« アリと言えばアリのスープラーメン | トップページ | 新店、白河中華そば »

2005年12月17日 (土)

ライトタッチ坦々麺

電気シェーバーでジョリジョリと髭を剃っていると妙な違和感。何だろうと思い見てみれば、 網刃にぽっかりが開いている。購入以来約5年。一度たりとも刃の交換なんぞしていない。磨耗し、 薄くなった網刃が髭の硬さに耐え切れず崩壊した模様。仕方が無い、替え刃を調達しに行くか。 近場のヤマダ電機に合うものがあったものの、色違いの為却下。 ポタリングがてら八王子のヨドバシまでチャリで散歩でもすっか。
寒風吹きすさぶ中、ノンビリと浅川沿いを走りヨドバシに到着。難なく替え刃をゲットし、 その足でチョイとかん世で一啜り。 今日の曜日変わりそばは焦がし葱坦々そば。じゃあ今日はコレだな。 店内に入り待つことしばし。焦がし坦々そば様登場。先ずはスープを一啜り。ん? なんか焦げ臭いと思ったらこんがりと狐色を通り越すまで揚げられた玉葱があるではないか。 確かに「焦がし」だ。でも、チトやりすぎでないの?スープそのものは濃度はあるものの、 適度なカプサイシンでお気楽に啜れる。細麺との相性もイイ感じ。 味わえば味わうほど焦がし玉葱が無くてもいいのではないかと思ってしまう。油の量や麺の硬さをオーダー出来るみたいだけど、 焦がし具合もオーダー出来ればなぁ。作りが丁寧なだけに、つい惜しく思ってしまう。
051217kanse_tenpo051217kanse_ramen
【かん世】
住所:東京都八王子市横山町11-7 大浜ビル1F
電話:0426-43-2300
営業:11:30~23:00 休みなし Pなし
焦がし坦々そば(700円) ※火・木・土・日のみ

12月 17, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7711676

この記事へのトラックバック一覧です: ライトタッチ坦々麺:

コメント

コメントを書く