« 黄金色のイリュージョン | トップページ | 麻辣に負けぬ風味の絶品ダシ »

2009年2月21日 (土)

塩、酸、辣、三味一体の美麗麺

先日、新聞の折込広告に入っていた、「麺's ら.ぱしゃ」。広告の謳い文句によれば、 「鹿児島ラーメンチャンピオンシップ優勝」の塩ラーメンとのこと。 俄然気になる。開店間もなく行列も予想されるところであるが、思い立ったが吉日。我慢は身体に良くない。 早速啜りに行くとしますか。
順番待ちを覚悟で行ったのだが、意外にも待ち無しでスンナリと入店。嬉しいような、 肩透かしを食らったような複雑な気持。初啜りは、その店のデフォラーメンが我が基本。 ら.ぱしゃのデフォは塩味のぱしゃ麺。 これに加えてトッピングの半熟煮玉子を追加。
程なく仕上げられて登場したぱしゃ麺はホンノリと琥珀を呈した透明なスープに緩く縮れた中太麺が静かに横たわり、 茹でもやしと擦り胡麻が中央に鎮座。周りを刻み葱、バラ叉焼、、追加の半熟煮玉子、そして梅干が取り囲む。 実に端麗かつ優和な表情。思わずゴクリと唾を飲み込む。 お玉を手に取り、スープを一掬いし口へと運ぶ。と、 香味油の香りに次いで穏やかな鶏の旨みが広がる。次いで梅干を崩し、 スープと合わせる。と、香味油の風味が抑えられ、スッキリとした味わいへと変化。 加水率高目の中太麺はシコシコとした歯ごたえに加え、緩やかな縮れが程よくスープと絡み、 グイグイと喉を通っていく。歯ごたえのあるバラ叉焼、 半熟玉子共に塩スープを生かす控えめな味付けが好印象
半分ほど啜ったところでトンガラ酢をクルリと一回しかけてみる。と、 程よい辛味と程よい酸味。 これが梅干以上にスープをスッキリとさせつつ鶏ダシを引き立てる。 更に啜るスピードが加速し、最後の一滴までゴクリ。謳い文句どおり、 鹿児島ラーメンチャンピオンシップ優勝の味に偽り無し

090221lapasha_ramen090221lapasha_tenpo

【麺's ら.ぱしゃ】
住所:福岡県春日市原町1-87
電話:092-586-9370
営業:11:00~22:00 休みなし Pあり
ぱしゃ麺(680円)
半熟煮玉子(100円)

2月 21, 2009 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/44135282

この記事へのトラックバック一覧です: 塩、酸、辣、三味一体の美麗麺:

コメント

コメントを書く