« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

普段着うどんにほだされて

久しぶりにウエストで夜麺啜り。 腹が減っている時にはやはり肉うどん。でも、ごぼう天も捨てがたい。 ならば、いいとこ取りで肉ごぼうといくか。
「すみませ~ん、肉ごぼう下さ~い!」
牛肉の甘辛い味を適度にごぼう天が含む絶妙のハーモニー。 ややもするとジャンクフード的な味。たまらんねぇ。 我が地元四国の誇るカトキチ謹製冷凍うどんと程よく香るダシつゆとが絡み合い早く啜ってくれと催促してくる。 いいね、いいねぇ普段着うどん。心地良くズズイとすすり完食。
啜り終えてレジに行けば、「490円になります。」との声。
ん、肉ごぼうって590円じゃなかったっけ? 店員さんに聞いてみると土曜日のみ特定の組み合わせはディスカウントしているとのこと。うれしい誤算。 よく見れば店内にはその旨掲示してあった。気づかなかった・・・。それにしても、普段着のうどんは心やすらぐ。

080830west_tenpo080830west_niku

【ウエスト岡本店】

住所:福岡県春日市岡本2-18
電話:092-588-0511
営業:24時間 休みなし Pあり
肉ごぼううどん(490円)※通常は590円

8月 30, 2008 at 11:00 午前 うどん | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

意気込み十分、残るは熟成

マニさんNさんのレポで心くすぐられた那珂川の遊楽。 つい先日のこと、行きたいなあとウズウズしている時に嫁が「新しいラーメン屋ができたらしいよ」 と言いつつヒョイと出された名刺には「遊楽」の文字。 まさしく麺神様からのご教示。そんな訳で今夜は遊楽へGo!
嫁情報によると鶏とんこつがイケルらしい。 オーダーするは当然鶏とんこつ。そして、炒飯も追加。程なくして登場したラーメンから頂くとする。 お玉にスープを掬いゴクリ。トロリとした喉越し、フワリと広がるとんこつの風味、次いで鶏がらの香り。 雑味は一切無し。作り手の意気込みが伝わってくる。 スープを存分に味わったあと極細のストレート細麺に箸を伸ばす。ズズッと啜れば・・・。ん~、 決して悪い訳ではない。 マニさんのレポにあったかん水の臭みも強いわけではない。しかし、 何か物足りない。麺がスープに負けている感あり。 しっかりしたスープに合うのは小麦の風味豊かな麺。 スープ以外にも気を回せるようになれば良いバランスになること間違いなし。 センスの良さは醤油味ベースの炒飯からも伺えるのだから。今のモチベーションのまま頑張って欲しいな

080829yuraku_tenpo080829yuraku_ramen
080829yuraku_yakimeshi

【麺屋 遊楽】
住所:福岡県筑紫郡那珂川町今光2-17
電話:092-953-0808
営業:11:30~15:00,19:00~24:00 火曜休み Pあり
鶏とんこつ(550円)
遊楽風焼きめし(380円)

8月 29, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年8月24日 (日)

じっくり、じんわり、スローペース

先日頂いた「輪喰」 の塩ラーメンのシミジミとした味わいが脳裏から離れない。 一番人気という醤油は未食。いても立ってもいられず、 嫁を言いくるめて一啜りの旅へGo!
日曜の夕方だというのに思いのほか混雑しておらずスイスイ。 ピタリ晩御飯の時間帯に到着の予定が思わぬ誤算。まあ、程々にお腹は空いているし、 一啜りと行きますかいなぁ。
迷うことなく頼むは醤油ラーメン。程なくして穏やかな醤油の香りと共にラーメン様登場。 琥珀色のスープを口に運べば魚介の穏やかな旨みがジンワリと広がる。 褐色を帯びたストレート中太麺の豊かな小麦の香り、 噛めば噛むほどに豚の旨みがほとばしる叉焼。 丁寧でかつ調和の取れた具材の一つ一つがゆっくりと、そして、大きく食欲中枢をく揺さぶる。今日も完食。ご馳走様でした m(_ _)m

080824waku_tenpo080824waku_ramen

【麦香麺 輪喰(ラーメン わくう)】
住所: 福岡県久留米市北野鳥巣552-2
電話:0942-78-6787
営業:11:30~20:30 第2・4水休み Pあり
醤油ラーメン(870円)(平日は17:00までコーヒーサービス)
煮玉子(150円)

