« シミジミ素朴な中華そば | トップページ | 日出る国の黒船 »

2005年11月12日 (土)

美味なる蕎麦屋での生殺し・・・

悪友から電話が入る。引越しを手伝ってくれないかとの事。
「あほか、そんなもん自分でやらんかい!」
と、けんもほろろに答えるが、敵もさるもの、
「三鷹のきびやで引越し蕎麦でもと考えているのだが…」
やはり、奴の方が一枚上手であった。あっさりと蕎麦の誘惑に負けてしまう、そんな自分が憎い!
てな訳で、本日のお昼は蕎麦屋で一啜り。三鷹駅から南へ続く商店街から一筋離れた住宅街にひっそりと佇む店の暖簾をくぐれば、 電球の光も柔らかな品の良い空間が広がる。 品書きに目を通すと魅力的な酒の肴がズラリ。しかし、今日は車。泣く泣く蕎麦酒を諦める。しかし、 は諦められない。 玉子焼き穴子の天麩羅を頼む。 先ず玉子焼きが出される。 しっとりとした黄金色を呈するこの塊は見るからにダシをタップリと含んでいそう。 思わずゴクリと唾を飲み込む。箸で一口大に切り分け口へと運ぶ。 ほんのりとした上品な甘味ダシ汁の旨味が玉子の層の間から迸る。 こりゃ、美味!玉子焼きに舌鼓を打っていると、 たたみかけるように穴子天登場。こちらにも箸を伸ばす。臭みなく、 淡くも存在感ある味わい。 穴子は新鮮ささばきの腕が充分でなければ、 何も調味料を加えず食べると臭みが出てしまう。ここの穴子はかなりの上物。 つくづく酒を頂けないことが悔やまれる。そんな忸怩たる思いを払拭すべく、 〆にもり蕎麦をいただく。
いかにも二八らしいきちりと揃った麺線。 蕎麦つゆはかえしの醤油は控え目ながらシッカリとした鰹ダシ。 ズズッと啜ればカキンとした二八ならではの歯ごたえ。 そしてフワリと広がる蕎麦の甘味と香り。 これまた肴に劣らずレベル高い。重ね重ね日本酒が欲しい! 酒の飲めない状態でこんな蕎麦屋に連れて来るとは、奴は悪魔だ!
051112kibiya_tenpo051112kibiya_tamago
051112kibiya_anago051112kibiya_soba
051112kibiya_up
【きびや】
住所:東京都三鷹市下連雀4-16-48
電話:0422-42-3520
営業:11:00~15:00,17:00~20:00(平日11:00~16:00) 水曜休み Pなし
もり蕎麦(600円)
玉子焼き(600円)
穴子の天麩羅(1000円)

11月 12, 2005 at 10:00 午前 蕎麦 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7133960

この記事へのトラックバック一覧です: 美味なる蕎麦屋での生殺し・・・:

» 売り切れ御免!幻の酒が入荷しました トラックバック 生粉打ち亭(きこうちてい)店主より一言〜つなぎを一切使用しない生粉打ち蕎麦!
青森市唯一の醸造元による、ワインのような爽やかな味わいでブレイク!発売以来、息の長い人気酒で入手困難となっています。 芋焼酎ブームを巻き起こした、あの『魔王』の生みの親 前村貞夫杜氏によるこだわりの焼酎!こちらも入手困難で数に限りが有ります。 ...... 続きを読む

受信: 2005/11/20 21:18:45

コメント

コメントを書く