« 意気込み充分、新店の支那そばにホレボレ | トップページ | シミジミ香る魚介塩 »

2005年11月16日 (水)

懐かしい味のするコンサル醤油

我が家から聖蹟桜ヶ丘への道中、店構えはコンサル系なのだが、 表に張り出しているスープの能書きが妙に気になりつつもタイミングを逸し、 未訪問の鐙屋。今夜はここで一啜り。 店内に入り頼むは醤油らーめん。 能書きによるとここの醤油はトンコツと魚介のダブルスープの事。 程なくして登場した醤油らーめん。やや濁りのあるスープを蓮華に掬い口へと運ぶ。 確かに能書きどおり最初に魚介の風味フワっと広がり、 あとからトンコツのコクが顔を出す。 それだけならば良くある魚介トンコツなのだが、妙に懐かしい甘味が。 家で作った野菜入り醤油ラーメンを思い出す味。書かれてはいないが、結構野菜を使っている模様。このスープに合わされるのは、 やや硬めに茹で上げられた札幌スタイル太縮れ麺。 個人的な好みで言えば、この手の麺は硬めよりも少しばかり柔い方が好み。 麺の硬さを選べるか聞いておけばよかった・・・。後悔先に立たず。まあ、大きな欠点無く味わえる醤油らーめんではある。 醤油よりも気になったのは鶏がらベースの塩名古屋コーチンという食欲中枢を刺激するに充分すぎる食材を使用との事。 近日再訪決定だな。
051116abumiya_tenpo051116abumiya_up
051116abumiya_ramen
【らーめん鐙屋(あぶみや)】
住所:東京都多摩市一ノ宮1-27-1-101
電話:042-337-8238
営業:11:30~22:00 休みなし Pなし
醤油らーめん(700円)

11月 16, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7230301

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい味のするコンサル醤油:

コメント

コメントを書く