« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月25日 (土)

明快爽快塩ラーメン

先日店休日だった中州のまるきゅうらぁめんに再突撃。 食券機を目の前にして選ぶは味玉付の塩玉そば。カウンターに腰を降ろし、 食券を渡して出来上がりをしばし待つ。行列を覚悟していたのにスンナリと入れてしまい嬉しいのだけど、 何だか肩透かしを食らった感じ。池袋で行列を為している方々に申し訳ない気もするが、 東京のあの行列が異常というべきか・・・。 在関東時代には気になりつつも行列に恐れをなして未訪問だっただけに、期待が膨らむ
程なくして塩玉そば様登場! 丼を覗き込めば底が見えんばかりの透明度を誇るスープの中に、 優しそうな表情をしたストレートの細麺が静かに横たわる。 その上に盛り付けられるはメンマ炙り叉焼海苔、 そして味玉。実にシンプル。 その味わいや如何にとばかりにスープを口へと運ぶ。と、 しっかりしたダシの味わいと程よい塩味が口の中を包み込み、 次いで喉を潤す。明快な味わいなれど、その実、深く穏やか。 炙り叉焼や味玉の具材も穏やかな味付け。そして、パサリとした食感の細麺との相性の良さが印象的。 新座のぜんやに負けずとも劣らない味わいにスッカリほだされ、 グイグイと麺とスープを胃袋へと流し込み完食。大変おいしゅう御座いました。

081025marukyu_tenpo081025marukyu_ramen
081025marukyu_up

【塩そば専門店 まるきゅうらぁめん】
住所:福岡県福岡市博多区中洲3-7-33
電話:092-281-1509
営業:11:30~15:00,17:30~03:00 日祝休み Pなし
塩玉そば(800円)

10月 25, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

アゴダシ香る中華そば

今日のお昼は白木原の壱屋で一啜り。この前は豚骨を頂いたが、 今回は壱屋を特徴付けるアゴダシを存分に味わうべく中華そばをオーダー。 程なくして中華そば登場。 澄んだ琥珀色のスープの中にはゆるく縮れた細麺が見え隠れ。 その上にトッピングされるは叉焼、葱、白髪葱海苔。端正な佇まい。 先ずはとばかりにスープを一啜り。と、醤油の良い香りが鼻腔に広がり次いで、 特徴的な甘味のあるアゴダシが舌を覆っていく。 関東では一大勢力となっている演出系弩級魚介とは対極的な繊細でいて芯のある味わい。 小麦の風味豊かな麺との絡みも良い。 叉焼も控えめな味付けでバランスを崩さぬよう丁寧に仕上げられている。 グイグイと麺とスープが喉を通っていき、スルリと完食すれば何となく穏やかな気持ちになる。 陽だまりの中にいるような心地良さは病み付きになりそう。

081019ichiya_tenpo081019ichiya_ramen

【ラーメン壱屋】
住所:福岡県大野城市白木原4-13-36
電話:不明
営業:11:00頃~24:00 休みなし Pあり
中華そば(550円)
高菜ご飯(200円)

10月 19, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

味わい&満腹度ともにビッグ!

先日もう少し麺が欲しいと思わせた空海極太つけ麺。 今日は心行くまで堪能すべくビッグサイズにチャレンジ。見た目はレギュラーと変わりないように見えるが、 丼の底に敷かれたスノコの位置がより低く、その量はレギュラーのを誇る。 つけ汁の芯の太さは先日経験済み。 躊躇無くガッツリと極太麺をつけ込み一気果敢に啜り上げる。 いくら麺をつけ込もうとも、濃厚な味わいに衰えを見せない。まさに屈強。 400gの麺がスルスルと胃袋へと消えていく。啜り終えれば満腹。が、ダシのスープ割をせずには居れない。 まさに麻薬。肌寒くなってくる季節になってくるが、期間限定と言わず、 熱盛りで継続してもらえないかな。

