« 下関で南国リゾート | トップページ | 心温まるそれぞれの一杯 »

2008年8月 5日 (火)

ブランド力に神通力はあるのか?

海響館で夜の水族館とイルカ&アシカのショーを堪能し、 本日の下関小旅行終了。おとなしく家に帰えれば良いのに、 ついつい途中で一啜りしてしまうのが麺族の悲しい性。 最近大野城に出来た一幸舎に立ち寄る。入り口にある券売機で食券を購入。選ぶは味玉ラーメン。 その価格750円也。結構痛い金額だ。 果たして金額に見合った麺にありつけるのか?!
程なくしてしてラーメン登場。先ずはスープを一啜り。 やや強めの豚骨臭。ゼラチン質はやや多目だが、脂は極々標準的。 一幸舎はしつこくない味が身上のはずなのだが、タレが強めのせいか、 甘さ塩分が立って、 飲み進めるとくどくなってくる。ストレートの細麺はいたって標準的な味わい。 唯一標準以上なのは叉焼。肉の味を重視したタイプで中々好印象。とはいうものの、 全体的に見ればごく普通のラーメン。しかし、 替え玉を躊躇しそうな程少な目のスープを考慮すると標準よりやや下か。 最もコストのかかるスープをケチって儲けようとしているのではないかと勘ぐりたくなってしまう。
一幸舎と言えば博多のラーメン店の中でも有名店の一つである。 価格に見合った仕事をするか、 仕事に見合った価格にするか「一考」しないと先は明るくない。特に、 郊外店である大宰府IC店の周りには一風堂、一蘭、 魁龍といった有名店が点在しているだけに厳しいのでは。

080805kaikyou_02080805kaikyou_01
080805ikkosha_ramen080805ikkosha_tenpo

【博多 一幸舎 大宰府IC店】
住所:福岡県大野城市筒井4-21-10
電話:092-589-4333
営業:11:00~23:00 休みなし Pあり
味玉ラーメン(750円)

8月 5, 2008 at 12:00 午後 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/42092834

この記事へのトラックバック一覧です: ブランド力に神通力はあるのか?:

コメント

コメントを書く