普段ならポタるのだが、今日は台風近づいているし、天気が崩れそうなので車で向かう。
情報通りカレー屋発見。店に入りメニューを眺める。ビーフやシーフードに心惹かれつつも、 元養鶏農家の悲しい性か、口をついて出たのはチキンカレー。暫く待っているとカレー様登場。 カレーは別容器だ。ルーをライスにかけて早速頂く。 野菜の甘味もさることながら形がよく見えないほど煮込まれた鶏肉がいい味出している。 これにフレッシュトマトの酸味が心地良い。欧風カレー程粘度はなく、スープカレー程水分が多くは無い。 口当たりはマイルドで辛口で無いように思わせるが、 気が付くと顔から汗が噴く出している。スパイスの使い方が絶妙。 空腹感に後押しされてペロリと平らげる。 こんな所にこんなカレー屋があったとは盲点だったなあ。次は友人のお薦めのシーフードを頂きに来よう。 それに途中のVisaVisというケーキ屋も気になる。最近の那珂川は結構面白いゾ。

【Sabzi(サブジー)】
住所:福岡県筑紫郡那珂川町片縄1-175
電話:092-954-1120
営業:11:30~21:00(L.O.20:30) 月曜,第3火曜休み Pあり(店の横50m程)
チキンカレー(780円) ※ミニサラダ付

8月 18, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月12日 (木)

~悪魔の囁き、それは「激辛」~

くそ~暑い。 今日も36度突破だ。真夏日は既に連続30日以上のはず。 チョイと調べてみた今日で連続40日以上とか。いやはやマイッタ! しょうがない体にカツを入れるか。 何気なくココイチのHPを見ていたらスペシャル激辛カレーなる限定メニューが目に付く。 チキンに夏野菜、そして辛さは3~4辛。イカン、我がカプサイシン中枢が刺激されている。 我慢してたらストレスたまるな。ストレスが堪ると仕事への支障→失職→人生奈落の底…。 コリャ一大事だ!何が何でも食べないと。我が人生がかかっているのだ。
速攻で近くのココイチに移動。 ためらい無くスペシャル激辛カレーを注文。程なくして刺激的な香りと供に登場。一口ルーを口にする。 あれ?4辛程度のはずだけど本当か?と、思っているとキタキタ! 後からじわっとカプサイシンの刺激と独特の香り。中々骨あるぞ! 夏野菜の茄子もさることながらトマトの酸味が楽しい。 ペロリと食べれば残るは程良いカプサイシンの刺激噴出す汗。ああ、 気持ちよかった!

【CoCo壱番屋春日公園店】
住所:福岡県春日市大和町1-11
電話:092-571-9760
営業:24時間休みなし
スペシャル激辛カレー(750円)

8月 12, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 3日 (火)

~夏はやっぱり!~

昼休みに何気なくたべわんさんのカレーBBSを覗いていると気になる三文字が。 「雑餉隈?!」。激しく反応しよく読んでみるとマルキョウの隣のカレー屋についての話題。ありゃ? あんなところにあったっけ?今夜のメニューはこれで決まりだな。
仕事を終えてそそくさとチャリに跨り雑餉隈へと。が、タイヤの空気が減っているようだ。 ポンプを取り出し空気を入れる。後輪を終えて前輪に取り掛かったとき「プシュ~」という情けない音が。 ゲッ!バルブの根元が裂けたみたい。チューブの予備は無い。仕方なくテクテクと歩いていくことに。太陽は沈んだのに暑い。汗がにじんでくる。 歩くこと20分。目的のカレー屋さん発見。 Curry&Checken専門店LeaLeaと書いてある。中に入りメニューを眺める。 種類はカレーチキンカレーチキンカレーはモモ肉を一枚使っているのだとか。 ここは迷わずチキンカレー。 程なくして出てきたカレーはルーの下にこんもりとした膨らみが。ここにモモ肉が入っているのだろう。 まずはルーを一掬い。クリーム玉葱の濃厚な味が広がる。 その後に唐子の刺激がジワっとやってくる。イケル!夢中になりパクツク。 肝心のモモ肉はスプーンで簡単に掬える程柔らかい。鶏好きには堪らんねぇ。 全てを食べ終えると胃袋には心地良い満足感。これなら大盛じゃなくても十分。やはり、 夏のカレーは刺激があっていいぞ。

【Curry&Checken専門店LeaLea】
住所:福岡県博多区銀天町1-3-9
電話:092-593-3655
営業:11:00~15:00,17:00~21:00 日休み Pなし
チキンカレー(750円)

8月 3, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月24日 (土)