8月 24, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

郊外のニューウェーブ

今夜は那珂川に先月オープンしたTAIZOで一啜り。 先ずはノーマルラーメンからと思っていたのだが、空腹についつい負けて煮玉子に小ライスと餃子も追加。先ずはラーメンからいただくとする。 蓮華にスープを一掬い。ズズッと喉に流し込む。 トロリとした喉越しの中にフワリとしたトンコツだしの風味。 洗練されたスープが心地良い。このスープを生かすべく元ダレは甘さ控えめ。 極細ストレート麺の絡み具合も抜群。トロトロの叉焼は塩味がベースでシンプルな味わいなれど、 スープとの相性良し。このレベルのラーメンが500円とは・・・。全く恐れ入る。 小ぶりの餃子も餡が良い塩梅でご飯が進む。ラーメン→餃子→ご飯の三角食いでサラリと完食。満足満足。次はマー油ラーメンで再訪だ!

080819taizo_tenpo080819taizo_01
080819taizo_02

【ラーメンTAIZO那珂川店】
住所:福岡県筑紫郡那珂川町片縄東1-12-2
電話:092-952-0903
営業:11:00~22:00 月曜休み Pあり
とんこつラーメン(500円)
小めし(100円)
餃子(500円)
煮玉子(100円)

8月 19, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

今日は色モノ、アジアなモノ

Nさんのレポで触発された一風堂の色モノ冷麺。 午前中の豪雨とは打って変わって夏の日差しがジリジリと差し込む。 間もなくサウナ状態になろうとしている我が家から脱出する良い口実。 オリエンタル冷麺があるのは福岡では本店姪浜店のみ。 近いのは本店だが、大名だと駐車場代が必要。多少時間はかかるが姪浜店へ。
ここ、姪浜店は一風堂の各店舗の中でも唯一の座敷のみの店舗。 銭湯を思わせる靴箱に靴を収めてカウンター席へ。今日は迷うことなくオーダー。
「オリエンタル冷麺下さ~い!」
白亜のお皿に盛り付けられた冷麺はまるで冷製パスタのよう。レタス、ベビーリーフ、トマト、松の実、 オリーブ、シリアル、叉焼、パプリカ、玉葱、味玉等々と結構な種類の具材がトッピングされている。 ごまだれにすっきり酸味のだいだい酢と辛味油を混ぜ合わせたというタレは優しい酸味にピリリとした刺激が心地良い。 中太縮れ麺はプリっとした食感。パッと見は少ししか無いように見えるが、 実は皿の底が深くなっていて思った以上のボリューム。 食べ終えれば程よい満腹感。バンズにときめいたものの、 昨日の教訓を生かし食欲中枢の暴走に歯止めをかける。バンズは全店で食べれるから、 近くの大宰府IC店で再食だな。

080817ippudo_tenpo080817ippudo_01
080817ippudo_02

【一風堂 姪浜店】
住所:福岡県福岡市西区福重5-4-14
電話:092-895-1155
営業:11:00~26:00 休みなし Pあり
オリエンタル冷麺(800円)

8月 17, 2008 at 11:00 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

名前の通りの濃厚サッパリ豚骨

今日は嫁の実家でのんびり。昼飯代わりにパンをつまむも今ひとつ満腹感足らず。一啜りしたいなあ。外は大雨。 近場のラーメン屋で釣ってみる。「濃麻呂どう?」 と持ちかけてみると嫁も同じように今ひとつ物足りなかったようで一発で食いつく
大雨なので客もまばらと思いきや、駐車場は車で満杯。駐車場の空きを待って店内へ。 濃麻呂って餃子がウマイんだよな~。ラーメン単品にするか餃子セットにするか悩んだ末、餃子セット。 やはり、食欲には抗えない悲しいサガ。嫁は自制心を働かせラーメン単品。どおりで、大雨になる訳だ・・・ 。
程なくして登場した餃子セット。単品ラーメンとの違いは、海苔と木耳が入っておらず、 トッピングが葱と叉焼のみになっていること。 やや多目の脂で表面が覆われた乳白色のスープは臭みはほどんど無いが味は濃厚。 クセが無いおかげで後口はスッキリ。 ストレート細麺はパサっとした食感で、 変に色気を出していないところが好印象。 餃子→ご飯→ラーメンの三角食いで瞬く間に完食。結果、 晩御飯までの繋ぎのつもりがガッツリ。当然、その日の夕食で苦しい思いをすることに。 因果応報・・・

