« 北海道秋の味覚爆食行脚~その3~ | トップページ | 北海道秋の味覚爆食行脚~その5~ »

2006年9月16日 (土)

北海道秋の味覚爆食行脚~その4~

スープカレーでパンパンになったお腹の処置を図るべくお散歩スポットへ移動。 その途中、平岸高台公園へ。立ち寄って写真でもと思ったのだが、 とっとと次のスポットへ行けといわんばかりの嫁の視線に負けて、泣く泣く通過。 こんなことなら水曜どうでしょうを借りてきて見せておくべきだった。後悔先に立たず、後に立ちまくり…。 先ほど見た馬車を引く道産子の姿でも思い出して心を癒そう。
後ろ髪惹かれる思いで、お散歩ポイントのモエレ沼公園へ。 駐車場に車を停めて公園に向けてテクテクあるけば、ルーブル美術館も真っ青のガラスのピラミッド。 聖杯が埋まっているのか?!ランドグン教授に会えるのか?!とはしゃいでいると、嫁からは冷たい視線。… く、挫けるものか!公園内はとにかく広い。そして、スッゴク綺麗! こんな公園をタダで利用できる札幌の人たちは幸せだとつくづく思う。
060916sapporo_01060916moere_02
060916moere_01

腹ごなしの散歩が終わったところで小樽へと移動。ホテルで一休みした後、 晩御飯を爆食事すべく夜の小樽の街を闊歩。当然目指すは寿司!地元の人もひいきにするという新岡へ。 店内に入れば先客が数名カウンターで寿司を堪能している。カウンターの中には、 如何にも職人といった出で立ちのご主人。握りのセットを注文。と、手早く、隙が無く、 それでいて丁寧な仕事が目の前で繰り広げられる。思わず見とれてしまう。 程なくして握り様登場
キッチリした仕事のなされたネタが宝石の如き輝きを放って目に飛び込んでくる。寿司を一貫手に取り、 チョコンと醤油をつけ口に運ぶ。と、シャリが淡雪のようにハラリとほどけ、ネタと混ざり合い、 混然となって美味さが口いっぱいに広がる。コイツはイケル! 一つ一つをジックリ味わい、小樽の海鮮を堪能。仕事中は厳しい表情のご主人だったが、 手が空けば途端に笑顔。 寿司を握ることに誇り喜びを感じているのであろう事がヒシヒシと伝わってくる。 こんな寿司屋近くに欲しい!
060916niioka_tenpo060916niioka_sushi

【新岡】
住所:北海道小樽市山田1-22
電話:0134-33-5366

9月 16, 2006 at 11:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/12018335

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道秋の味覚爆食行脚~その4~:

コメント

はじめまして♪

なんともおいしそうな北海道旅行でしたね。
なかでも三色丼にいちばんそそられましたわ…じゅるる☆

といいつつも、もっともツボだったのが
>聖杯が埋まっているのか?!ランドグン教授に会えるのか?!
というくだりです。いや、ランドグン教授には会えないとしても
聖杯は埋まっていそうな気がするのですが(わたしだけ?)。
あ、次点として『平岸高台公園』という文字にも心動かされました(笑)。

てん子ちゃんのブログで、福岡へ帰られるんだと知りました。
いつかお逢いできると嬉しいです。

投稿: ゆうこ | 2007/10/05 16:21:13

嫁に尻叩かれてようやく北海道爆食行脚を書き終えました。
北海道は食道楽にとって楽天地です。おかげで二人とも目方の最高値更新。
今だにもとに戻らず(^^;

投稿: なべかず | 2007/10/09 22:40:49

コメントを書く