« 実意丁寧美麗麺 | トップページ | 魚介と豚骨の秋祭り »

2008年9月27日 (土)

外はコンサル、中身は質実

昨日、突如入った中華そばスイッチ。こうなったら麺馬鹿の暴走は誰にも止められない。
「あなた!家族を置いてどこに行くのっー!」
と、泣きすがる嫁に、
「男には家族を置いてでもやり遂げねばならぬ役目というものがあるのが分からんのか!」
男の気骨を見せ付けて颯爽と家を立つ。
高速経由で車を走らせ、目的の麺処を探すべくウロウロ。と、一瞬洋食屋さんと見まがう建物に「しのわ」の看板を発見。 建物の概観にたがわず店内に入れば中もお洒落。コンサル系の空気がヒシヒシと感じられる内装だが、 その中華そばの味や如何に?!
ラーメン一杯だけと思っていたのだが、空腹に負けて煮玉子ラーメンおにぎりセット& 黒豚餃子を頼んでしまう。ああ、食欲の暴走に弱い俺・・・。でも、そんな自分が愛おしい。
程なくしてラーメン他ご一行様ご来場! メインのラーメンは良い感じで醤油の褐色を呈した透明感あふれるスープの中にドドンと中太縮れ麺が鎮座。 その上には綺麗に茹であげられたチンゲンサイ、 厚くスライスされた叉焼煮玉子、 そして大きめにカットされた海苔が綺麗に盛り付けられている。 相当に正統派な中華そばしてるじゃない。ならば、気合を入れて一啜りと行きますか!
スープをクイッと口に含めば魚介鶏ガラの自然な旨みがフワリとたなびく様に広がり、 そしてスッと消える。しっかりとしていて、なおかつ潔い味わい。こりゃイケル! スープの醤油味を考慮して味付けされた叉焼は箸で持てないほどホロホロで、煮玉子は一番好きなゼリー状の黄身。 塩味の前に甘味が広がり、ちょっとビックリ。このラーメンを啜りつつ、 干し貝柱の入ったおにぎりを頬張れば、それはもう極楽。いつまでも続いて欲しいと思う味わい。 豚骨の聖地久留米にあって、存在感抜群の醤油ラーメン。足を伸ばしてでも啜る価値アリ!

080927shinowa_tenpo080927shinowa_ramen
080927shinowa_gyoza

【無化調醤油ラーメン しのわ】
住所:福岡県久留米市櫛原町1185-2
電話:0942-38-1004
営業:11:30~14:30,18:00~22:00 月曜休み(祝日の場合は翌日) Pあり
煮玉子ラーメンおにぎりセット(750円) ※煮玉子ラーメンは650円
黒豚餃子(420円)

9月 27, 2008 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/42617185

この記事へのトラックバック一覧です: 外はコンサル、中身は質実:

コメント

コメントを書く