« つくば麺行脚~その1~ | トップページ | ほんわかトンカツに心暖まる今日この頃 »

2006年1月 7日 (土)

つくば麺行脚~その2~

次いで向かったのは、コイタさんの同僚がお薦めという大河。 車窓からの景色がどんどん寂しくなる。というか、民家が消えた…。 そしてゴルフ場が迫ってくる。 ヲイヲイと思っているとゴルフ場に突入する手前に大河の看板。 えらいところにあるものだ。先ほどの丸長は繁華街から外れてはいるものの、 それでも周りは住宅地。大河の辺鄙さとは比較にならない。 そんな場所だというのに駐車場は満杯。つくばのラーメン店ってどうなっているだろう? 民家の1階を改装したような店舗の、これまた民家のような玄関の引き戸を開けて店内に入れば、 中はしっかりラーメン店している。しかも、券売機がある。 このギャップだけで既にノックアウト寸前
気絶しないよう気合を入れて選ぶはデフォルトであろうさっぱりラーメン&味玉。 いかにも職人といった無愛想なご主人に券を渡す…と、味玉の券が無い! 券売機を見ても無い!思いっきりあせる。落ち着いてよ~く券売機を見てみると、 券が途中で引っかかって半分だけ顔を覗かせているではないか。ああ、ビックリした。 振り返り券を渡そうとすると、一部始終を見ていたご主人がニヤリ。先ほどの無愛想さはどこかへ。
カウンター席に着き待つことしばし。綺麗に盛り付けられたラーメン様登場。茶褐色に混濁したスープ。 蓮華で掬い啜ってみると穏やかな甘味魚介の風味。 そして焦がし葱が香る。決して薄くない味付けだが後口はスッキリ。 と、気になるのはコイタさんの頼んだこってりラーメン。 こちらも一口啜らせてもらう。 背脂のおかげで独特のまろやかさがイイ感じ。 確かにこれなら辺鄙なこの場所に足を運ぶ価値がある。 ツルシコストレート麺との相性も良く、 切り落としの叉焼もスープとのバランスを考えた味付け。一つ一つが丁寧で、 なおかつバランスの良いラーメン。レベル高い。 それだけに惜しいのは味玉。 表面にほんのりとタレがついているだけでほとんど半熟玉子。 この味玉さえ良くなれば非の打ちどころがなくなるのに。
060107taiga_tenpo060107taiga_ramen
060107taiga_kotteri ※こちらがこってりラーメン
【大河】
住所:茨城県つくば市大字片田23-15
電話:0298-36-4772
営業:11:30~14:00,17:30~20:00 月曜休み Pあり
さっぱりラーメン(600円)
味玉(100円)

この後、腹ごなしに筑波山参り。 正月は下の参堂から境内まで埋め尽くされるという。 ちなみに写っている狛犬にはおみくじがたんまり結ばれているのだが、反対の右側の狛犬はプレハブに隠れているせいか綺麗なまま。 参拝の後に筑波山の山頂を制覇し、 腹ごなしが終わったところでつくば駅に移動してドンチャン宴会。 ちなみにつくば23時過ぎの快速が我が家にたどり着く終電。 やはりTXって便利なんだなあ

060107tsukuba_01060107tsukuba_02
【筑波山】
標高:男体山(871m),女体山(877m)

1月 7, 2006 at 11:00 午前 その他アウトドア, ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8111559

この記事へのトラックバック一覧です: つくば麺行脚~その2~:

コメント

先日は楽しく飲み食い&一応登山ができて満足な一日でした。
次は東京でやりましょう ^^

投稿: コイタ | 2006/01/13 22:17:39

コイタさん、どうもお世話になりました。
ケーブルカー利用の超軟弱登山でしたが、やっぱ山はイイですね!

今度は、ジュニア達を連れて散策しましょう。春の高尾山はお手軽で見所も多いので是非。

投稿: なべカズ@日野 | 2006/01/16 7:45:28

コメントを書く