« 柚子香る濃厚支那そば | トップページ | 今日から帰省 »

2005年12月27日 (火)

軽やかな福生一番系トンコツ

ここのところ日課のようにとなっている叉焼家定点観測。 本日も準備中のまま。明日の午後には福岡& 愛媛へ帰郷するので今年はお預け確定。全くもって、 やきもきさせる店だ。定点観測のあと開店から2週間が経ち、 落ち着いたであろう百万豚へ。 先日は塩トンコツを頂いたので今日はトンコツ醤油の百万醤油を頂く。
手早く仕上げられ登場したラーメンは叉焼・シナチク・海苔・ 木耳に青葱とオーソドックスな具材が綺麗に盛り付けられ、 その上にクランチガーリックがまぶされている。 タレとトンコツの獣臭が強めなのが福生一番系の特徴なのだが、 ここは塩と同じくタレは控え目で獣臭も押さえてある。しかし、ダシの旨味はしっかり。これに、 やや太めのストレート細麺が合わされる。 熊本麺ということだが福岡においては久留米のラーメン店は同じようなスタイルの麺を使うところが多い。 この手の麺の良いところは適度にスープと馴染む点。 スープを含んだ麺はそれ自体で十分にウマイのだ。 ガチガチに硬い極細麺よりもしなやかな柔らかさを持つこの麺の方がスープにはよりマッチしている。 替玉は極細麺になるのだが、やはり、 この穏やかなスープとの相性は今ひとつ。事前に頼めば、 麺の硬さや極細麺や赤玉(唐辛子入り)といった麺の種類も選べるのだが、 お奨めは何も手を加えない普通のラーメン。 個人的にはこれがベストバランスだと思う。
051227hyakumanton_tenpo051227hyakumanton_ramen
【百万豚】
住所:東京都府中市天神町1-23-11
営業:11:30~15:00,18:00~24:00 休み未定(月曜の予定) Pなし
百万醤油(600円)
味玉(100円)
替玉(100円)

12月 27, 2005 at 11:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7872864

この記事へのトラックバック一覧です: 軽やかな福生一番系トンコツ:

コメント

コメントを書く