« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月 9日 (日)

所変われども品変わらず

ちー坊のタンタン麺@ 住吉ちー坊の食堂に名前を変えて城南区は屋形原に移転したとのこと。 杉山@青梅で坦々麺にインスパイアされ、 すっかり坦々麺好きになった嫁もお気に入りの店だけに気になるところ。 住所はやよい坂近くということしか分からないが、まあ、行けばわかるだろう。
嫁共々キョロキョロしながらやよい坂を目指す。「見つからなければ冨ちゃんラーメンが近くにあるし、 気楽に探せばいいや」と思っていると、ちー坊の食堂とかかれているドデカイ看板が目に入る。 むちゃくちゃ分かりやすい場所じゃない。 新店を探すときには一発で見つけられずウロウロすることが常態化していただけに幸先の良さを感じる。
すっかり腹ペコの二人が頼むは共にタンタン麺とライスのセット。 いわゆるガッツリ系のメニュー。手早く仕上げられちー坊のタンタン麺(黒)& ライス登場。黒胡麻タップリのスープからは胡麻の良い風味が漂ってくる。蓮華にスープを掬いグイッとの喉に流し込む。と、 控えめなの刺激に少し強めの。そして、 跡からダシの旨みが広がる。 加水率低目の細縮れ麺はパサリとした食感で、程よくスープと絡みグイグイと胃袋へと消えていく。 麺を啜り終え、適度にスープを啜ったところでライス投入。 程度にまぜて雑炊状にして頂く。こいつが実に美味。 場所は変わったけどちー坊のタンタン麺の味は変わらず。我が家から近くなった上に、 駐車場が完備され嬉しい限り

081109chibou_tenpo081109chibou_tantan

【ちー坊の食堂】
住所:福岡県福岡市城南区屋形原3-33-27
電話:092-565-7114
営業:11:30~14:30,17:30~21:00 木曜休み Pあり
ちー坊のタンタン麺(黒)ライスセット(680円+50円)

11月 9, 2008 at 11:00 午前 坦々麺 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

リベンジカレーにノックアウト

先日、ルー売り切れで涙を飲んだ雑餉隈のLeaLea。 本日こそはと嫁ともどもリベンジ。空腹による食欲中枢の暴走に加え、 先日分をも取り返したいという思いが相まってオーダーするはチキンカレー大盛&サラダ。 辛さはチョイと汗ばむ中辛。スプーンを入れるだけでハラリとほぐれるモモ肉。 これに野菜の甘味タップリのルーとライスが合わされば至福の一時。 スパイスの刺激で溢れる鼻水を啜りつつ、リズム良くカレーを口へと運ぶ。食べ終わる頃にはスッカリ満腹。 徒歩圏内にLeaLeaがあることに感謝。

081105lealea_tenpo081105lealea_curry
081105lealea_salada

【Curry&Checken専門店LeaLea】
住所: 福岡県博多区銀天町1-3-9
電話:092-593-3655
営業:11:30~15:00,18:00~04:00 日祝休み Pなし
チキンカレー大盛(850円)
サラダ(200円)

11月 5, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

絶品バーガーに舌鼓

嫁からせがまれたSIBF(佐賀インターナショナルバルーンフェスタ)。 自分も一度も行ったことないし、見てみるのもよろしかろう。嫁が職場で得た情報だたJRは行きは良いけど帰りには酷い目に合うとのこと。 ストレスなく移動するなら少し遠目の駐車場に停めてシャトルバスで行くのがベターなのだとか。シャトルバスの出ている駐車場を調べてみると、 どんどんどんの森があるではないか。 ちょうど向かい側にはT1'sバーガーカフェ。久々に肉汁溢れるハンバーガー頬張ってみるか。
佐賀市周辺は激しく渋滞しているのではないかと思ったのだが、坂本峠経由だったこともあり、 ほとんど渋滞無くT1'sバーガーカフェに到着。最近ダイエットに目覚めている嫁を尻目に、 高カロリーに代表格テリヤキDXセットに狙いを定める。 程なくして出てきたテリヤキバーガーからはパンズの香ばしい匂い。ガブリとかぶりつけば、 粗挽き肉のパティから溢れる肉汁。 某最大手ハンバーガーショップでは絶対味わうことが出来ない旨み。嫁も我を忘れて口数少なく頬張っている。でも、 その表情は満足しきった笑顔。たった一個食べただけなのにスッカリ満腹& 満足
081102t1_tenpo081102t1_teriyaki


