« 空腹は最高の調味料…だけどねぇ | トップページ | 素材引き立つ柔らか塩 »

2006年2月28日 (火)

こんな時には有難や、庶民派中華

都内各所に南京店、東京亭、とんこつ亭といったチェーン店を展開する南京亭グループ。 ここの特徴は普通に調理される中華を24時間提供していること。おかげで、早朝・ 深夜は職業ドライバーの利用が多い。晩飯にありつけずシューシューとプレゼン資料を仕上げ、 仕事を終えれば22時過ぎ。腹減った~。というか倒れそう。 早く晩飯食べないと気絶するぞ、マジで
思考能力低下する中向かったのは国立府中IC近くの南京亭。前述の通りここは休みなし。 店内に入りカウンター席につく。「ガッツリ食べたし、されど麺は啜りたし」 と思いながらメニューを眺めていると目に付いたのが炒飯とミニラーメンのAセット
出来上がりを待つこと少々。ドドンとAセット登場。なんちゃない中華屋さんの醤油ラーメンに炒飯。 特徴があるとすれば、炒飯がここいら界隈では多い、 刻みナルトがしこたま入ってるタイプということぐらい。
ラーメンのスープを啜れば、よく炒飯とセットででてくるスープの味。でも、これでいいのだ。 こいつのメインはあくまでも炒飯でラーメンは。 とりたてて美味い訳でもないが不味くも無い。無難な味付けなのだが、 今日のように残業が長引いた時には有難い存在だ。
060228nankintei_tenpo060228nankintei_set
【南京亭】

住所:東京都国立市谷保471-1
電話:042-577-7088
営業:24時間 休みなし Pあり
Aセット(850円)※炒飯とミニラーメンのセット

2月 28, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8904480

この記事へのトラックバック一覧です: こんな時には有難や、庶民派中華:

コメント

コメントを書く