« ちらしって良いもんですねぇ~! | トップページ | 洋食屋の定番メニューに舌鼓 »

2006年3月 5日 (日)

真面目な仕事光る田舎蕎麦

ドコモ中央以外の契約とでもファミ割が出来るとの話を聞きドコモショップで詳細を聞くことに。 電車で行こうかと思ったのだが、今日は昨日よりもポカポカの小春日和。そういや、 最近セカンドカー(チャリ)を構っていないし、久々に乗ってやっか。
で、チャリでドコモショップ@高幡不動に移動。外から見るとかなりの待ち人数。 恐る恐る店員さんに聞いてみると15人待ちだとか。 間違いなく2時間オーバーの待ち時間。 ファミ割の詳細を聞くだけの為にそんなに待つなんてありえない。 続いて聖蹟桜ヶ丘に行くもここも大混雑。 更に立川まで足を伸ばすが同様に撃沈。今日は諦めよう…。
ふと、時計を見れば13時半。昼ごはん食べないと。 啜り場所を求めて立川周辺をサクっと散策。と、 目に付いたのが蕎麦屋のかめ井。一度訪れた時は中休みだった店。今日はここで一啜りといくか。
ガラリと戸を開け店内へ。一啜りだけと思っていたのだが、口をついて出たのは「だし巻き、板わさと冷酒」 。昼間に蕎麦屋に来たら当然昼酒でしょう。 旨味タップリの瑞々しいだし巻と魚の身の旨味をヒシヒシと感じる板わさに舌包みを打ちながら冷酒をグイッ! 冷酒を楽しんでいると先客のご夫婦とブリの話で盛り上がり、 そこにご主人も加わりプチ宴会状態。楽しくお酒を頂いた後は、 〆に冷そば。 頼むはご主人が週一で蕎麦挽きに行かれているという小菅のそば。 程なくして登場した小菅そばは色黒太目の田舎蕎麦風。 何もつけずに啜ってみる。と、 蕎麦の甘味香りが押し出すように広がる。 見た目も太い味わいも太いぞ! 鰹が強く香るそばつゆに負けない力強さ。啜るスピードが加速しあっという間に完食。 程よい満腹感に程よい酔い心地。それもこれも、 美味い酒美味い蕎麦があってのこと。 今度は先客の語風のように私も連れ合って啜りに来たいなぁ。
060405kamei_tenpo060305kamei_up
060305kamei_kosuge060305kamei_itawasa
060305kamei_dashimaki
【かめ井】
住所:東京都立川市羽衣町3-2-17
電話:042-524-8101
営業:11:30~14:30,17:30~20:00 月曜、第2火曜休み Pなし(近傍に有料Pあり)
小菅そば(1,200円)
だし巻(500円)
板わさ(650円)
冷酒小(400円)※銘柄は桂月(高知)

3月 5, 2006 at 10:00 午前 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8966995

この記事へのトラックバック一覧です: 真面目な仕事光る田舎蕎麦:

» 湯布院・いづみやさんで地鶏の刺身を初体験【黒川温泉 やまびこ旅館 情報】 トラックバック 黒川温泉 やまびこ旅館 情報
湯布院のいづみやさんで鶏の刺身(もちろん生)を食べました。もちろんモモ菓子初体験。臭いもなく、くせもなく、とても美味しい~。また食べたいです。 続きを読む

受信: 2007/03/30 13:22:10

コメント

コメントを書く