« 2009年6月 | トップページ

2009年7月17日 (金)

Not豚骨But醤油

久々に麺'sら・ぱしゃで一啜り。 狙いは季節限定の冷たい黒豚ぶっかけ麺だったのだが、鹿屋本店のみの限定メニューということで、 未食のぱしゃ麺(とんこつ醤油)に変更。塩が売りのら・ぱしゃだけに、その出来具合が気になるところ。
程なくして仕上げられたとんこつ醤油は、かなり濃い目の茶褐色。 醤油ダレ強めの豚骨に違いないと思いつつスープを一啜り。と、フワリと広がる柔らかな醤油の香りと甘味。 あとからジワリと豚骨ダシのコクが顔を出す。 こいつは醤油ダレ強めの豚骨ではなく、 ダシに豚骨を使った醤油じゃないか。思わず唸る。ら・ ぱしゃの麺はどれもこれも面白い。と、なると、俄然鹿屋本店の冷たい黒豚ぶっかけ麺が気になる。 何とか理由をつけて鹿児島へのお出掛けを画策しないと。

090717lapasha_ramen090717lapasha_gyouza
090717lapasha_rice090717lapasha_tenpo

【麺's ら.ぱしゃ】
住所: 福岡県春日市原町1-87
電話:092-586-9370
営業:11:00~22:00 休みなし Pあり
ぱしゃ麺(とんこつ醤油)(680円)
六白六宝餃子(400円)
チャーシュー飯(380円)

7月 17, 2009 at 10:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

麺の中の小宇宙

今日は先日振られた宇宙軒を再訪。 念願の冷し坦々麺に舌鼓を打つ。 白磁の器の中には鮮やかな朱色の坦々ダレが満たされ、 その中にストレート細麺が身を沈める。そして、 麺を覆うが如く刻みレタスや水菜等の生野菜がフワリと乗せられている。 肝心の挽肉は麺と盛り野菜からチラリ。いいね、いいね、このチリズム。心惹かれるねぇ。 崩すのが勿体無いけど、この手の麺は下世話に掻き混ぜてから啜るのが美味い。 美麗な盛り付けを崩す背徳感ゾクゾクしながら一気果敢に啜るベシ! 程よく効いた芝麻醤のコクと辣油の辛味に土台となるダシの旨みが麺と絡み合い、 舌を喜ばせる。グイッと噛みこめば麺のプリっ、刻み野菜のシャキッという異なる食感が心地良い。 口の中はまさに小宇宙。宇宙軒ウメェ~!

090712uchuken_tantan090712uchuken_tenpo

【宇宙軒】
住所:福岡県福岡市東区香椎1-2-28
電話:092-681-4467
営業:11:00~15:00,17:00~21:00 木曜休み Pなし
冷し坦々麺(800円)

7月 12, 2009 at 10:00 午前 坦々麺 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

怪我の功名?!トンコツ店の美麗否トンコツ麺

FukuokaWalkerに目を通していると宇宙軒冷し坦々麺が結構良さげ。 思い立ったら吉日とばかり、速攻香椎へ移動。しかしながら麺神様は悪戯好き。 到着してみれば丁度昼の中休み。弱った。腹も減っているし、 近場で良さそうなところは無いかと思いを巡らす。と、 思い出したのが濃麻呂タンメン。 坦々麺の如く麺の上に乗せられた挽肉がいい感じだったはず。
素早く濃麻呂名島橋店へ場所を移し、タンメン挽肉に舌鼓。 白湯スープの中には細縮れ麺。上盛は炒め白菜、茹で青梗菜、刻み葱に辛味仕立ての挽肉と端正な盛り付け。 穏やかな鶏ガラダシのスープに挽肉の辛味ダレが良い塩梅に混ざり合い、程よい刺激。プリっとした麺との絡み具合も抜群。 濃麻呂はノーマルトンコツも中々の味わいなのだが、否豚骨のタンメンも侮れない。 宇宙軒が中休みだったために改めて知った濃麻呂の奥深さ。まさに、怪我の功名か?!

090705kokumaro_ramen090705kokumaro_tenpo

【博多濃麻呂 名島橋店】
住所: 福岡県福岡市東区名島2-2119-4
電話:092-673-1875
営業:11:00~26:00 火曜休み Pあり
タンメン挽肉(650円)

7月 5, 2009 at 10:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)