« ホノボノ優しい塩味 | トップページ | 看板どおりの味な奴 »

2005年11月29日 (火)

鉄人を偲びつつ

打ちひしがれる話だった。福岡在住時に足繁く通っていたラーメン店に久し振りの電話をしたところ、 耳に入ってきたのは、店主の師匠にあたる黒木のオヤジさんの訃報。80歳を超えるまで第一線に立ち、 半世紀にわたりラーメンを作り続けた、まさに麺の鉄人。去年の夏に店をたたまれてから一年余り。 もう少しのんびり出来る時間を神はどうして与えてくれなかったのだろう。 オヤジさんの生き様を振り返ると胸から熱いものがこみ上げ、 目頭が熱くなっていく。ただただ冥福を祈るのみ。
今夜はシンミリと面影を偲びながら麺を啜ろう。きっと、それが供養になるはず。 今夜の麺は戸越銀座近くの宮崎ラーメンくしま。食べ歩いた中でもっともオヤジさんの作るラーメンに近い。 タレ少な目で頼み、シミジミと味わい往時を思い出しゆっくりと啜る。オヤジさんありがとう。そして、安らかに。
051129kushima_tenpo051129kushima_ramen
【宮崎ラーメンくしま】
住所:東京都品川区戸越3-5-1 サマリヤマンション1F
電話:03-3787-2831
営業:11:00~14:00,17:00~21:00 日曜休み Pなし
ラーメン(600円)
味玉(100円)

11月 29, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7410927

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人を偲びつつ:

コメント

コメントを書く