« 今年は来るか?サンタクロース! | トップページ | 柚子香る濃厚支那そば »

2005年12月26日 (月)

庶民の町の庶民の麺屋

ここのところシャッターが閉まりっぱなしだった叉焼家。 川崎在住の悪友へ有馬記念の払戻金を渡しに行く途中に寄ってみるとトンコツと格闘しながら仕込みの準備をしている。 明日あたり営業再開間違い無し。 一時期はどうなってしまったのかと心配していただけにホッと胸を撫で下ろす。
川崎に着けば20時前。丁度夕食時。近くのラーメン屋で気になるところがあると釣ってみる。見事ヒット! しめしめ、仮に地雷だとしても一人で爆死することは無くなった。悪友宅からテクテクと歩き、程なく到着。 お風呂屋さんのような入り口から入れば、 店内もお風呂屋さんのようなつくり。 メニューを眺め選んだのは一番味が分かるであろう豚塩らーめんに外れた時の保険としての焼豚丼。 程なくして登場したラーメンは薄いベージュ色白濁スープの上に、 叉焼・シナチク・ナルト・葱が乗せられた品の良い出で立ち。 スープを啜れば魚粉系の魚介風味が広がり、トンコツが芯を支える。 味的には濃い目なれど、コッテリではなくアッサリとした後口。 当たりだ。麺は微妙に橙色の入った細縮れ麺。長さや縮れの具合が絶妙なのと、 モッチリ感とツルシコ感のバランスが良いおかげでスルスルと喉を通る。麺・ スープ共に高レベル
ラーメンを啜り終えたところで焼豚丼に突入。甘目のタレがご飯とイイ感じに絡む。 パクパクと食べているとご飯の中から何かが…。 入っていたのはほぐし身。小技が効いてる!
これでイイ値段取るかといえばそんなことは無い。ソフトドリンクが150円程度だったり、ライスが50円だったり、 更にはミニラーメンを用意していたりと庶民の心を捉える値付け。心憎い!
051226yuyaken_tenpo051226yuyaken_ramen
051226yuyaken_don

【麺屋 湯や軒】
住所:神奈川県川崎市中原区新城5-10-11 アルコープ1F
電話:044-797-6368
営業:11:30~14:30,17:30~24:00 木曜休み Pなし
豚塩らーめん(600円)
焼豚丼(380円)

12月 26, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7859967

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民の町の庶民の麺屋:

コメント

コメントを書く