« 風があるからこその凪 | トップページ | 熱くて冷たい粋な奴 »

2008年9月 4日 (木)

新発見、極細麺と塩との出会い

一日缶詰の会議の後、気心知れた仲間内で軽く一杯。ほろ酔い気分で宿泊先へと向かう・・・はずだったのだが足が勝手にあらぬ方向へ。 途中で気を失う。ふと気が付けば目の前には食券機。 そして右手には千円札。 パブロフの犬のように反射的に千円札を突っ込みボタンをドン、おつりをガシッ! 店員さんにいざなわれるままカウンターの左端へ。先ほどゲットした食券をもぎ取られ、 変わりに塩ラーメンが目の前に。出されたものを頂かないというのは失礼な話。よ~し、 啜るぞ!
綺麗に澄んだスープの中にはストレートの極細麺。これに盛り付けられるは水菜、シナチク、海苔、煮玉子、 叉焼に葱。見た目にも穏やか。お玉にスープを掬って先ずは一口。 上品な和風ダシの風味が穏やかに口の中に広がる。心安らぐ優しい味。 極細のストレート麺を勢い良くズズっと啜る。見た目からもしかしてと思っていたのだが、 やはり思ったとおり長浜系の麺。程よくスープを吸い込んだ麺は美味。 啜る勢いが増す。軽く炙られた厚目の叉焼は口の中でホロリとトロけ、 炙りの香りが良いアクセントになっている。しかしながら決してスープの穏やかさを損なうことはない。 香りが強すぎるため、あまり炙り叉焼は好きではないのだが、この叉焼は別格。 煮玉子も穏やかな塩加減がスープの旨さをより引き立てている。じんわりと味わい、 スープの一滴も残さずに完食。今夜はいいラーメンに出会えて幸せ至極。有難や有難や

080904afuri_tenpo080904afuri_ramen

【らーめん亜夫利(AFURI)】
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7
電話:03-5795-0750
営業:11:00~04:00 休みなし Pなし
塩ラーメン(750円)

9月 4, 2008 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/42394927

この記事へのトラックバック一覧です: 新発見、極細麺と塩との出会い:

コメント

コメントを書く