~温うどんで身も心も癒える~

牧の戸峠に冷や汗かきながら、 ズブ濡れになりながら到着し車の中で着替える。 心配なのは吉部から大船へ登っているへのさん達だ。落雷の音は主に大船方面からしていただけに無事だろうか。 何はともあれ吉部登山口へと移動。携帯にメールを入れるもレスポンスなし。 益々心配が募る。坊ヶツルまで安否を確かめに行こうと考えていた時、 へのさん達の元気な姿が。おお!無事だった。 状況を聞くとあまりにも凄まじい落雷のため山頂手前の避難小屋から身動き出来なかったのだとか。 おまけにまで降ってきたのだとか。何はともあれ無事であることを互いに喜ぶ。
冷えた体を温めるべく温泉につかり、 中から温める為に麺処へと向かう。目指すは九重町の春日。 所謂お食事処なのだが、うどんが結構有名との事。店に入りメニューを眺める。煮込み系のうどんが魅力的。 そこで頼むはカレー鍋うどん。 今日の登山について歓談しているとうどん様登場。 木蓋を開けるとカレーのスパイシーな香りが食欲を刺激する。トロミのついたつゆを啜る。 和風ダシとカレーの刺激が心地良い。肝心のうどんは鍋の熱に抗うが如く、 実に<b.噛み応え
のある食感。煮込み用に調整しているのだろう。美味。 口の中を火傷しつつ完食。体の中か温まったぞ!さあ、家に帰ってゆっくりと過ごすとするか。

【お食事処春日】
住所:大分県玖珠郡九重町栗野1140-1
電話:0973-72-9580
営業:10:00~21:00 休みなし Pあり
カレー鍋うどん(650円)

7月 24, 2004 at 11:00 午前 うどん, カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 8日 (木)

~大手FFの底力?!~

ああ、腹減った~。 今日は刺激のあるものが欲しいな。かと言って坦々麺に走るというのはありきたりだし… 。気分としてはカレーかな? そういや吉野家のカレー丼だけは食べてなかったな。なら、今夜はカレー丼で決まりだ。
自転車に跨り5号線沿いの吉野家へ。すると気になる幟が。牛カレー丼? 牛肉騒ぎ以来本店と公営ギャンブル場を除き牛製品から撤退したのだが、ついに戻ってきたのか?! 店に入り即座に牛カレー丼を注文。瞬く間に登場。 御飯の上にタップリとかけられたカレーの中には薄切りの牛肉が見て取れる。ルーを味わってみると、 結構スパイスの効いた味。意外とイケルやん! 福神漬けをつまみつつカレーを掻き込む。瞬く間に完食。味・量供に満足度高し。しかも、値段は豚丼を下回る290円。 恐れいった!

【吉野家春日宝町店】
住所:福岡県春日市宝町4-24-6
電話:092-573-8369
営業:24時間 Pあり
牛カレー丼(290円)

7月 8, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年3月 2日 (火)

~二兎追うもの~

今日も昨日に引き続き一日中鉛筆握り締め作文三昧。 体はすっかりヘロヘロ。強烈な空腹感が襲ってくる。 うどんを食べたいという気持ちとカレーを食べたいという気持ちが 葛藤する。イカン。 このままでは決めかねているうちに空腹のあまり失神してしまうぞ。そうだ、 両方食べればいいではないか。そうと決まれば話しは早い。車に乗り込み久留米方面へと5号線を走る。 到着したのはめんむす。カウンターにそそくさと進み、 カレーセット(ざる)を注文。席に座りカレーから手をつける。 和風ダシが効いて少しばかり片栗粉的なとろみのあるカレーは如何にもうどん屋のカレー然としている。 そして薄切りの肉が良く馴染む。 こいつはイケルと思いつつカレーを頬張っていると、 ざるうどんがほったらかしになっていることに気がつく。 イカンイカン、麺が乾燥してしまうではないか。一旦カレーを置いてざるうどんを啜る。 つゆが甘いのが残念だが、 グイグイとした剛なる麺が顎と喉を刺激する。 久しぶりのめんむすの冷やしだけどウマイねえ
うどんを啜り終えて再びカレー。パクパクと食べながら、 このルーならざるうどんにかけてもきっとウマイだろうにとつい下世話なことを考えてしまう。 全てを食べ終え、満腹感が体を心地良く覆うのであった。

【めんむす筑紫野店】
住所:福岡県筑紫野市塔原西1-1-1
電話:092-921-9481
営業:11:00~23:00 休みなし Pあり
カレーセット(ざる)(480円)(税別)

 

3月 2, 2004 at 10:00 午前 うどん, カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月29日 (日)