080816kokumaro_tenpo080816kokumaro_ramen

【博多濃麻呂 名島橋店】
住所:福岡県福岡市東区名島2-2119-4
電話:092-673-1875
営業:11:00~26:00 火曜休み Pあり
ラーメンセット(700円)
※ラーメン単品480円

8月 16, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

心に浸みる昭和のラーメン

今日は「昭和58年創業」の看板が掲げられていて、以前より気になっていた 「やまもとや」にブラリ。メニューを眺め何にしようかと一思案。と、 目に付いたのはラーメンに半炒飯がセットになっている「炒飯セット」。増える体重に歯止めをかけるべく、 摂生に努めようと心に決めていたのだが・・・。ま、 一回二回ガッツリ系に手を出しても影響はなかろう。
先ずラーメン、次いで半炒飯が登場。 ベージュのスープの中には中細麺、 それに厚目の叉焼多目の葱がトッピングされたラーメンはシンプルながら穏やかな表情。 パラリと仕上げられた炒飯も食欲をソソル。
先ずはスープから行かせてもらいますか!スープを蓮華に一掬い。口へと運ぶ。 フワリと広がる軽やかなトンコツの香り。 次いでジンワリと穏やかな甘味旨みが広がる。 気持ち太めの中細ストレート麺はパサッとした食感で、 程よくスープを含み小麦の香りがフワリと広がる素朴なタイプ。 塩味主体で味付けされた叉焼は素材感重視でこれまた素朴。でも、この素朴さが穏やかなスープと良く合う。 華は無いけど燻し銀。昭和のラーメン職人の作る一杯という感じで、 モロ好み。 原材料や燃料費高騰で苦しいはずなのにこれだけのラーメンが480円というのは本当に頭が下がる。 家の近くにあればイイナと思わせるラーメン店だった。

080812yamamoto_tenpo080812yamamoto_ramen

【やまもと】
住所:福岡県春日市下白水南1-8
電話:092-573-8594
営業:11:00~21:00 木曜休み Pあり
炒飯セット(ラーメン&半炒飯)(830円)
※ラーメンは480円

8月 12, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ギュウタン、ギュウタン、ギュウータン!タン!

昼間のランチで振られた伊達屋。日が沈み、お腹が減ってくると、 今日食べれなかった事が悔やまれてならない。 何となくモヤモヤした感じが抜けきらない。 やっぱ牛タン食べたいな~。何気なく嫁に聞こえるように、
「あぁ、牛タン食べたかったなぁ~」
と、独り言をつぶやいてみる。と、嫁の耳がピクッと動いた。 嫁も牛タン食べれなかったのがずっと気になっていたらしい。食欲中枢の欲望に抗えない二人。結果、 今日のディナーは牛タンに決定。再び伊達屋へGo!
暖簾をくぐり店内へ。数組の先客が牛タンに舌鼓を打っている。もう、この時点でよだれ全開牛タン定食を頼み、出来上がりを待つ。それほど待たされているわけでは無いのだが、 先客の美味しそうに頬張る様を見ていると、空腹も相まって、早く早くという気持ちになる。
先ず出されたのが、テールスープ麦ご飯とろろ。牛タンがまだ出てこない。生殺しだ~!もう少しの我慢。 じっと耐えることしばし。遂に牛タン様登場。ようやくありつけるゾ。 では、いただきまーす!
テールスープは牛テールの旨みと塩加減が良い塩梅でズバリ好み。そして、 メインの牛タン。柔らかな食感にタンの仄かな甘味、 噛むほどに出てくる肉汁に食欲中枢はノックアウト寸前。 ここの牛タンは文句無くウマイ!おかげで麦とろご飯が進む進む。 気が付けば、嫁のご飯も奪い取って全てを完食。満腹&満足。やはり、 リベンジして良かった~。今度は、ガッツリ飲める態勢で来てみたいゾ。

080810dateya_tenpo080810dateya_02
080810dateya_01

【牛タン炭火焼 伊達屋】
住所:福岡県福岡市博多区住吉5-18-7
電話:029-483-2877
営業:11:30~14:00(8/9より当分の間休止) 17:00~23:00 火曜休み Pなし
牛タン定食(1500円)

8月 10, 2008 at 12:00 午後 その他の食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

赤茄子よ、お前に出会えて良かった!

