« 濃厚&爽やかな熟練のダブルスープ | トップページ | 定番豚骨ラーメンで博多のリズムを思い出す »

2006年9月 6日 (水)

いい仕事の演出系塩

久々に味彩で啜るべく出かけるも、「都合によりしばらくお休みします」 との貼り紙。ありゃりゃ、何があったのだろう?丁寧にとられたであろうことが如実にわかる、 穏やかなスープが印象的であっただけに残念。はやく再開できることを願わずにはいられない。
ならばと向かったのが16号沿いの宿題店である。 食券機を前に選ぶは塩玉麺。スープの良し悪しを図るには、シンプルな塩が一番。 程なくして登場したラーメンは薄い茶褐色混濁したスープに、 白髪葱水菜のコントラストが鮮やかな演出系。 お玉でスープを掬い喉へと流し込む。 魚粉系風味の和風魚介ダシフワリと香り、 後から豚骨ダシグイっと支えるダブルスープ。 しょっぱからず、薄からず良い塩梅の塩加減。 これにあわされるはモチっとした食感のストレート太麺。スープとの絡みが心配なところだが、 穏やかなれど芯のあるスープは、太麺との相性もバッチリ。 味付け控え目な味玉トロトロの叉焼も、 バランスを崩すことなく味を引き立てる。丁寧な仕事がなされていることが十分に伝わる一杯。 今夜は良い麺に出会えたぞ!
060906kaede_tenpo060906kaede_ramen
【らー麺 楓】
住所:東京都八王子市大和町5-10-1
電話:042-646-6068
営業:11:00~23:00 日曜休み Pあり
塩玉麺(800円)

9月 6, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/11790538

この記事へのトラックバック一覧です: いい仕事の演出系塩:

コメント

コメントを書く