« 下町の粋を感じる醤油ダシ | トップページ | スパイスマジック金色鍋 »

2009年2月 7日 (土)

千早の裏手のシミジミ麺

嫁の実家のワンコ、タロウとちょくちょく散歩に行くのだが、その通り道にあって、 気になりつつも今ひとつ踏ん切りがつかず、未訪問だったらーめん屋たつしへのさんやNさんのレポによると中々良さげな感じ。 特に醤油味の千名そばがかなり気になる。先週訪問しようと思い立つも折り合いつかず今週こそはと思い、 なんとかお昼の時間帯に訪問と相成り候。駐車場に車を置いて店内に入れば、先に入っていた嫁からの一言。
「限定の塩と千名そばは終わったって…。」
ありゃ、今日はすっかり醤油モードだったのに残念。ま、 ここは気分を切り替えてノーマルラーメンを楽しむとしますか。
程なくして登場したラーメンは、 薄い琥珀色のスープの中からストレート極細麺が顔を覗かせ、 胡麻に叉焼、木耳、刻み葱が綺麗にトッピング。至って穏やかな表情。蓮華にスープを掬いグイッと啜れば、 タレは味を調える役に徹し、主役は強く静かな味わい豚骨ダシ。 こりゃ、かなりの滋味系。唐子高菜や胡椒を加えてもダシの芯はブレず、 それぞれに味の変化を見せてくれる。ついつい夢中になって啜ってしまい、最後の一口を啜り終えてしまうのが惜しかった程。こうなると俄然、 限定の塩と千名そばへの期待が高まるゾ

090207tatsushi_ramen090207tatsushi_tenpo

【らーめん屋 たつし】
住所:福岡県東区名島3-32-8
営業:11:30~14:00,17:30~20:00 木曜休み Pあり
らーめん(480円)
セット(ご飯&餃子5個)(300円)

2月 7, 2009 at 10:00 午後 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/43990739

この記事へのトラックバック一覧です: 千早の裏手のシミジミ麺:

コメント

コメントを書く