« 2006年9月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年1月 5日 (土)

新麺啜りで懐かしき味に出会う

新麺明けましておめでとうございます。軟禁状態だった新宿勤務を終え、 昨年の11月に福岡に転勤。2ヶ月を過ぎて、ようやく麺啜りの余裕も出てきたところ。 正月三箇日をウズウズしながら過ごしていると、「ショッピング&うどんを食べたい」という嫁の一言。 条件反射的にパクリと食いつき早速麺処をリサーチ。 行きたがっているイオンモールルクルの近くのうどん店で適当なところを探してみると、 目に留まったのが練り込みうどん権。住所をたよりに地図で探すも該当する番地はなし。ま、 そんなに広いところではないし、 少しばかりウロウロすれば見つかるだろうと気楽に考え車に乗り込みイザ出発
目的地と思しき場所に近づき看板が出ていなかと探していると…
「あっ、あそこ!」
という嫁の一言。
確かに「権」と看板が出ている。間違いない。店に入り、メニューを眺めながら品定め。 王道ごぼう天うどんでいくか。まてよ、かしわご飯とのセットがある。こちらにしようっと!
「ごぼう天うどんセット下さ~い!」
うどんが出来上がるのを待ちつつ、ふと、 隣のテーブルに運び込まれたごぼう天うどんをみると、ごぼう天がそそり立っている。津田屋官兵衛の、 あのごぼう天のスタイルではないか。 もしやと思いテーブルに置いている唐辛子をよく見てみると「豊前裏打会」の文字。 間違いない津田屋縁の店だ。
程なくして、ごぼう天うどんセット登場。先ずはつゆを一啜り。 ほんのりと甘味が広がり次いでだしの風味フワリと広がる。 ホッとするやさしい味。細打ちのうどんは、しなやかな伸びを呈し、 つゆとの相性抜群。 程よく衣につゆを含んだごぼう天は根菜の風味豊かで、 素朴なようでいてその実艶やか。啜り終えれば心も体もポカポカ。 お勘定の際にご主人に尋ねてみれば、やはり津田屋つながり。新年早々に良いうどんに出会えた。 しかも我が家に近いときたものだ。幸先良いぞ。今年も良い年でありますように!



【練り込みうどん権(ごん)】
住所: 福岡県糟屋郡志免町大字南里34-4(県道24号沿いモスバーガー福岡志免店横)
電話:092-935-1177
営業:11:00~22:00 第2・4木曜休み Pあり
ごぼう天うどんセット(700円)

1月 5, 2008 at 10:00 午前 うどん | | コメント (0) | トラックバック (0)