« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月 5日 (日)

真面目な仕事光る田舎蕎麦

ドコモ中央以外の契約とでもファミ割が出来るとの話を聞きドコモショップで詳細を聞くことに。 電車で行こうかと思ったのだが、今日は昨日よりもポカポカの小春日和。そういや、 最近セカンドカー(チャリ)を構っていないし、久々に乗ってやっか。
で、チャリでドコモショップ@高幡不動に移動。外から見るとかなりの待ち人数。 恐る恐る店員さんに聞いてみると15人待ちだとか。 間違いなく2時間オーバーの待ち時間。 ファミ割の詳細を聞くだけの為にそんなに待つなんてありえない。 続いて聖蹟桜ヶ丘に行くもここも大混雑。 更に立川まで足を伸ばすが同様に撃沈。今日は諦めよう…。
ふと、時計を見れば13時半。昼ごはん食べないと。 啜り場所を求めて立川周辺をサクっと散策。と、 目に付いたのが蕎麦屋のかめ井。一度訪れた時は中休みだった店。今日はここで一啜りといくか。
ガラリと戸を開け店内へ。一啜りだけと思っていたのだが、口をついて出たのは「だし巻き、板わさと冷酒」 。昼間に蕎麦屋に来たら当然昼酒でしょう。 旨味タップリの瑞々しいだし巻と魚の身の旨味をヒシヒシと感じる板わさに舌包みを打ちながら冷酒をグイッ! 冷酒を楽しんでいると先客のご夫婦とブリの話で盛り上がり、 そこにご主人も加わりプチ宴会状態。楽しくお酒を頂いた後は、 〆に冷そば。 頼むはご主人が週一で蕎麦挽きに行かれているという小菅のそば。 程なくして登場した小菅そばは色黒太目の田舎蕎麦風。 何もつけずに啜ってみる。と、 蕎麦の甘味香りが押し出すように広がる。 見た目も太い味わいも太いぞ! 鰹が強く香るそばつゆに負けない力強さ。啜るスピードが加速しあっという間に完食。 程よい満腹感に程よい酔い心地。それもこれも、 美味い酒美味い蕎麦があってのこと。 今度は先客の語風のように私も連れ合って啜りに来たいなぁ。
060405kamei_tenpo060305kamei_up
060305kamei_kosuge060305kamei_itawasa
060305kamei_dashimaki
【かめ井】
住所:東京都立川市羽衣町3-2-17
電話:042-524-8101
営業:11:30~14:30,17:30~20:00 月曜、第2火曜休み Pなし(近傍に有料Pあり)
小菅そば(1,200円)
だし巻(500円)
板わさ(650円)
冷酒小(400円)※銘柄は桂月(高知)

3月 5, 2006 at 10:00 午前 蕎麦 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土)

ちらしって良いもんですねぇ~!

先月、昼時訪れて好印象だったたべごろ寿司ランチ。 8種類あるメニュー中から今回選んだのはちらし寿司。 板場でテキパキと仕上げられ程なくしてちらし寿司登場。コハダ、鰤、 鮭、烏賊、マグロ、いくら、甘エビ等々、タップリの魚介。う~ん、美味そう! ちらし寿司の食べ方は、わさび醤油をかける食べ方とネタに山葵を載せてから醤油に漬ける食べ方があるが、 私は後者の方。前者はお気軽に食べれるのだが、 後者の方がわさびの香りを楽しめる。 酢飯はやや甘目で握りとは味付けを変えている。 ネタと合わせて食べるとこれが良い塩梅。一見すると少なそうに見えたのだが、 食べ終われば程よい満腹感と満足感。ご主人、今日もご馳走様でした!
060304tabegoro_tenpo060304tabgegoro_sushi
【寿司彩采 たべごろ】
住所:東京都日野市南平7丁目19-20
電話:042-594-6666
営業:11:00~14:00,17:00~22:00 月曜休み Pなし
寿司ランチ(1000円)

