« ミニ(?)懐石に舌鼓 | トップページ | モールの中の粋な蕎麦屋 »

2008年9月17日 (水)

4年ぶりの摩訶不思議

友遠方ヨリ来ル、コレ即チ宴也!
旧知の友人の突発来訪。飲んで騒ぐというのが人としてのあるべき姿。 速攻で宴とばかりにそそくさと春日原に進出するも、友は急に夕食会が入って遅れるとのこと。 そんじゃ宴の前に一啜りといきますか。雨が降ってるし、近場の春日原周辺がいいんだけど、 みっちゃんは600円とチト高い。小麦冶というのも芸が無い。 かと言って一天楼に行くと一啜りだけではおさまらないし・・・。と、悩んでいると大野在住の同僚が昼休みに 「白木原に新しい店ができたみたいだよ。」と呟いていたのを思い出す。
春日原周辺でと思っていたのもどこ吹く風。電車に乗って白木原へGo!
駅から歩くこと10分弱で目的のラーメン屋さんに到着。「壱屋」という屋号、 アゴダシの中華そば。見覚えがある。 4年前にアゴダシの中華そばに惹かれて入ったラーメン屋が六本松の壱屋。しかし、単に屋号が同じだけということもある。 何はともあれ啜ってみるか。
中華そばに心惹かれつつも、 デフォであろう豚骨らーめんとご飯ものの中で目に止まったじゃこ飯をオーダー。 程なくしてラーメン御一行様と御対面~。茶褐色のスープを先ず一口。 フワリと豚骨の風味が広がり、 次いでスッキリした醤油ダの香に覆われる。さらに、 和風ダシが後からコンニチワとばかりに顔を出す。魚介& トンコツのダブルスープ?!味はシッカリしているのに、ついつい飲み進めてしまう。 心持ち太目のストレート細麺は程よくスープをまとい、 モチっとした食感がこれまたイイ感じ。麺を啜り終えた後は、 スープを飲みつつじゃこ飯を頂き完食
お勘定の際に御主人に尋ねてみると、六本松の壱屋で修行し、この度暖簾分けとなり白木原に開店したとのこと。ならば、 中華そばも間違いなく期待できる。是非、近いうちに再訪しないと。

080917ichiya_tenpo080917ichiya_ramen

【ラーメン壱屋】
住所:福岡県大野城市白木原4-13-36
電話:不明
営業:11:00頃~24:00 休みなし Pあり
豚骨らーめん(550円)
じゃこ飯(200円)

9月 17, 2008 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/42519241

この記事へのトラックバック一覧です: 4年ぶりの摩訶不思議:

コメント

コメントを書く