~食欲暴走寸前?!~

たべわんさんのホームページを覗いていると実にカレーが旨そう!ああ、 ガラムマサラに誘われ、カプサイシンに身を委ねたい。 そんな私の心はすっかりターメリック色。こうなったら食欲は抑えられない。 今日は休日なのに職場に出ていた為お腹もけっこう空いている。よし、行くぞ小林カレー! 車に乗り込みノホホンとJR二日市駅に向かう。 駅前の有料駐車場に駐車して店に入る。そして食欲にまかせてチキンカレー大盛を頼む。 出てきたカレーは本当に大皿に盛られてデカイ。 でも空腹の私にはとても嬉しい風景だ。 スプーンを構えてパクパクと食べ進む。 いつもながら適度な酸味甘みダシの旨みが心地良い。 単に辛いだけではないのが嬉しい。最初見たときはギリギリ食べれるかと思った大盛だったが、 食べ終わるとまだミニカレーならいけそうな感じ。が、 ここで暴走したらまたもや胃拡張&胃下垂の道まっしぐらだ。 ウマイものは腹八分目にしておかないと。今度は辛さを上げてみるゾ!

【小林カレー】
住所:福岡県筑紫野市二日市中央2-6-11(JR二日市駅横)
電話:092-928-3202
営業:11:00~22:00 第1,3,5月曜休み Pなし
チキンカレー手羽元2本入り大盛(750円)

 

2月 29, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月18日 (水)

~カプサイシン連鎖~

昨夜のファイナルアンサーは効いた! 確かに酔いが醒めるほど強烈だったが、それに懲りるどころか何故か辛いものが欲しくなってしまう。 我が家は都合の良いことにココイチの近くにある。カプサイシンの招きに身を委ね、 今夜はココイチで決まりだ。
そそくさと店に入りメニューを眺める。お!季節限定メニューの中に挽肉と豆腐のうまカレーなるものがあるではないか。 昨夜強烈なカプサイシンの洗礼を受けたわが身にはうってつけ。即座に注文。
出てきたカレーはメニューの文言どおり、挽肉と豆腐がちらほらと見える。 ルーを一口啜るといつもながらのココイチのスパイスの匂い。そのあとからピリっとした唐子の辛味。 ココイチのカレーは良くも悪くも素っ気ないのだが、 意外に深い味がする。どうも、 とろみ付けの片栗粉と豆腐が深さを出しているようだ。目が醒めるほどウマイ訳ではないのに、 つい夢中になって食べてしまう。中部地方の雄、ココイチの成せる技かとつい唸ってしまう。
本日の収穫。「ココイチの商品企画、侮れず。」

【CoCo壱番屋春日公園店】
住所:福岡県春日市大和町1-11
電話:092-571-9760
営業:24時間休みなし
挽肉と豆腐の辛うまカレー(600円)

 

2月 18, 2004 at 10:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月12日 (月)

~久留米で調子こく~

布団の中でゴロゴロしているとてんもりさんからのガンジーへのお誘い。 寝ぼけた目を擦りながら急いで机に向かい仕事に目途をつける。西鉄に乗り久留米に向かい、 てんもりさんと共にガンジーに入ると既にビールを楽しみ中の まんぢさんが。続いてコイタさん、 satoyan登場。 まんぢさんの掲示板で話題の激辛ソースの話題で盛り上がる。 歓談しているうちに、本日のメインメニューピースマッシュルームカレー登場。 一掬いして味わうと豆の甘みと唐辛子を主体とした辛味が口の中を刺激する。単体では結構な辛さなだが、 タンドリーチキンやナンと共に食べると意外なほど食が進む。ペロリとカレーを平らげ、 てんもりさん以外の酒豪系麺族は焼酎一本をほとんど空の状態になるまでグビグビと飲んだくれる。 全く仕方のない連中である。
ガンジーで騒いだ後に向かったのは久留米荘本店。雑餉隈にも似た猥雑な通りに似合わぬ店構え。 中に入ると食堂系の佇まい。迷わずごぼう天うどんを頼むとこれから茹で揚げるとのこと。 当たり前のことかと思ったら結構珍しいことらしい。ラッキー!出てきたごぼう天うどんはつゆが褐色に濁っている。 そして立ち上る香りがダシの濃さを予感させる。 つゆを啜ると煮干昆布の強力かつ丸みのあるダシが口の中一杯に広がる。 麺は小郡のうどんに似た細麺。なれど最後にクイッとした弾力を持つ。 お腹一杯のはずだったのに全て飲み干し完食。筑後のうどんの深さを思い知るのであった。


