« こんな時に助かる馴染みのチェーン店 | トップページ | 大和への情熱こもる尾道ラーメン »

2006年1月19日 (木)

益々熟成、美麗秀麗中華そば

役所に用事があって昼休みにプチお出かけ。当然、 ついでに一啜り。今日は久し振りにふくみみに突撃。開店時間が短く、 昼時は行列覚悟の店なのだが、普段の行いが極めて良いせいであろうか、 今回も並ばずに中華そばにありつく。 チョコンとのった貝割れ大根が特徴の中華そばは、 鶏がらベースの透き通ったスープに艶やかな細麺。 蓮華でスープを掬い、口へと運べば鶏の穏やかな味がゆるりと広がる。いつもながらのふくみみの味。 このシミジミとした味わいは何度啜ってもイイ感じ。ツルッ& プリッとした細麺はヤヤ硬さがあったのがいい塩梅で緩さを持ち合わせるようになっている。 変わっていないようでシッカリ進化している。以前のバランスでも十分に満足できるものだったのだが、 更にレベルを上げている。久々に唸ってしまった。おかげで、 サイドメニューで頼んだ辛味ご飯のことはほとんど記憶に残って無かったりする。
060119fukumimi_tenpo060119fukumimi_ramen
【ふくみみ】
住所:東京都府中市美好町1-19-6
営業:11:30~15:30 日月祝休み Pなし
中華そば(500円)
味玉(100円)

1月 19, 2006 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/8442884

この記事へのトラックバック一覧です: 益々熟成、美麗秀麗中華そば:

コメント

コメントを書く