« 心休まる塩トンコツ | トップページ | 麺はいいのに… »

2005年10月26日 (水)

牛丼を食べ豚丼を思ふ

食べてみて驚いた。変わったとは聞いていたが、 松屋の牛丼の変貌振りは想像以上だった。筍や牛蒡が消え、玉葱のみ。 そしてなによりも肉が柔らかくなっている。生玉子・味噌汁・御新香がついて450円。 対する吉野家は豚丼でおなじようにサイドメニューを追加すると510円。 微妙にワンコインを超える。米国産牛肉の輸入再開がささやかれる中、しっかりと対策を採っている。 したたかだ。吉野家は価格を上げ豚丼の「味」 を前面に押し出しているが、あくまでも牛丼の代替品。本来の豚丼とは非なるもの。 未だに豚丼を主軸にしている吉野家の罪は大きい。十勝の人たちは相当に迷惑していると察する。と、 書いているうちに十勝の豚丼が食べたくなってしまった。都内にいい店ないかな~。
051026matsuya_tenpo051026matsuya_set
【松屋 豊田店】
住所:東京都日野市多摩平1-2-18 第1ビル1F
電話:042-598-7125
営業:24時間
牛めし 御新香セット(450円)

10月 26, 2005 at 10:00 午前 その他の食べ物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6698794

この記事へのトラックバック一覧です: 牛丼を食べ豚丼を思ふ:

コメント

コメントを書く