« モールの中の粋な蕎麦屋 | トップページ | 実意丁寧美麗麺 »

2008年9月24日 (水)

控えめカプサイシンにほだされて

今夜は嫁がお出掛け。今夜のご飯は何を食べてもOK。そう、自由。嫁がいないのを良いことに、 焼きそばUFOに舌鼓を打つという自堕落な夕食を摂るか、 新規店開拓とばかりにチャリで麺処までフラフラ出かけるか自由だぁ!
家に帰ってわくわくしながら晩御飯をどうするか思案。結果、 ちょこまかと変化のある雑餉隈界隈麺リサーチポタに決定。 閉店している事が多かった一天ラーメンを訪問すれば「旬 成都」 というチャンポン主体の麺処に、続いて平々宝へ行けば「ふう馬」 というラーメン店に。 結構店が変わっているなと思いつつキャバレーハワイ跡を見れば居酒屋に。 この界隈で往年のキャバレーはミラノぐらいになってしまったか。なんだか寂しいな。 感傷に浸りながら雑餉隈駅周辺をクルリ。彦ちゃんうどん熊ちゃんラーメンといった老舗は健在ながらも、 エルカーサ近くのラーメン屋さんにはテナント募集の張り紙が。なんとなく雑餉隈の街自体が暗くなったのとは感じていたものの、 改めてじっくりとウロウロしてみると、思った以上に閉店となった店舗が多いことを実感させられる。
さて、どこで一啜りしようか。成都のチャンポンも気になるけど、 一番気になったのはバラモンラーメン跡に出来た孟渓苑坦々麺。 店内を覗くとお客さんは誰も入っていない。一瞬迷うが気を取り直し店内へ。えい、ままよ! カウンターに座り坦々麺を頼む。本当は白ご飯も欲しいところだが、スープにコクがないとひどい目に合う。ここは一つ様子見といこう。
出来上がりを待っていると、立て続けにお客さんが入ってきて坦々麺&ライスを注文。もしかすると、 ここの坦々麺は当たりなのか?!先ほどまでの不安感なぞつい忘れ、期待が膨らむ。 程なくして坦々麺登場!
茶褐色のスープの上に辣油の赤が見え隠れし、 肉味噌にその上には刻み葱と見た目はオーソドックス。 まずはスープを一啜り。お! 芝麻醤の風味の中からシッカリとした鶏がらベースのダシ。 控えめな辣油のおかげで、ダシの旨みがいっそう引き立つ。トッピングの肉味噌も程よい味付け。 これに合わされるは加水率高めの中太縮れ麺。 プルっとした食感が気持ちイイ。これ、イケルヤン! 思わずご主人に追加注文。
「白ご飯ください!」
適度にスープを残してご飯を投入。スープを吸って雑炊状になったご飯。 ウメェ~♪食欲中枢が暴走を始め瞬く間に完食。意を決して入って良かった。

080924moukeien_tenpo080924moukeien_tantan

【孟渓苑】
住所:福岡県福岡市博多区銀天町1-2-8
営業:11:00~27:00 月曜休み Pなし
坦々麺(650円)
ライス(150円)

9月 24, 2008 at 11:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/42584313

この記事へのトラックバック一覧です: 控えめカプサイシンにほだされて:

コメント

コメントを書く