« 甘さが優しい、心安らぐ田舎そば | トップページ | 南北両雄食べ比べ~その2~ »

2009年5月 7日 (木)

南北両雄食べ比べ~その1~

GW前半は季節はずれの風邪で嫁がダウンしたため、満足に麺行脚ならず。 GW後半の今日から嫁は仕事。ということは…、麺行脚し放題。よし、気合を入れて回るゾ!
まずは佐賀の両雄、唐津の一竜軒と川副のいちげん。 昼過ぎには売り切れ必死の一竜軒から行脚開始。11:30過ぎに到着し、店内に入れば、 見覚えのある顔と声。ブースカさんが既に啜っているではないか。 ブースカさんたちも麺行脚なのだとか。麺心相通ず。
程なくして登場したラーメン。ライトブラウンのスープの上にはホンノリと浮かぶ脂。 その下にはやや太さのあるストレート細麺。先ずはスープをズズリ。 フワリと広がるトンコツダシの旨みと優しいタレの甘味が心地良い。そして、 何よりも顔をほころばせてくれるのは肉の旨みを存分に味あわせてくれる叉焼。 巷で流行のトロトロ叉焼のようにタレの味と調理で肉の味を誤魔化すのではなく、 肉が主役の味付けは貴重な存在。一竜軒の真心を最後の一滴まで味わい完食。 ご馳走様でした!

090507ichiryuken_ramen090507ichiryuken_tenpo

【一竜軒】
住所:佐賀県唐津市菜畑4070-2
電話:0955-75-3455
営業:11:30~15:00 日曜・水曜休み Pあり
ラーメン(500円)

5月 7, 2009 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/44973047

この記事へのトラックバック一覧です: 南北両雄食べ比べ~その1~:

コメント

コメントを書く