« やっぱ味噌?! | トップページ | 自分へのご褒美中華そば »

2005年11月21日 (月)

良い素材、必ずしも…

名古屋コーチンといえば適度にしまった歯ごたえとコクのある旨みで名を馳せている鶏だ。郷里愛媛の実家で養鶏を営んでいた私にとって、 良質の鶏というのはそれだけで充分に食欲を刺激する。先日見た、鐙屋の能書きの中の 「名古屋コーチン使用」が妙に頭に残り、今夜フラフラと訪れてしまった。
今日啜ったは先日の醤油よりはずっとまとまった仕上がりになっている。 しかし、麺の硬さだけはどうしても違和感が。 名古屋コーチン使用のスープはというと、鶏の旨味はあるものの、良質の鶏の持つ芯の強さがない。もし、 看板どおりに良質な素材を使っているとしたら、素材を生かしきっていないという事になる。 700円という比較的高目の単価に見合った味かというと、個人的には大いに疑問を感じる。先日、 翔屋でシミジミとした塩を味わっただけに、それを余計に感じる。
051121abumiya_tenpo051121abumiya_shio
【らーめん鐙屋(あぶみや)】
住所:東京都多摩市一ノ宮1-27-1-101
電話:042-337-8238
営業:11:30~22:00 休みなし Pなし
塩らーめん(700円)

11月 21, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/7373685

この記事へのトラックバック一覧です: 良い素材、必ずしも…:

コメント

コメントを書く