« 変わらぬ味にホッと一息 | トップページ | 解禁日まであと2ヶ月 »

2006年9月 3日 (日)

進め!武蔵野うどん探検隊~その12~

果たしてマッチするのだろうか?一啜りするまではそんな疑問が頭をよぎっていた。しかし、 啜った途端そんな不安は消し飛んだ。密度あるガッシリした歯ごたえが身上の麺と、 豚肉の入った濃い目のつゆとの相性が抜群の武蔵野の誇る肉汁うどん。 このスタイルが讃岐の麺とマッチするとはとても思えなかったのだ。 薄いベージュを纏い、 呼子の烏賊刺しの如き透明感ある麺プルンとした食感で喉越し抜群。 小麦の香りを堪能すべく冷やしではなく暖かを頂いたのだが、それでこの食感とは恐そるベシ! 肝心の肉汁は讃岐の麺に合うようにやや辛口のスッキリした味付け。 タマネギやきのこ類が入るかわりに揚げ玉がはいいているところに讃岐としてのこだわりを感じる。 映画UDONで人気再燃の予感ヒシヒシの讃岐うどんだが、 讃岐では味わえない讃岐の麺を生かした肉汁うどん。 東国スタイルながら西国を十分に味わせてくれた一品だった。
絶品うどんを堪能した後はその足でサイボクハムに立ち寄り肉類を物色。 スペアリブを頬張るべく出店に向かうも凄まじい行列のため断念。 そのかわり出来立てのコロッケを頬張りながら園内を散策していると、すっかり実の膨らんだ林檎発見。 もう秋はそこまで来ているんだなぁ。どうりで、我が家では夜になるとコオロギの声を聞くわけだ。
060903darumaya_tenpo060903darumaya_nikujiru3
060903darumaya_nikujiru2060903darumaya_nikujiru1
060903saiboku_01060903saiboku_02
【だるまや】
住所:埼玉県日高市高萩1853-1
電話:042-985-1717
肉汁うどん(630円)

9月 3, 2006 at 10:00 午前 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/11751044

この記事へのトラックバック一覧です: 進め!武蔵野うどん探検隊~その12~:

コメント

おやおや、ブログ本格再開ですかぁ!
武蔵野うどん探検隊の
よりディープな探索活動、期待しておりマス。

投稿: への | 2006/09/05 16:14:07

へのさん、お久し振りです。

ようやく人間らしい生活に戻りました。(^.^;

もうすぐシティーマラソンですね。残暑厳しい9月のハーフは脱水症状との闘いなんで、こまめに給水しないと最後バテバテになります。(経験者)

宮崎よりも心持ち早い程度のつもりで走れば1時間50分は十分狙えると思いますよ!

投稿: なべカズ@日野 | 2006/09/05 23:26:48

コメントを書く