嫁が目を輝かせている!間違いない、食欲中枢が刺激された目をしている。 一心不乱に凝視している雑誌に目をやれば「牛タン」の文字。牛タンか~、 ソソラレルなあ。よしよし、今日のランチは牛タンと洒落込むとしよう。
コインパークに車を停めて伊達屋に向かう。と、「支度中」の札が・・・。ランチは14時までのはずなのだが。 日曜日ランチをやっていないのかと思い、お店の方に尋ねてみる。
「申し訳ないです、8月9日から当分の間、 ランチを中止することとしまして、夕方からの営業のみとなってます。」
なんたる不運。昨日からランチ休止とは。嫁共々意気消沈。 車に戻って次のランチ場所に思いをめぐらす。牛タンの不運を補えるところは他にないか・・・。と、興味津々麺の神様より突然のお告げ。
「汝、赤茄子を用いた麺を食らひ賜へ!」
そうだ!嫁は先日、雑誌に載っているトマト仕立ての冷麺に興味津々な視線を注いでた。しかし、 普段は店の名前なぞロクに覚えていないことがほとんど。ダメもとで店の名前を尋ねてみれば、
「あきこのちゃんぽんじゃなかったかな?」
おお、奇跡が起こった!よーし、あきこのちゃんぽんで一啜りだ!
店に入ると、カウンターで鶏空揚げ定食を先客が美味しそうに頬張っている。 心が揺らぐ。イカンイカン、初志貫徹。 お告げのあったトマト冷麺を頼み、出来上がりを待つ。
待つことしばし。トマト冷麺登場! トマトスープの中に細打ちの縮れ麺が鎮座し、 レタスオニオンスライスソーセージが綺麗に盛り付けられている。 中々食欲をそそる彩り。チョイとスープを一啜り。 酸味が程よく効いていて身体に良さそう~。スープの中には氷が入れられている。中々気が利いているゾ。 次いで麺をズズッと啜る。 プリッとした食感が心地良い。 少しばかりタバスコ黒胡椒を足してみる。 味がグッと締まる。サラダ感覚でサクサクと食べ進め、瞬く間に完食。 夏場の食欲が落ちたときには相当にアリの麺。麺神様に感謝!

080810akiko_tenpo080810akiko_ramen

【あきこのちゃんぽん】
住所:福岡県福岡市中央区薬院3-12-22
電話:092-531-0138
営業:11:30~23:00(日曜は22:00) 月曜休み Pなし
トマト冷麺(880円)

8月 10, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

摩訶不思議な巡り合わせ

昨日のポタの時にそろそろヤバイかなと思っていたチャリのグリップに限界が来た模様。 今日も良い天気だし、自転車屋巡りを兼ねて一啜りと洒落込もう。啜るならこの季節冷たい麺に限る。 久しぶりに若菜で蕎麦でも頂くとするか。
何件か自転車屋を回るも、長さ・色合いで適当なものがない。と、 ウロウロしているうちに若菜の近くまで来てしまった。仕方がない、 一啜りしてからもう一度探すとしよう。
チョチョイと走って若菜に到着・・・と、思いきや若菜がなくなっている! いつの間に・・・。春日では貴重な正統派の蕎麦屋だったのに。 別の地で元気に蕎麦を打たれていることを祈りたい。
若菜に変わって新たに開店した中華そば・つけめん山田。 これも何かの。気を取り直して一啜りといこう。
店に入り頼むは看板にも記されているつけ麺とトッピングの煮玉子。 いい感じの角皿に黄色味を帯びたストレートの中細麺が盛られ、 肉厚の叉焼、細切りのシナチクもやし貝割れ大根が綺麗にトッピングされている。 葱と胡麻で表面が覆われた浸け汁は魚介・トンコツ・ 鶏ガラの旨みが程よくバランスした穏やかな味付け。 麺を浸け汁に浸してズズッと啜る。 プルンとした食感の麺は中々いい感じ。穏やかな浸け汁も思いの他合う。ただ、 皿に盛られたつけ麺にはありがちなのだが、 食べ進めるにつれて麺に水っぽさを感じてしまう点が惜しい
スープ割を頼もうかと思っていると、「どうぞ」と出されたのが蕎麦湯差しに入ったスープ。 白濁したスープを浸け汁に注ぐ。鶏ガラ主体のスープは結構美味。 これなら、つけ麺だけでなく中華そばも期待できるぞ。 お気に入りの蕎麦屋がなくなったのは残念だけど、その代わりに期待できる中華そば・つけめん屋に出会えた。 巡り会わせというものは摩訶不思議だなとつくづく思う。

