« 濃密スープで分かる我が齢 | トップページ | 黄金色のイリュージョン »

2009年2月11日 (水)

大豆より生まれしシヤウユの奥ゆかしさ

今夜の啜り処は白木原の壱屋。前回の中華そばは醤油の香りが印象的だった。ならば、 今宵啜るは醤油とトンコツのコラボが期待できる豚骨しょうゆらーめん。程なくして仕上げられたラーメン。 登場と共にフワリと香る醤油の芳香。濃い目の褐色を呈したスープを蓮華に掬い口に含めば、 端麗な醤油の旨みと香り、次いで豚骨ダシ、少し間を置いて魚介の風味がジワリと広がる。 醤油が主役の味わいながら、醤油味ではなく、あくまでも豚骨味。 何ともいえぬ味わい。醤油と豚骨の良いとこ取りとでも言おうか。 ホロリと口の中でほどける叉焼は醤油の香りが立つものの、塩分控えめ。ズバリ、 好み。日本人にとって最も馴染み深い調味料であろう醤油の懐の深さを再認識させられる。替玉するつもりが、 ついついスープを飲み干してしまい完食。今日もおいしい一杯、ご馳走様でした!

090211ichiya_ramen090211ichiya_tenpo 

【ラーメン壱屋】
住所: 福岡県大野城市白木原4-13-36
電話:不明
営業:11:00頃~24:00 休みなし Pあり
豚骨しょうゆらーめん(550円)

2月 11, 2009 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/44032291

この記事へのトラックバック一覧です: 大豆より生まれしシヤウユの奥ゆかしさ:

» 魚料理のコツ トラックバック 魚料理のコツ
魚料理のコツをつかんで3歩先ゆく料理上手になりましょう。味付けのプロになるために煮物から。 続きを読む

受信: 2009/02/26 11:12:07

コメント

コメントを書く