« 今年も来ました、ホノボノカレー | トップページ | あな面白、お茶漬け膳 »

2006年2月15日 (水)

麻!辣!広!!

久し振りにグッと来る醤油を啜るべく同僚と所沢の嘉藤に向かうも臨時休業。 どうやら支店立ち上げのため、そちらに全力投入している模様。支店は我が家からはチト遠いので、 はやく軌道に乗って再開して欲しい。
さて困った。気分はすっかり嘉藤だったので呆然自失。 心を落ち着かせ頭をひねる。おお、そうだ。醤油じゃないけど絶品坦々麺の龍の子があるじゃないか。 飯能在住の同僚に尋ねてみると未訪問とのこと。よしよし、 今夜は龍の子で一啜りだ!
店に入り、メニューを眺める。と、同僚はとあるページを開けたまま固まっている。 何を見ているのかと思えば、一品料理。それも酒の肴系。 ここでグイッと飲んで一時の快楽に身を委ね、 後から嫁の冷たい視線に晒され針のムシロ状態になるか、 飲みたい気持ちを抑えて夫婦円満と行くか葛藤している模様。「飲んじゃえばぁ~」 と、悪魔の囁きで後押しするも、般若の形相になった嫁の顔が脳裏をよぎったらしく、 未練を残しながら諦めた模様。なんだ、つまらん
さーて、今夜は何を啜ろう?黒胡麻坦々麺の爽やかな胡麻風味も良いのだが、 麻辣坦々麺は未食。今夜はこれにしとこう。待つことしばし。 麻辣坦々麺登場。と、湯気と共に香るは中国山椒。 そしてタップリの香菜。スープを啜れば舌がしびれるほどの山椒の麻。 その後じんわりとが襲ってくる。 辛いのに爽やかという不思議な感覚。まさに麻辣坦々麺の醍醐味。 そして何よりも特筆すべきは。かなり幅広の平打ち麺。 モチっとした食感で、これが独特の刺激のある麻辣スープと良く馴染む。 摩訶不思議なスープに摩訶不思議な麺の奏でるアンサンブルにスッカリ魅了される。 やっぱ、龍の子は凄いわ
060215ryunoko_tenpo060215ryunoko_tantan060215ryunoko_up
 【龍の子】
住所: 埼玉県所沢市日吉町9-2
電話:04-2921-7139
営業:11:00~24:00 休みなし Pなし
麻辣坦々麺(750円)

2月 15, 2006 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8864688

この記事へのトラックバック一覧です: 麻!辣!広!!:

コメント

コメントを書く