080808yamada_tenpo080808yamada_ramen

【中華そば・つけめん 山田】
住所:福岡県春日市下白水南7-125
電話:092-502-9091
営業:11:30~20:30 水曜休み Pあり
つけ麺(600円)
煮玉子(120円)

8月 8, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

真夏の一汗に効く一杯

天気良好。チャリのメンテナンスよし。さ~て、久しぶりの長距離ポタに赴くとするかのぉ。 我が家を出発し国道3号線へ。吉塚駅の連絡道を通り抜け、筥崎宮の参道を経由し再び国道3号線に合流し北上。 香椎からは国道485号線へと道を変え、後は城山峠を目指してひたすら道なりに走る。
突き刺さる太陽が容赦なく身体の水分を奪っていく。 30キロ程走ったところで小休止。ゆっくりとスポーツドリンクを喉に流し込み、 発汗を促して身体を冷やす。スポーツドリンクを買い足して再び出発。
赤間駅付近からダラダラの上り坂が始まる。ここが踏ん張りどころ。 噴出す汗に耐えながら黙々とペダルに力を入れる。再々度国道3号線に合流。よーし、 峠の終わりの山賊鍋が見えた!後は下り主体の極楽コース。 ペダルに力をいれずとも自然にスピードが上がっていく。快調快調! 程なくして本日の目的地「黒門」に到着。
店に入り、先ずはお水をゴクリと飲み干す。うぉ~、生き返る! 一息ついたところでラーメンおにぎりをオーダー。 発汗で失われたミネラル分を補うべく、スープから。 ジンワリと優しいトンコツダシと程よい塩味が身体に浸み入る。 そして、 スープを程よく含んだ細打ちストレート麺ズズッと啜れば幸せ至極。 相変わらずシミジミうまい。真夏の日差しの中、ペダルを漕いだ甲斐があるというもの。 本日もおいしいラーメンご馳走様でした!

080807kuromon_01080807kuromon_ramen
080807kuromon_tenpo

【南京ラーメン黒門】
住所:福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
電話:093-293-1314
営業:11:00~19:00 木曜、第3日曜休み Pあり
ラーメン(500円)
おにぎり(50円)

【本日のポタ】
距離:63.9km
時間:3時間19分
平均:19.3km/h

 

8月 7, 2008 at 11:00 午前 ポタリング, ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

心温まるそれぞれの一杯

筑後川のほとりにポツンと佇むログハウス。 農家が点在する中で一際異彩を放っている。 普通に考えれば喫茶店か洋菓子屋さんか洋食屋さんとしか思えない。しかしながら、赤字で「ラーメン」と書かれた黒色の幟が立っている。間違いない、 アレが目指している「麦香麺 輪喰」だ。
木の温もり溢れる店内に入り、オーダーするは塩ラーメン煮玉子付き。ラーメンが出来上がるまでの間、 喉の渇きを癒すべくお茶をゴクリ。ありゃ、このお茶おいしい。ついつい、もう一杯。 ラーメンが出てこなかったら、まだまだ飲み続けていたに違いない。
目の前に登場した塩ラーメン、盛り付けられているのは大き目の叉焼水菜千切り大根(!)ジャガイモ(!)と追加トッピングの煮玉子。 見た目はかなり独創的。果たしてその味や如何に?
先ずはスープを一掬い。特徴的な何かが突出しているのではなく、動物系魚介系野菜系それぞれの旨みを丁寧に重ねていったような絶妙のバランス。 夏場ということで香辛料と塩を少々追加しているということだが、最初の一杯は香辛料なしで味わいたいと思わせる。 続いて。地粉で打ったうどんのように、 少しばかりの褐色を帯びたベージュ色ストレート中太麺は風味豊かで小麦の旨さを存分に味あわせてくれる。 柔らかい歯ごたえながら、モチッとした弾力がある叉焼は、 タレではなく肉そのものの甘さを生かした味付けで、 豚そのものの素性の良さが伺える。一つ一つのレベルが高い。 それでいて、どこかが突出することなく絶妙のハーモニーを奏でている。 創作的ながら心を癒してくれる滋味溢れるラーメンだ。具材の一つ、 スープの一滴も残すことなく完食
余韻に浸っていると「コーヒーはいかがですか?」との声。 平日は17時までコーヒーのサービスを行っているとのこと。何ともうれしい心配り。 サービスなのであまり期待していなかったのだが、このコーヒーがウマイ! 美味しいラーメンの後で更に美味しいコーヒーを味わえるとは嬉しい誤算。

