« 秋晴れ、即、蕎麦酒 | トップページ | 牛丼を食べ豚丼を思ふ »

2005年10月24日 (月)

心休まる塩トンコツ

八王子駅前から16号線八日町交差点へと斜めに抜ける歩行者専用道路沿いに気になる看板。「本日の麺、塩とんこつ」 。かなり気になる。気になったときは啜るが、これ基本。店に入れば先客一人。 券売機で塩トンコツを選びカウンター席につく。 午後8時過ぎだというのに閑散とした店内に若干の不安を覚えるも、 テンポ良くラーメンを仕上げ始めたご主人の動きを見て一安心
程なくして登場したラーメンは塩トンコツの名のとおり、タレの色控え目の穏やかな出で立ち。 スープを啜れば、雑味の無いトンコツダシ。野菜であろう柔らかな甘味が広がり、 変にたなびくことなくスッキリと切れていく。このキレは鶏がらか? シコシコとした細縮れ麺は食感良く、スープとの馴染みもよい。個人的な好みで言えば、 低加水のストレート細麺ならなお良し。穏やかなスープと麺の味わいに対し、叉焼はタレの味が強め。 唯一残念な点。
とはいうものの充分に納得できるラーメン。逆に不思議なのはこれだけの味でありながら夜の書き入れ時に空いているという事。 並ばずにのんびり食べれるのは今のうちだけか?!
051024kanse_tenpo051024kanse_ramen
【かん世】
住所:東京都八王子市横山町11-7 大浜ビル1F
電話:0426-43-2300
営業:11:30~23:00 休みなし Pあり
塩とんこつ(700円) ※月・水・金のみ

10月 24, 2005 at 10:00 午前 ラーメン |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6697338

この記事へのトラックバック一覧です: 心休まる塩トンコツ:

コメント

コメントを書く