【ガンジー】
住所:福岡県久留米市天神町34-3倉八ビル2F
電話:0942-35-2438
営業:11:30~14:30(土日祝15:00)17:00~21:00 火曜休み Pなし
ウィングセット(950円)

【久留米荘本店】
住所:福岡県久留米市六ツ門町2-18
電話:0942-32-8071
営業:10:00~20:00 第1・3水曜休み Pなし
ごぼう天うどん(380円)

1月 12, 2004 at 10:00 午前 うどん, カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月11日 (日)

~登り初めin久住その3~

冬山登山、心地良い満腹感とくれば行きたくなるのは温泉。 そこで向かったのは川底温泉せせらぎの湯。 湯船に浸かり暫くするとジンワリと汗が出てきて気持ちよい。ゆっくりとストレッチをする。 固まっていた体中の筋肉がほぐれていくのが分かる。極楽極楽。 あまりにもの心地よさについ長湯をしてしまう。 温泉で体がリラックスすると胃袋までリラックス。 麺族とはいうものの、元来食に対しては飽くなき欲望を持っている人種だ。 ガンジーでエスニックを満喫しようと企んでいたのだが、時間的には無理。 そんな訳でてんもりさんお薦めのいまむかしに向かう。
店舗は一見すると和食系の出で立ちで、俄にはカレーハウスと分からない。 暖簾をくぐり店に入ると芳しいスパイスの匂い。この刺激を受けて胃袋が食べ物を要求する。 メニューを見るとすぐさま目に入ったのがお茶漬けカレーだが、笑いを取るか、 舌と胃袋の満足を得るか葛藤。結果、選んだのはその折半のたこ焼きカレー。 出てきたのは何のひねりも無くたこ焼きが乗っているたこ焼きカレー。 見た目に惑わされずルーを掬って口に運ぶ。すると、じっくりと野菜と小麦を炒めているのか、 実に香ばしく濃厚。そして野菜の甘みがしっかりとある。 一口だけではまろやかな感じなのだが食べ進むとスパイスがズッシリと効いてくる。 たこ焼きも中がトロっとしていて中々の出来だ。 今まで食べたどのカレーにも似ていないのになぜか懐かしい。実に不思議なカレーだ。 私たちが食べている間もひっきりなしにお客さんが入ってくる。決して本格的でもなく、 格別にウマイわけでもないのに人の心を掴むものを持っている。カレーを口にしながらそう感じた。 玖珠にカレーの名店ありである。

【カレーハウスいまむかし】
住所:大分県玖珠郡玖珠町大字塚脇168-9(国道210号線沿い)
電話:09737-2-3128
営業:11:00~21:00 木曜休み Pあり
たこやきカレーデラックス(800円)(税別)

1月 11, 2004 at 12:00 午後 カレー, 山麺 | | コメント (1) | トラックバック (1)

2003年12月21日 (日)

~二日市で夜米~

幸来軒で幸せな時間を過ごした後は、更に幸せを求めて西へ移動だ。 福岡麺族皆様から高い評価を受けている佐賀の名店一竜軒で更に幸せになるのだ。 小刻みに渋滞をかわして唐津の一竜軒に到着。が、閉マッテイル…。今日は定休日だったようだ。 「ちゃんと営業時間を調べておくんだった」と、相変わらず後悔後に立ちまくりである。 仕方なく我が家へと向かう。しばし運転していると猛烈にお腹が減ってきた。 こんな時に食欲中枢を鎮めるのにはカレーが一番効果的だ。 普段なら近場のココイチで済ませるのだが、 今日はココイチの気分ではない。滋味なるカレーが食べたひ・・・と、 考えていると頭に浮かんだのがJR二日市駅の小林カレー。よーし、 滋味なるカレーに巻かれるゾ!
すっかり日も暮れた頃に小林カレーに到着。店に入りメニューを眺め、どれにしようかと悩む。 シュリンプカレーも魅力的だが、今日は定番のチキンカレー中辛だ。 出てきた彼は実にスパイシーな香り。カレーを一掬いして口に運ぶ。 スパイスの刺激トマトの酸味が心地よい。 そしてトロトロに煮込まれた鳥足がこれまたイケル。コールスローを箸休めにしながらパクつく。 食べ終えた頃には額からジンワリと汗が。 満腹感満足感で心も体も満たされ、 晩酌のビールを買って家に向かうのであった。

【小林カレー】
住所:福岡県筑紫野市二日市中央2-6-11
電話:092-928-3202
営業:11:00~21:00(O.S.) Pなし
チキンカレー(580円)

12月 21, 2003 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)