食べ終えて駐車場に車を停めようとするも中々進まず。1時間ほどかかってしまった。とはいうものの、目的の夜間係留には十分間に合う時間。 なによりも有料だと思っていた駐車場が無料だったのが嬉しい誤算。 シャトルバスに乗り込みISBF会場へ移動。会場に降り立てばゴールに向かう熱気球が頭の上をかすめるように通過していく。 想像以上の迫力。そして、お待ちかねのラ・モンゴルフィエ・ ノクチューン(夜間係留)も想像以上の美しさ。最後に花火も見れて嫁は大満足。 会場を後にしてシャトルバス乗り場に向かっていると、JRへと向かう人たちのすさまじい行列。 シャトルバスは5分おき程度に来るのに対してJRは10~20分間隔で行列が中々進まず。ほんと、 JRで来なくて良かったと胸を撫で下ろす

081102SIBF_01081102SIBF_02

【T1'sバーガーカフェ】
住所:佐賀県佐賀市多布施2-5-22
電話:0952-29-0091
営業:9:30~23:00(L.O.22:50) 月曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり
テリヤキDXセット(870円)

11月 2, 2008 at 11:00 午前 その他の食べ物, その他アウトドア | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

自由満喫北九州爆食麺巡り~その4~

爆食麺巡りの〆はやはり遠賀の星、黒門。ここのところ、 昼下がりでも待つことが多かったのだが本日は如何に?
島門小学校を過ぎ左手の駐車場に入れば・・・、お、空きがある。 店内に入れば良い塩梅に席が空いているではないか。早速椅子に腰掛け、ラーメンだけにしようか、それとも、おにぎりも頼もうかと悩む。 無理すれば入らなくはないが、心地良く啜りたいもの。心を鬼にしておにぎりをあきらめる。
程なくして仕上げられたラーメンはいつもどおりの穏やかな表情。淡いベージュのスープを掬い喉を潤す。 と、フワリとしていて、 じわりとたなびくトンコツの旨み。 程よくスープを含みつつもツルリと食感のしたストレート細麺も相変わらず絶妙の相性の良さ。今日は、 気のせいか麺の角を強めに感じる。そのおかげでいつもよりも麺が進む。 先ほどマルケンで啜ったばかりだというのにまたもやスープまで飲み干してしまい完食。 マルケンがマジックならば黒門はイリュージョン。本日の麺巡り、 充実極まれり

081101kuromon_tenpo081101kuromon_ramen

【南京ラーメン黒門】
住所: 福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
電話:093-293-1314
営業:11:00~19:00 木曜、第3日曜休み Pあり
ラーメン(500円)

11月 1, 2008 at 02:00 午後 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

自由満喫北九州爆食麺巡り~その3~

「いらは~い!」
明るい声の正体は、 ピシッとアイロンのかかった薄蒼のワイシャツに上まできちんと締められたネクタイと到底ラーメン屋では考えられない井出達のご主人。 ついつい顔がほころぶ。昼下がりのマルケンラーメンは家族連れで大賑わいだ。 カウンターに座り注文するはノーマルラーメン。
「アイヨ、ラーメン発射~!」
ご主人の明るい声と共にラーメン登場。 濃い目の褐色を呈したスープの中に横たわるは中細ストレート麺。 トッピングされるはもやし叉焼刻み葱。 見た目はシンプル&素朴。スープを蓮華に救い一啜り。 フワリと広がる軽やかなトンコツダシ。インパクト重視のラーメンがラーメンランキングを席捲する中、 心底から心を暖かくさせる懐かしくも一本筋の通ったブレのない昭和の味。 このスープにパサリとした麺に素朴な叉焼が抜群に合う。ほんとにシミジミ。 時間を置かずの三軒目なのに結局スープまでガッツリ。 まさにマルケンマジック。啜り終えてお代を払えば、
「ハイ、おつり650万両~!」
ベタなんだけど結構好き。このご主人あってのマルケンラーメンなんだなとつくづく思う。

