« ダシとスパイスの絶妙なコラボ | トップページ | 網で焼けば美味なるもの、汝の名は焼肉 »

2009年4月29日 (水)

久方振りの安旨坦々麺

今日のお昼は安旨中華料理店の一心軒坦々麺ランチ。 一心軒で担々麺を啜るのは実に5年振りなのだが、味に変化あるや無しや如何に。 店内に入り頼むは餃子とライスがセットになった坦々麺定食。程なくして登場した担々麺、 以前と違って青梗菜が乗っていない。一時、小麦の価格等々が高騰した影響か?!何はともあれ啜ってみなくては。蓮華を手に取り、 スープを一掬い。 鶏ガラベースの醤油仕立てスープをベースに芝麻醤の風味と辣油のカプサイシンの刺激が程よくバランス。 ストレート細麺との絡み具合も良く、スルスルと麺が喉を通っていく。相変わらず単品で400円を切るとは思えない出来なのだが、 5年前には確かにあった味が一つ欠けている。それは。 八角の痺れるような刺激は苦手な人もいるが、自分は好きだっただけにチョイト残念。しかしながら、 コスパ抜群なことには変わり無し。

090429isshinken_tenpo090429isshinken_tantan

【一心軒】
住所:福岡県福岡市博多区上牟田1-6-25
営業:9:00~24:00(日曜は10:00~、月曜は~17:00) 休みなし Pあり
坦々麺定食(630円) ※坦々麺、ライス、餃子のセット

4月 29, 2009 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/44946093

この記事へのトラックバック一覧です: 久方振りの安旨坦々麺:

コメント

コメントを書く