« こんな時には有難や、庶民派中華 | トップページ | やっぱり、鳶には油揚げだね~ »

2006年3月 2日 (木)

素材引き立つ柔らか塩

今夜は職場近傍のラーメン店の定期チェック。向かうは新規開店して程なく一時休業。 今年に入り営業を再開した叉焼家。しばらくヤキモキさせた実績があるだけに開いているか不安。 東八手前のセブンイレブンを過ぎ、右手を見ると…開いてた! よく考えりゃ普通のことなのだが去年が去年だっただけになんかホッとする。
今夜は何にしようかと考えていると「塩」の文字が目につく。食券を渡し出来上がりを待つ。 程なくして塩ラーメン様登場。見て驚いたのはその透明度。 普通のラーメンが白濁系なので、塩も白濁系だろうと勝手に思っていたので思わず驚いてしまった。 蓮華を手に取り一掬い。スープの味を確かめる。 昆布を中心とした旨味ジワリジワリと広がる優しいスープ。 実に穏やかな塩味。麺は細麺と太麺を選べるのだが今回は未食の太麺を選択。 小麦の香る素朴な麺なのだが、 スープとのバランスを考えるとあまり主張しすぎない素朴な味わいは正解かも。 麺もスープもイイ感じなのだが、それより何より叉焼が凄かった。タレの味でバランスを取る叉焼が多い中、 肉そのものの旨味で勝負している。肉汁の濃さは他にはなかなか無いもの。 叉焼家の名前に恥じぬ叉焼の美味さに感心。
060302chashuya_tenpo060302chashuya_shio
【叉焼家】
住所:東京都府中市新町1-65-21
電話:042-302-7715
営業:18:00~23:00頃 月曜・火曜休み Pなし
天然こだわり塩ラーメン(650円)

3月 2, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8917173

この記事へのトラックバック一覧です: 素材引き立つ柔らか塩:

コメント

コメントを書く