« 四川の技光る坦々麺 | トップページ | 記憶のかなたの一啜り »

2005年12月23日 (金)

牛蒡天思い出す塩豚骨

今夜の知人来訪に備え、 目ぼしいダイニングバーショットバーの場所を事前に確認するためチャリで立川までお出かけ。 ダイニングバーはあっさりと分かったものの、 ショットバーはチョイと分かりづらい場所にあり手間取る。場所確認の後、 WINSに立ち寄り有馬記念の馬券発売時間をチェック。一通り所用を済ませ一啜りするために散策。
と、目に付いたのは鏡花。 前を通りつつも駐車場が近傍に無いためつい入りそびれていた宿題店。掲示板を見れば 「旬材豚骨」なるラーメンが季節ものとしてある模様。無化調かぁ…。 スープのダシがダイレクトに分かるだけに外れた時はダメージ大きいんだよなあ。まあ、 食べてみないことには分からない。無化調ならば腕の程度も分かるというもの。地雷覚悟で入ってみるか。
食券機で旬材豚骨を選びカウンター席へ。暗く照明が落とされ、 ラーメンが出されるであろう場所にスタンドライトが照らされた店内は妙に静か。 一蘭も家族団らんが出来ないが、 ここも別の意味で団らんには程遠い空気。ラーメンが出来上がるまでの間、息をひそめてジッと待つ。 環境音楽の小鳥のさえずりが変に耳につく。店員さん達は、 この不自然な環境で仕事をしていて精神的にヤバクならないのだろうか? ある意味ここでの仕事は重労働かも。
程なくして登場した旬材豚骨ラーメン。スープを蓮華に掬い一啜りすればフワリと広がるトンコツダシ。 素直な味わい。だが、無化調ゆえのパンチの無さを補うためか塩分が強め。もう少し控え目なら好みなのに。 でも、具材の白菜との相性は悪くは無い。 このラーメンでとりわけ気に入ったのは牛蒡フライ。カリット揚げられたフライが適度にスープを含み、 しんなりとなった食感は、博多の牛蒡天うどんを思い出させる。ああ、 牛蒡天うどん食いてぇ!
051223kyouka_tenpo051223kyouka_ramen
【ラーメン愉悦処 鏡花】
住所:東京都立川市柴崎町 2-12-20
電話:042-525-3371
営業:11:00~16:00,17:00~22:30 (土曜は中休みなし、日曜は21:30まで) Pなし
旬材豚骨(700円)

12月 23, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7847187

この記事へのトラックバック一覧です: 牛蒡天思い出す塩豚骨:

コメント

コメントを書く