081101maruken_tenpo081101maruken_ramen

【マルケンラーメン】
住所:福岡県北九州市若松区宮丸1-4-3
電話:093-771-4977
営業:11:00~19:00 1,3,5日曜休み Pあり
ラーメン(350円)

11月 1, 2008 at 01:00 午後 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

自由満喫北九州爆食麺巡り~その2~

今日、明日と2日間に渡り、全国B級グルメの祭典B-1グランプリが久留米で絶賛開催中。 前回の富士宮大会では地の利を生かし富士宮焼きそばが勝利を収めている。 今回は是非とも小倉焼きうどんに勝利を収めてもらいたい!B- 1での勝利を祈念すべく小倉焼きうどん発祥の店だるま堂へGo!
店主である坂田のおばあちゃんは元気かなと思いつつ店を覗けば、若者相手に焼きうどんを振舞っている。 元気に焼きうどんを焼く姿を見て一安心。店に入り一声。
「天まど一つ頂戴!」
腰の曲がった姿とは相反してテキパキと焼きうどんが仕上げられ天まど様登場。豚肉、キャベツ、玉葱、 玉子に乾麺うどん。素朴な見た目どおり素朴な味わい。 焼きそばの麺が手に入らない中生み出された小倉焼きうどん原点の味。決して絶品ではないが、 なだかホッとする味わい。無くしてはいけないと思わせる味わい。 パクリと食べ終え勘定を済ませば「ありがとう」 という言葉と共におばあちゃんの笑顔。チヨノばあちゃん、身体をいたわって、少しでも長く、 この焼きうどんを食べさせてね。

081101darumado_tenpo081101darumado_udon

【だるま堂】
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町1-4-17
電話:093-531-6401
営業:12:00~18:00 木曜休み Pなし
天まど(510円)

11月 1, 2008 at 12:00 午後 うどん | | コメント (0) | トラックバック (0)

自由満喫北九州爆食麺巡り~その1~

嫁は友達とお出掛け
 ↓
車は置いていく模様
 ↓
自由と移動手段(車)をゲット!
 ↓
久々の麺巡り=祭り?!

日々真面目に働いている私に麺神様からのご褒美に違いない。さてさて、どこに行きましょうか。 心をときめかせてイザ出発!
本日の皮切りは北九州の誇るうどんの名店津田屋官兵衛。 志免にが出来て以来、嫁の食欲中枢をホレホレすること叶わず、 中々足が向かってない。官兵衛のお昼の混み具合を知っているだけに、開店直後を狙いたいところ。 一般道を通っていては間に合わず。サクッと高速で移動し到着すれば開店30分後の11時半。 恐る恐るドアを開ければ店内は満席。 昼前だというのに相変わらずの盛況ぶり。待ち時間の間にメニューを眺めて品定め。 心惹かれたのが梅あっさりうどん。程なくしてカウンター席に着き、うどんを今かと待つ。 お腹が「グゥ~」 と鳴ったのを見透かしたように梅あっさりうどん登場。 穏やかな薄い琥珀色のツユの中に細身のうどんが横たわる。 その上には千切り大根立派な梅が乗せられ、 刻み葱がまぶされており、彩り鮮やか。 ツユの香りをかぎつつゴクリ。相変わらずの優しい味わい。 細身の麺はしなやかでいて伸びのある食感。 これに塩分控えめの梅とシャキシャキの大根が良く合う。 連食しなきゃいけないというのについついツユまで飲み干してしまう。 久々の本家津田屋官兵衛はやはりウマイ

081101kanbe_tenpo081101kanbe_ume

【津田屋官兵衛】
住所:福岡県北九州市小倉南区津田新町3-3-20
電話:093-475-7543
営業:11:00~16:00,17:00~20:00(水曜以外) 日曜、第1月曜休み Pあり
梅あっさりうどん(500円)

11月 1, 2008 at 11:00 午前 うどん | | コメント (0) | トラックバック (0)