« 所変われども品変わらず | トップページ | 宮崎名物チキン南蛮でホッと一息 »

2008年12月14日 (日)

第22回青島太平洋マラソン

午前中まで雨が残るとの予報を見事覆し、宮崎の朝は胸のすくような快晴。今日は12月14日、 第22回国際青島太平洋マラソン。3年振りのフルマラソンだ。青太に初めて参加したのが4年前。 その時の記録は4時間9分。続いて翌年参加するも、前半飛ばしすぎて4時間40分と大失速。 この教訓を生かしてなんとか4時間を切りたいところ。しかしながら、今年からコースが変更されており、 うまくペースをつくれるか一抹の不安が残る。頼みの綱は、 オーバーペース対策に取り入れたハートレートモニターとニューシューズのAdizeroCS4。 新たに取り入れたこの2つのアイテムは、ここ3ヶ月のトレーニングで効果を実感済み。こいつらを信じきれるかが記録達成の鍵か?!
9:00丁度に号砲。じんわりとスタート。最初の2kmはストレッチのつもりで身体をほぐすように走る。 スプリットは12分32秒。まずまずの滑り出し。 ここで心拍数が160を超えない程度までペースを上げキロ5分30秒をキープ。 淡々と走り続け中間地点のタイムが1時間57分40秒。今までで一番遅いペースだが、脚はすこぶる快調。 25キロを過ぎた辺りで心拍数160弱ではキロ5分30秒キープが難しくなる。心拍数とは反対に脚はグイグイと前へ行きたがってるが、 ここが我慢のしどころ。まだ気合を入れるタイミングではない。 心拍数165までを許容しスピードを維持
横目にゴール地点のサンマリンスタジアムを見つつ32キロ地点を通過。再びここに戻ってくるのかと思うと、 心が折れそうになる。これからの残り10kmは今まで以上のアップダウンに加え強風という試練の路。 今こそ温存していた余力を使うとき。心拍数を170まで上げ、ギヤを切り替える。と、 ヘロヘロになったちっちゃなオッチャンが目の前に。ゼッケンには「猫ひろし」 の文字。おお、猫さんだ!今からがんばらなきゃいけないのは自分なのに、「猫さ~ん、ファイト!」 と、思わず応援。
青島の折り返し地点37キロ地点で3時間28分。 残り5キロを30分で走りきれば4時間切りのサブフォー。今まで蓄えていた余力も少なくなり、 心拍数170ではキロ5分30秒キープは難しい状況。もう一段ギアを切り替える。 ラスト2キロで余力を全て使い切るべく心拍数無視で最後のダッシュ。強烈な向かい風もなんのその。 力を振り絞ってゴール!時計を見れば3時間57分。自己ベスト更新& 目標の4時間切り達成。しかも、太腿はパンパンながらも脹脛には十分な余力。少しばかり走り方を変えれば10まだまだタイムは縮むはず。 次の目標は3時間30分台だ!

081214aoshima_02081214aoshima_01
081214aoshima_03

【第22回国際青島太平洋マラソン】
中間:1:57:40
最終:3:57:06
平均:5:37/km
総合順位:1845/5569/6921(順位/完走者数/参加者数)
40代男子順位:536/1218/1483(順位/完走者数/参加者数)

12月 14, 2008 at 10:00 午前 その他アウトドア |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/43460214

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回青島太平洋マラソン:

コメント

コメントを書く