« ご主人の温かみ伝わる鴨と蕎麦 | トップページ | コスパ高し、でも微妙~ »

2006年2月21日 (火)

天下を取るは荊の道か?

定点観測しているMan太郎さんとこの掲示板に、 福生の一番本店天下布武と名前を変えてオープンとの情報。 埼玉在住時に本田工場近くの新狭山店で食したのが一番系列の啜り初め。以来、 一番系列の虜。 その大元となった福生の本店がリニューアルした上に名前を変えたとあれば行かねばなるまい。 店名から伺える意気込みや如何に?!
新奥多摩街道ひた走っていると、 いつもの黄色いテントならぬ黄色い看板ドドンと出現。 何となく府中の百万豚に似ている。入り口においてあるラーメンの赤い看板は以前と同じ。 店内に入り券売機へ信長とか家康とか秀吉とか、 名前だけでは一体何のラーメンかは良く分からないネーミング。戦国を意識してるのであろう。 券売機の上に書いてある説明書きを読み、一番オーソドックスな織田(トンコツ醤油)の味玉入りを選ぶ。 カウンター席に座り出来上がりを待つ。 程なくして登場したラーメンは心なしか一番の時よりも醤油ダレの色が薄目。 蓮華に掬い一啜りして味を確かめる。見た目どおり、 醤油の味控え目になり、塩分も少なくなっている。しかし、 スープそのものの濃度というかトロミは以前より増している感じ。 良く言えば卆の無い味。悪く言えば無難。麺は極細ストレート。当然、 唐辛子入りの赤玉もある。ズズッと啜り終えご主人と少しばかり話をしてみると、 以前の一番の時のお客さんは少なくなったとの事。 確かに名前がまるっきり異なっていれば躊躇してしまうというもの。入り口に 「赤玉アリマス」とか貼り紙があれば一目で一番系だと分かるのに。 良くも悪くもとげの無くなった味になったが、ラーメンに対するご主人の意気込みが感じられるだけに、 再び一番の時のような賑わいをみせて欲しいと願わずにはいられない。
060221tenkafubu_tenpo060221tenkafubu_oda
【天下布武】
住所:東京都福生市加美平3-7-10(新奥多摩街道沿い)
電話:042-553-6447
営業:11:30~15:00,19:00~01:00 7のつく日が休み Pあり(向側)
織田味玉(650円)

2月 21, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8869748

この記事へのトラックバック一覧です: 天下を取るは荊の道か?:

» 本日のメモ 6/17 トラックバック ラーメン大好き小○さん (1ヶ月で100軒制覇に挑戦したブログ!!)
さて、本当に久しぶりの本日のメモ更新です。 またぼつぼつ始めていきたいと思います。 さあ、今日も今日とてユカイなラーメンブログを発掘したり、ラーメンニュースをチェックします。 ■ニュースクリップ 朝日新聞から 酒提供のラーメン店経営者の妻を送検 ....... 続きを読む

受信: 2006/06/17 9:11:06

コメント

コメントを書く