« ライトタッチ坦々麺 | トップページ | 清く正しい大衆中華のラーメン »

2005年12月18日 (日)

新店、白河中華そば

さやぴぃさんのラーメン日記の奥州白河手打ちラーメン日向のレポに激しく反応。 シミジミとした鶏がら&魚介スープにプリップリの太縮れ麺。 国分寺の孫市で味わってから病み付きになり、白河まで出かけてしまう程に我が麺中枢を揺さぶる存在。 全くもって罪な奴だ。当然、深く考えることなく即行動開始
寒風吹きすさぶ中、ペダルを漕ぎながら多摩川の堰堤を遡上していく麺馬鹿一人。 結構なペースで走っているのに体が温まる気配無し。今日は半端ではなく寒い!凍えながら店に到着し、 早速にラーメン&餃子を注文。 程なくして登場したラーメン様は中華そばらしい中華そば。シナチク、 玉子、ホウレン草、ナルト、 叉焼と昔ながらの中華そばを語った時には必ず出てくるアイテムが網羅されている。 清く正しい中華そば。鶏がら&魚介ダシのスープの出来は秀逸。 思わずシミジミと啜ってしまう。しかし、残念なのは。 粉まみれになりながら麺を打っているご主人には申し訳ないのだが麺がスープに負けている。 プリっとした食感はあるもの、途中でボソっと腰砕けに。 ラーメンとしては十分以上に満足できるものなのだが、白河を名乗る故に更なるものを求めてしまう。 新規開店の繁忙が落ち着いた頃に再訪するのが吉か。ちなみに餃子は中々のもの。 ニンニク控え目で個人的には好み。
051218hyuga_tenpo051218hyuga_ramen
051218hyuga_up051218hyuga_gyoza
【奥州白河手打ラーメン 日向】
住所:東京都羽村市緑ヶ丘4-3-12
電話:042-555-8139
営業:11:00~15:00,17:00~20:00 月曜休み Pなし
ラーメン(550円)
餃子(300円)

051218tama_01051218tama_02
帰路の途中、玉川上水の取水口にて小休止。ここの取水口は投渡堰と呼ばれる珍しい形式なのだとか。 1654年に作られた上水路が大切に使われ続けられていることに一頻り感心する。

051218fuji_01
家に近づいた頃日没。夕日が富士山を照らし、まるで仏像の光背の様。 これまた寒さと時間をわすれしばし見入ってしまう。

12月 18, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7770490

この記事へのトラックバック一覧です: 新店、白河中華そば:

コメント

コメントを書く