« 芥屋ニ隠レ家アリ、我伽哩ニ舌鼓ヲ打ツ | トップページ | 正真正銘純正久留米ラーメン »

2008年7月20日 (日)

丘の麓に潜むパン屋さん

粕屋町のようだけど、ギリギリ東区。 博多湾に注ぐ多々良川沿いの江辻山の麓は土建屋、電設屋、生コン工場に田園と、 わざとらしいまでに典型的な農村風景。しかも、道路の両脇は。 常識的に考えれば絶対にナイ場所。 気の利いた料理が出てくる喫茶店なぞ絶対にあるはずがない場所なのに・・・。 ドアを開けたら小洒落た空間。可愛く盛られた料理。 食器は女性の心をくすぐるセンスの良さ
ここの売りはパンのランチ。先ず最初はジャガイモの冷製スープ。 非常に穏やかな味で、ついつい器の内側を舐めてしまいたくなる程。 続いてメインのビーンズと豚肉のトマトスープ煮も丁寧な下処理がされているのか全く嫌味無い。 ビーンズが苦手な嫁も美味しそうに頬張っている。別盛のパスタと合わせるとこれまた絶品。 意外と言っては失礼なのだが、付け合せの茄子の煮浸しがこれまた良い塩梅。 パンは小麦の香りと甘味を生かした味わい。 特に全粒粉の食パンの香りは格別。気がつけば、 メインディッシュそっちのけでパンに夢中。最後はデザートの豆乳と白ゴマのアイス。 パラリとかけられたきな粉が程よい甘さ。 昨日のKOKOPELLiも十分隠れ家的だったけど、 ほのかはそれ以上。帰りにウチの奥様はパン数種をお買い上げ。 明日の朝食が楽しみ~♪

080720honoka_01080720honoka_02
080720honoka_03080720honoka_04
080720honoka_tenpo

【手づくりパンの喫茶店ほのか】
住所:福岡県福岡市東区名子1-13-34
電話:092-691-7008
営業:11:00~18:00 水曜、第2・4木曜休み Pあり
プレートランチ(1200円)

7月 20, 2008 at 02:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/41929612

この記事へのトラックバック一覧です: 丘の麓に潜むパン屋さん:

コメント

コメントを書く