« 南北両雄食べ比べ~その4~ | トップページ | いわゆる一つのラーメン系B級グルメ »

2009年5月 8日 (金)

日本の誇るカルボナーラ

昨日に引き続き本日も私は休み、嫁は仕事。真にリードからはなされたワンコ状態。 今日は嫁とは一緒に行けぬ行橋の色物麺が目的。その道中には豊前裏打会総本山津田屋官兵衛アリ。 嫁も官兵衛は大好きなのだが、志免町にが出来てからというもの中々脚が向かず。 この機会を逃すと次何時になるか分からず。ここは是非是非啜っておきたいところ。
12時チョイ前に到着したのだが、店内は既に満席の上、順番待ちのお客さんたちがズラリ。 相も変わらずの人気振りに感心することひとしきり。待つこと15分少々、ようやく順番が来る。 この間もお客さんは絶えることなし
本日オーダーするは久々の釜玉天むす。 程なくして仕上げられた釜玉を一言でいうならば「艶やか」。レモンを絞り、ダシつゆを回しかけ、 あとはグルグルとかき混ぜれば和風カルボナーラ一丁アリー! ズズッと啜れば伸びのある細打ちうどんに絶妙に絡んだ玉子の濃厚な甘味とダシの旨みが口いっぱいに広がり、次いで、 レモンの爽やかな三味が後口をサッパリさせてくれる。こいつがグイグイと喉を通っていく。 まじでウメ~~~~ッ!

090508tsudaya_kamatama090508tsudaya_tenpo

【津田屋官兵衛】
住所: 福岡県北九州市小倉南区津田新町3-3-20
電話:093-475-7543
営業:11:00~16:00,17:00~20:00(水曜以外) 日曜、第1月曜休み Pあり
釜玉(480円)
天むす(350円)

5月 8, 2009 at 10:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/44983940

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の誇るカルボナーラ:

コメント

コメントを書く