080806waku_tenpo080806waku_ramen

【麦香麺 輪喰(ラーメン わくう)】
住所:福岡県久留米市北野鳥巣552-2
電話:0942-78-6787
営業:11:30~20:30 第2・4水休み Pあり
塩ラーメン(850円)(平日は17:00までコーヒーサービス)
煮玉子(150円)

8月 6, 2008 at 11:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

ブランド力に神通力はあるのか?

海響館で夜の水族館とイルカ&アシカのショーを堪能し、 本日の下関小旅行終了。おとなしく家に帰えれば良いのに、 ついつい途中で一啜りしてしまうのが麺族の悲しい性。 最近大野城に出来た一幸舎に立ち寄る。入り口にある券売機で食券を購入。選ぶは味玉ラーメン。 その価格750円也。結構痛い金額だ。 果たして金額に見合った麺にありつけるのか?!
程なくしてしてラーメン登場。先ずはスープを一啜り。 やや強めの豚骨臭。ゼラチン質はやや多目だが、脂は極々標準的。 一幸舎はしつこくない味が身上のはずなのだが、タレが強めのせいか、 甘さ塩分が立って、 飲み進めるとくどくなってくる。ストレートの細麺はいたって標準的な味わい。 唯一標準以上なのは叉焼。肉の味を重視したタイプで中々好印象。とはいうものの、 全体的に見ればごく普通のラーメン。しかし、 替え玉を躊躇しそうな程少な目のスープを考慮すると標準よりやや下か。 最もコストのかかるスープをケチって儲けようとしているのではないかと勘ぐりたくなってしまう。
一幸舎と言えば博多のラーメン店の中でも有名店の一つである。 価格に見合った仕事をするか、 仕事に見合った価格にするか「一考」しないと先は明るくない。特に、 郊外店である大宰府IC店の周りには一風堂、一蘭、 魁龍といった有名店が点在しているだけに厳しいのでは。

080805kaikyou_02080805kaikyou_01
080805ikkosha_ramen080805ikkosha_tenpo

【博多 一幸舎 大宰府IC店】
住所:福岡県大野城市筒井4-21-10
電話:092-589-4333
営業:11:00~23:00 休みなし Pあり
味玉ラーメン(750円)

8月 5, 2008 at 12:00 午後 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

下関で南国リゾート

嫁と一緒に下関の角島まで日帰り小旅行。 角島のエメラルドグリーンの海は異国情緒タップリ。心が洗われる。 その帰路立ち寄ったのが、海岸沿いにある「PAPUA CLUB」なる喫茶店。 日没まであと1時間少々ということもあり、海からの照り返しが店内奥まで差し込んでいる。 間違いなくここから見る日の入りは絶景のはず。 南国情緒タップリのナッツのアイスに舌鼓を打ちながらしばし休息。

080805papua_shop080805papua_ice
080805tunojima_01080805tunojima_02

【PAPUA CLUB】
住所:山口県下関市福江砂岸709
電話:083-258-5598
営業:10:00~21:00 月休み Pあり

8月 5, 2008 at 11:00 午前 その他の食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

「涼」を求めて「良」に出会会う

街の暑さを忘れるべく涼を求めて向かうは、 近年蕎麦街道化してきた三瀬。 イイ感じの暖簾に誘われて入ったのが「そば処 三瀬 松玄」。三瀬に来た以上、 みつせ鶏は外せまいと頼むは鶏かき揚げセット。程なくして、 きれいに盛られた鶏かき揚げと、端正なざるそば登場。 蕎麦つゆは関東のキリリとした辛口とは異なり、スッキリとした味わいで、ダシの風味も立っている。 甘いというよりも柔らかい味わい。直前にすりおろされたという本山葵は、 山葵もどきでは持ち得ない風味とほんのりした甘味が心地良い。 玄蕎麦1割、丸抜き9割の割合で打ったという十割蕎麦は豊かな風味と、 しなやかさのあるコシにご主人の技量の高さが伺える。 風味豊かな蕎麦に、香り立つ山葵を少しまぶし、 柔らかな蕎麦つゆに軽く浸してズズッと啜れば至福のひと時
脇役かと思っていた鶏かき揚げは、 玉葱を主にした野菜かき揚げに鶏のかき揚げが乗せられた凝った盛り付け。 鶏のかき揚げのシッカリとした鶏肉の味わいもさることながら、 野菜かき揚げの玉葱の甘さが好印象。今日は冷蕎麦だったが、少し暑さが過ぎれば、 温蕎麦も是非味わってみたい。