3月 4, 2006 at 10:00 午前 その他の食べ物 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

やっぱり、鳶には油揚げだね~

同僚たちに呆れられながら、飲み会の後の一啜り九州男児ふうやが定番なのだか、 いつもいつもそこばかりでは芸が無い。てな訳で、 チョイと散策しようと歩き始めりゃ目に付いたのがとんび武蔵野うどんに寄る度に気になりつつも未訪問。 ガラリとガラス戸を開ければ店内はカウンター席のみ。いかにも駅前という感じ。頼むは飲んだ後であるし、 無難であろう中華そば。 出来上がりを待っていると目の前の七輪でご主人が油揚げ叉焼を焼き始める。 店名がとんびだけに油揚げときたか!
先客がラーメンを待っている様子だったので、てっきり自分のでは無いと思っていたら、 炙り叉焼油揚げが盛り付けられ目の前に登場。へぇ~、 中華そばで油揚げとは珍しい。それらに加え、水菜、刻みタマネギ、葱、 木耳と見た目も鮮やか。スープは混濁した茶褐色。 何はともあれ一啜り。ホンノリと甘味のあるスープは鶏がら、 魚介の旨味と風味をトンコツダシが支えている感じ。 そして柚子がホンノリと香る。緩く縮れたパサッとした食感の細麺。 まるでふうや。 そして炙り叉焼はまるで九州男児。炙りが丁寧な分、 こちらの方が美味い。油揚げをさらう鳶の様にいいとこどりときたか。
と思ったのだが、炙り油揚げは下味が付いていて、 スープを含むとこれがイイ感じで中々美味。 ラーメンに油揚げとは奇をてらっただけかと、思いの他相性がいい。 もっと油揚げを生かせばオリジナリティーが増すのになぁ。
060303tonbi_tenpo060303tonbi_ramen
【中華そば とんび】
住所:東京都府中市府中町1-5-6
電話:042-334-7771
営業:11:30~14:30,17:30~24:00(土日は中休み無し、22:00まで)  月曜休み Pなし
中華そば(600円)

3月 3, 2006 at 10:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

素材引き立つ柔らか塩

今夜は職場近傍のラーメン店の定期チェック。向かうは新規開店して程なく一時休業。 今年に入り営業を再開した叉焼家。しばらくヤキモキさせた実績があるだけに開いているか不安。 東八手前のセブンイレブンを過ぎ、右手を見ると…開いてた! よく考えりゃ普通のことなのだが去年が去年だっただけになんかホッとする。
今夜は何にしようかと考えていると「塩」の文字が目につく。食券を渡し出来上がりを待つ。 程なくして塩ラーメン様登場。見て驚いたのはその透明度。 普通のラーメンが白濁系なので、塩も白濁系だろうと勝手に思っていたので思わず驚いてしまった。 蓮華を手に取り一掬い。スープの味を確かめる。 昆布を中心とした旨味ジワリジワリと広がる優しいスープ。 実に穏やかな塩味。麺は細麺と太麺を選べるのだが今回は未食の太麺を選択。 小麦の香る素朴な麺なのだが、 スープとのバランスを考えるとあまり主張しすぎない素朴な味わいは正解かも。 麺もスープもイイ感じなのだが、それより何より叉焼が凄かった。タレの味でバランスを取る叉焼が多い中、 肉そのものの旨味で勝負している。肉汁の濃さは他にはなかなか無いもの。 叉焼家の名前に恥じぬ叉焼の美味さに感心。
060302chashuya_tenpo060302chashuya_shio
【叉焼家】
住所:東京都府中市新町1-65-21
電話:042-302-7715
営業:18:00~23:00頃 月曜・火曜休み Pなし
天然こだわり塩ラーメン(650円)

3月 2, 2006 at 10:00 午前 ラーメン | | コメント (0) | トラックバック (0)