« 温坦々麺の恋しい季節 | トップページ | 甲殻類の香り立つ味噌 »

2005年10月 1日 (土)

文明の光、光臨。そこには驚愕の事実が!

ようやく我が家に文明の光が当たった。福岡在住時、 東京に引越ししてからと足掛け4年間取り付け場所に困り、 押入れの肥やしになっていたウィンドエアコンに代わり、新品のエアコンが装備されたノダ。一度、 夏場に買い替えようと思ったのだが気温の上昇と共に、エアコンの価格・取り付け費共に鰻上り。 ついためらっているうちに今の時期になったのだが、結果としては二重丸。 ピーク期の本体価格より安い値段で工事費込み。本来付かないはずのポイントも価格交渉でゲット。 ヤマダ電機恐るベシ。昼過ぎに取り付けが終わり、 不要となったウィンドエアコンを引き取ってもらう際に驚くべき事が判明。 ウチのウィンドエアコンはSONY製だったのだ。エアコンの引取りにはリサイクル料が必要なのだが、 国産か否かで料金が異なる。で、エアコンの下に書いてある「Sonett」 ってどこのメーカーなのか調べてみて判明した次第。ちなみにこちらのP263の右端の製品が今回引き取りとなったエアコン。 業者さんも一瞬、「えっ?ソニー?!」という顔をしたものの、 リサイクル券のメーカー欄にソニーがあるのを見て納得した様子。 思わぬことからソニーが白物家電に手を出していたことを知ってしまった…。

10月 1, 2005 at 10:00 午前 雑記 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6230888

この記事へのトラックバック一覧です: 文明の光、光臨。そこには驚愕の事実が!:

コメント

コメントを書く