081018kukai_tenpo081018kukai_tsuke

【拉麺空海】
住所:福岡県筑紫郡那珂川町松木1-1
電話:092-953-7111
営業:11:00~24:00 休みなし Pあり
極太つけ麺(ビッグサイズ)(850円)

10月 18, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

トロケルお肉に昇天寸前

三越催物会場で絶賛開催中の大北海道物産展に心奪われた嫁共々天神へとソソクサ。 三越突入の前に腹ごしらえすべく一啜り。 最近塩ラーメンにすっかりリスペクトされた嫁も気に入るであろう中州の丸九ラーメンに向かうも祝日のため店休日。 二人そろって意気消沈。しかし、そんな事では挫けない。 先ほどちんやがランチをやっているのをチェックしていたのだ。踵を返し、 ちんやで肉ランチだ!
普段は行列をなすというのだが、運が良いことに待たずして席に着く。目移りするメニューを眺め悩むことしばし。結果、 二人が指差すは和風牛ステーキ丼。 程なくして登場したステーキ丼を目の前にして目を丸くする。 見た目からしてスッゴイ良い肉。恐る恐る箸でつまみ一口。お、おおー、 肉が溶けて行く~!見た目以上に良い肉使ってるヤン! 人間を駄目にする甘美な味わい。脳髄が解けてしまいそう。勢いに乗って、ペロリと平らげれば、 昇天寸前。こんな美味なステーキ丼が千円チョットでいただけるとは、まさしくこの世の幸せ。 丸九が店休日と分かっていたなら、ちんやの前を通りかかることはなかったはず。 禍転じて福と為すとはこの事也。

081013chinya_tenpo081013chinya_don

【ちんや】
住所:福岡県福岡市博多区中洲3-7-4
電話:092-291-5560
営業:11:30~14:00,17:00~22:00 日曜休み Pなし
和風ステーキ丼(1,050円) ※ランチタイムのみ

10月 13, 2008 at 11:00 午前 その他の食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

普段着蕎麦モ良キモノ哉

土曜の昼下がり。ああ、どこかで一啜りしてぇ!
そこで、嫁を蕎麦で釣ってみる。と、即座にパクリ。
よーし、一発で釣れたぞ。
車に乗り込み三瀬へGo!先月開通したループ橋のおかげで、大型車との離合を気にせずに走れる。 快適快適
ふと、嫁に目をやると道端の幟に反応している模様。幟には「和栗ロールケーキ」の文字。 蕎麦で釣れたのではなく、甘味だったのか。侮れない奴・・・。
国道を逸れて走ること10分弱。目的の蕎風庵に到着するも、「しばらく、 そばはお休みさせていただきます。」の文字が。自家栽培の蕎麦を味わいたかったのに残念。
くよくよしていても仕方ない。即座に気持ちを切り替えて次の蕎麦屋を目指す。 絶品蕎麦とは対極の普段着蕎麦三瀬そばで一啜りと行きますか。
ピーク時間を過ぎているのに店内はお客さんで一杯。がっつりと啜れる板そばもいいけど、 やはり王道の三瀬そば三段。名前のとおり木の桶に三段に積まれた形の盛り付け。 薬味とそばつゆを直接ぶっかけて豪快にズズっと啜る。程よい蕎麦の香りとつるりとした喉越し。 まさしく普段着蕎麦。啜り終えればすっかり満腹。これでたったの700円。お財布にも優しい。 庶民の心を鷲づかみにする三瀬そばにバンザイ!

081004mitsuse_tenpo081004mitsuse_01081004mitsuse_02

【三瀬そば】
住所:佐賀県佐賀市三瀬村三瀬2858-2
電話:0952-56-2400
営業:10:30~19:30 月曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり
三瀬そば三段(700円)

10月 4, 2008 at 11:00 午前 蕎麦 | | コメント (0) | トラックバック (0)