« 国際青島太平洋マラソン | トップページ | 久し振りのなめらか塩 »

2005年12月13日 (火)

嬉しや、近場の一番系列

諸般の事情で九州滞在中は一啜りもしないまま。 なんでもいいから一啜りしておけば良かったと後悔する事ひとしきり。 啜らないで帰ってきたものは仕方が無い。こちらでキッチリ啜るとしよう。 しばらく休みと貼り紙のしてあった叉焼家は開いているだろうか?何はともあれいってみよう。
店の場所に近づけども明りの見える気配無し。店の前にはしっかりと貼り紙。15日まで休みだったか…。 普段ならどうしようかと悩むところだが今夜は大丈夫。先程、 道中で新しいラーメン店が出来ているのを見つけたばかり。とんぼ返りに引き返す。 店の入り口には「ランチタイム 替玉無料」の文字。もしやと思う。店内に入り食券機の前へ。ここで、 ほぼ確信に変わる。替玉に「赤玉」 を用意しているのは福生一番系列の証。ならばと、 一番系で最もお気に入りの豚塩を選ぶ。当然、赤玉の替玉も。 チョイと待てば豚塩ラーメン様登場!
先ず目が惹きつけられたのがチョコンと乗った。 穏やかな表情のスープとのコントラストが鮮やか。山頭火を髣髴させる。 更に気になったのがパラリと振りかけられた粉末状の赤い物体。先ずはとばかりにスープを啜る。 柔らかなトンコツダシと共に海老の香り。 先ほどの粉末の正体は海老だったのか。樽座の味噌ラーメンに負けず劣らず香る。 とんこつに海老が合うとは驚き。 麺は極細麺ではなくやや太めの熊本麺。これがいい塩梅にスープを含む。 アッサリと啜り終え赤玉をやや硬で追加注文。硬麺だとどうだろうと思って頼んだのだが、 この塩には予想通り合わず。 スープをある程度吸い込む麺がこの塩にはマッチしている模様。
全てを啜り終え、帰り際にご主人に尋ねてみると、やはり福生一番の暖簾分けとの事。 意気込み伺える豚塩から伝わるラーメンへの情熱。 地域に密着した名店になる事を心から願いたい。
051213hyakumanton_tenpo051213hyakumanton_shio
【百万豚】
住所:東京都府中市天神町1-23-11
営業:11:30~15:00,18:00~24:00 休み未定(月曜の予定) Pなし
豚塩(600円)
味玉(100円)
替玉(100円)

12月 13, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7615722

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しや、近場の一番系列:

コメント

コメントを書く