« イイ感じに変わってきたクセ者トンコツ | トップページ | 職人の技光る格安寿司ランチ »

2006年1月27日 (金)

素朴な支那そばに思う

「武蔵小杉の法政通りにトンコツで有名な店があるらしいんだけど。」
退社の準備をしている最中に悪友からメールが入る。 店の名前が分かっているのかと思いきやそうではないらしい。仕方が無い、調べてみるとするか。 何かと重宝している携帯サイトの超ラーメンナビで調べてみたところ、 何軒か該当しそうな店はあるものの特定までには到らず。 有名というのならば夕食の時間帯だしお客さんの入りが多いはず。とりあえず法政通りに行ってみるか。
悪友を途中でピックアップし現地へ向かう。おそらく、 ここであろうという店の前に来たものの客の入りは今ひとつというか、 誰も入っていない。 もう一軒の候補のところに行ってもこれまた閑古鳥。 地雷を踏むことに慣れていない悪友は踏み込む勇気が無い模様。結果、散策中に見かけたやたらと客の入っているラーメン屋で啜ることに。 店内で待つことしばし。順番が回ってきて支那そばにありつく。 綺麗に澄んだ醤油スープ素朴な麺。それにシナチク、叉焼、 ナルトと王道の支那そば。 スープを啜れば鶏がらベース懐かしい味。 麺は見た目どおりパサッとした食感で素朴な味わい。 良くも悪くも昔ながらの支那そば
個人的には好きな味なのだが、 順番待ちをしてまで啜るかというと微妙。なんたって、 八王子界隈にはこの手のラーメンがゴマンとある。 地元に根付いた素朴系のラーメンは、 フラリと入ってサラリと啜れるのが自然なスタイルじゃないかな。
060127marusen_tenpo060127marusen_ramen
【丸仙】
住所:神奈川県川崎市中原区小杉町3-66
電話:044-722-2827
営業:11:30~21:00頃 木曜休み Pなし
支那そば(600円)

1月 27, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8479079

この記事へのトラックバック一覧です: 素朴な支那そばに思う:

コメント

コメントを書く