« 清く正しい大衆中華のラーメン | トップページ | 四川の技光る坦々麺 »

2005年12月21日 (水)

素朴な味わいに心緩む長浜ラーメン

そろそろ開いているかと思い、叉焼屋に向かうもシャッターは閉まったまま。でも、 求人の貼り紙がしてあるところから察するに閉店となった訳では無い様子。もしかして営業時間が変わったのか? それにしても夕方6時過ぎで閉まるということはないはず。一体どうしたんだろう?仕方がない。 別のところで啜るとしよう。
久し振りに国立の九州一番に立ち寄ってみる。と、店の入り口には「餃子半額」 の看板。かなりソソられる。店内に入り、ラーメン、餃子、 半ライスとラーメン定食の王道的品を注文。 非常にオーソドックスなスタイルのトンコツラーメンは味わいもオーソドックス。 巷に溢れる演出系ではなく、素朴な、 福岡のラーメン食堂で味わうようなトンコツダシ。郷愁を憶える味は相変わらず。 パサッとした食感の細麺に、飾り気の無い叉焼が更に雰囲気を盛り上げる。 半額の餃子はいたって普通の焼餃子。餃子としては格別美味ではないが、この素朴なラーメンにはマッチしてる。 これで明太ご飯高菜炒飯があれば言うこと無し。
051221kyushu_tenpo051221kyushu_ramen
【九州一番 国立店】
住所:東京都国立市谷保546-1
電話:0425-71-6322
営業:11:00~22:00(土日~24:00) 休みなし Pなし(店の前に路駐可)
ラーメン(600円)
餃子(200円)※半額サービス
半ライス(150円)

12月 21, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7811888

この記事へのトラックバック一覧です: 素朴な味わいに心緩む長浜ラーメン:

コメント

コメントを書く