080804matugen_tenpo080804matugen_01
080804matugen_02080804matugen_03

【そば処 三瀬 松玄】
住所:佐賀県佐賀市三瀬村三瀬岸高2638-7
電話:0952-56-2117
営業:11:30~15:00 木休み Pあり
鶏かき揚げセット(1200円)

8月 4, 2008 at 11:00 午前 蕎麦 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

身体に浸み込む滋味冷麺

昨日のメガカリー攻撃で痛手を蒙った胃袋が求めたのは、 サッパリ冷やし麺。 以前から気になってたピエトロ冷製パスタはこんな時にはまさしくピタリ! 近場のピエトロに立ち寄り、軽めのランチにする。
身体は野菜を欲している。 ならばモロヘイヤとサーモンの冷製パスタで決まりだ。 少し強めの酢と合わされたモロヘイヤは、よくパスタと絡まり美味。 程よい苦味と酸味が疲れた胃袋を癒してくれ、 食欲を沸きたててくれる。パスタってこんなに滋味だっけと思いつつペロリと平らげる。

080803pietro_tenpo080803pietro_pasta

【ピエトロ糟屋店】
住所:福岡県糟屋郡志免町大字御手洗字高原6 福岡東サティ1F
電話:092-626-2880
営業:10:00~22:00 休みなし
モロヘイヤとサーモンの冷製パスタ

8月 3, 2008 at 11:00 午前 その他の麺類 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

味も量もメガ

「ボンカレー食べたい!」
すべては嫁の放ったこの一言が始まりだった。 ボンカレーと言えば大塚食品が誇る世界初のレトルトカレー。 ここんとこ、レトルトカレーと言えばハウスのカレーマルシェばかり。 久々に原点に戻りたくなったのかと思いきや、さにあらず。 嫁の言うボンカレーとは大名にある店の名前とのこと。本当にそんな名前のカレー店があるのか?
店の名前や場所を断片的にしか覚えていないことが日常茶飯事の嫁のことだ、 ボンカレーというのも店の名前の一部だろう。とりあえず、 ボンの付くカレー店をiタウンページで調べてみる。と、 目についたのがボン田中。本人に確認してみるとここで間違いない模様。それにしても、 「ボン田中のカレー」が省略されて「ボンカレー」になるとは、 つくづく侮れない奴だ。
赤坂駅近くの八年カリーボン☆田中へGo! 颯爽と扉を開け・・・れない。というか、 アツイ!直射日光を存分に浴びた扉のノブが絶妙の温度に熱せられてる。この季節、 午前中に行かないと扉と格闘することになるのでご注意の程を。
メニューを眺めていると目に付いたのが「メガカレー」。 通常の1.5倍ということだが、なんとかなるだろうと深く考えることなく注文。 注文時に言われた「大丈夫ですか?」の一言の意味は、メガカレーを目の前にした時に判明。 確かにデカイわ。しかし、やっつけ甲斐があるというもの。それでは早速頂きま~す!
タップリと肉の溶け込んだルーは濃厚で美味。 この味なら一気食いできそう。欠食児童の如く一気果敢に貪り喰う。 ルーとライスの暑さで汗が吹き出る。 途中ハンバーグで若干のペースダウンを余儀なくされたものの、 無事完食。でも、お腹イッパイ!暫くカレーは勘弁だな

080802tanaka_tenpo080802tanaka_curry

【八年カリー ボン☆田中】
住所:福岡県福岡市中央区大名2-3-9
電話:092-737-9692
営業:11:00~22:30 ほぼ無休
メガカリー(1580円)

8月 2, 2008 at 11:00 午前 カレー | | コメント (0) | トラックバック (0)