« 新麺啜りで懐かしき味に出会う | トップページ | 芥屋ニ隠レ家アリ、我伽哩ニ舌鼓ヲ打ツ »

2008年7月13日 (日)

猛暑を吹き飛ばす涼やかな妖艶うどん

梅雨が明けてから続くうだるような暑さ。次第に弱っていくエアコンの効き。 日当たり良好な我が家は冬場は至極快適なのだが、夏場は・・・。仕方が無い、脱出だ!
冷たい麺をズズッと啜って一息つきたい。 家に帰るのが夕方ぐらいになるとこがいいなと思いつつ麺処に思いを馳せる。 どうせ出かけるなら何がしか買い物できるところならば嫁の機嫌も損なうこともなかろう。ならば、 吉井町のうどん井戸。近くに道の駅はあるし、 なにより長尾製麺謹製の茶蕎麦うどんは嫁のお気に入り。さあ、 出発だ。
最短距離は朝倉街道経由だが混むのが難点。少しばかり遠回りになるけど時間の読める裏道を1時間程走り、うどん井戸に到着。
暖簾をくぐり、 品書きを記してある黒板に目をやればざるうどん以外終了した模様。 ぶっかけを食べたかったのに残念。とはいうものの、 冷たい麺が残っていただけでも良かった。
嫁共々ざるうどんを注文。 程なくして登場したうどんは烏賊刺しのような透明感をもちつつも極々薄い小麦のベージュを纏った妖艶ないでたち。 鰹の香り穏やかな甘味のあるつけつゆに麺を浸してズズッと啜る。 うまい!本当においしいものに余計な言葉はいらないというが、まさにそのとおり。 普段は私よりも食べるのが遅い嫁が取り憑かれたように次々とうどんを啜り、 すでに食べ終えようとしている。すごい吸い込みだ。 二人そろって瞬く間に完食。今日もおいしいうどんを有難う!
食べ終えた後は、隣の売店で茶蕎麦袋うどんを購入。特に、 茶蕎麦は香りが芳醇で、そのまま食べても美味しいけれど、 瓦蕎麦にすると絶品。こりゃ近いうちに瓦蕎麦だなあ。

080713ido_tenpo080713ido_zaru02
080713ido_zaru01

【うどん井戸(いど)】
住所:福岡県浮羽郡吉井町927
電話:09437-5-3155
営業:12:00~16:00 火曜休み Pなし
ざるうどん(500円)

7月 13, 2008 at 10:00 午前 うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/41828386

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑を吹き飛ばす涼やかな妖艶うどん:

コメント

びっくりした!
って、いきなりすみません。
しかし、こちらにお戻りだったとは。
先ほど初めて気が付きましたよ。
おかえりなさい!

武蔵野うどんとか、いろいろと見識を深められたなべカズさんのブログで、新たな情報が仕入れられるようになって、嬉しい限りであります。

こっちもぼちぼちやってますんで、以前同様よろしくです。

投稿: OGT | 2008/07/21 10:12:39

OGTさんただいまです。
再び福岡の地に戻ってまいりました。
わずか3年で小麦冶が増殖していてビックリです。
だいぶ浦島太郎になってるので、自宅周辺をもう一度洗いなおさないと(笑)

投稿: なべカズ | 2008/07/21 22:23:56

コメントを書く