« 素朴な味わいに心緩む長浜ラーメン | トップページ | 牛蒡天思い出す塩豚骨 »

2005年12月22日 (木)

四川の技光る坦々麺

今日は同僚とサクっと昼麺。 向かったのは気になりつつも敷居が高そうで訪れていなかった菜根香(ツァイコンシャン)。 ご主人は赤坂四川飯店で修行を積んでいるということのこと。流石に一人でプラリと入れる雰囲気ではなかろうと、二の足を踏んでいたのだ。 同僚の誘いは渡りに船。これ幸いと乗っかることに。
東府中駅近くのビルの8階にある店舗は展望抜群。 眼下には東京競馬場が見える。 競馬開催日に中華を堪能しながら競馬見物ができるぞ。おっと、景色に見とれている場合じゃない。 注文を入れないと。陳麻婆豆腐が魅力的なのだが、坦々麺も魅力的。 麺族は麺を啜ってなんぼ。麻婆豆腐に後ろ髪惹かれつつも、坦々麺を注文。
程なくして登場した坦々麺は、四川の言葉から想像していたよりも穏やかな出で立ち。 特に目に付くのは平打ちの太麺。まるで台湾ヌードル。まず、 スープを確かめる。程よいカプサシンの刺激の後、 鶏がらベースのシッカリしたダシ。当然、 中国山椒や八角のも抜かりはない。を押さえているものの、 坦々麺のツボをしっかり押さえている。幅広の扁平太麺は小麦の風味良く、ツル& プリッとした食感が心地よい。お勘定の時に訪ねてみれば、辛さは調整してもらえるとのこと。今まで、 敷居を跨がなかったことを後悔。 このダシの美味さなら間違いなく麻婆豆腐も相当のレベル。近々再訪か?!
051222zeikonshan_tenpo051222zeikonshan_tantan
【菜根香(ツァイコンシャン)】
住所:東京都府中市八幡町3-17-15 ともや本社ビル8F
電話:042-335-2200
営業:11:30~14:30(日祝12:00~14:30),17:30~21:30 火曜,1・3水曜休み Pあり
坦々麺(840円)
半ライス(150円)

12月 22, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7813298

この記事へのトラックバック一覧です: 四川の技光る坦々麺:

コメント

コメントを書く