« 懐かしい味のするコンサル醤油 | トップページ | 冷え込みに効く、熱々の麺 »

2005年11月19日 (土)

シミジミ香る魚介塩

「醤油のつもりで塩を食べると驚きますよ。」
先日訪れた時に翔屋のご主人に言われた言葉が気にかかる。しかし、 これはご主人の策略かも。行くべきか行かざるべきか葛藤するも、 食欲中枢の欲求には逆らえず。 チャリにまたがり浅川沿いをポタリング。多摩御陵に近づけば大勢の人の賑ぎわい。 何事かと思えば秋祭りが催されている模様。 香ばしい団子の匂いについフラっとなりそうになる。いかんいかん。 こんな所で小腹を満たしていては肝心のラーメンを啜れないではないか。後ろ髪を引かれる思いで祭りの賑わいを後にする。 程なくして翔屋に到着。
暖簾をくぐり店内へ。すかさず塩支那そばを注文。 登場した塩支那そばは醤油と同様に穏やかな表情。透き通ったスープを蓮華に掬い一啜り。 醤油はかなり力強い魚介の風味が広がったのだが、 この塩支那そばはやんわりと風味が広がる。かといってダシは薄いわけではなく、 芯はしっかりしている。醤油の主張ある味わいも良いが、 この塩の穏やかな味わいのほうがより好み。確かに、 醤油のつもりで頼むとその差にビックリする。最後に一振り胡椒をかけて味わいの変化を楽しみつつ完食。 ご主人の言葉に踊らされて良かった!
051119shouya_tenpo051119shouya_shio
【翔屋】
住所:東京都八王子市東浅川町509-1
営業:11:00~20:00 日祝休み Pなし
塩支那そば(500円)

11月 19, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7259609

この記事へのトラックバック一覧です: シミジミ香る魚介塩:

コメント

コメントを書く