« 心安らぐこの一杯! | トップページ | 文明の光、光臨。そこには驚愕の事実が! »

2005年9月26日 (月)

温坦々麺の恋しい季節

ヨドバシカメラで商品の品定め。 北陸勤務時代から使い続けている電話機の留守電の調子が思わしくない。まあ、かれこれ9年使い続けたのだから、 そろそろ寿命だったのだろう。買い換えるにあたり、 連れ合いに意見を求めたところFAX付が良いとのこと。 今の住まいでは取り付け場所が無く押入れにしまわれっぱなしのウィンドエアコンも買い換えなきゃいけない。 普段はPC関連かデジカメコーナーにしか足を踏み入れないのだが、 今日はそんな訳で家電コーナーをウロウロ。電話機・ FAXコーナーをウロついてみてビックリ。コードレス電話機とコードレス付FAXとの価格差は、 ほんの数千円。どうりで連れ合いがFAX付を所望する訳だ。色々見歩いた結果、 ブラザーのFAXが良さげ。横幅が他社より4cm近く小さく、画面で内容を確認してから印刷できる機能がついている。いざ、 購入に踏み切ろうとしたのだが、我が家の近くのヤマダ電機にも同じ機種があるやもしれない。 今日は価格調査のみにして、値段の比較をしてからに購入を決めよう。
一つ用事が終わると同時にお腹が鳴りはじめる。外はヒンヤリとした空気。半袖だとチト肌寒い。 こんな時はカプサイシンで体を温めるに限る。 ヨドバシ近くの万豚記にそそくさと移動し、 頼むは白胡麻坦々麺&ライス。小ぢんまりとした器に入った坦々麺は、白髪葱がタップリと乗せられ、 穏やかないでたち。なのだが、芝麻醤の下には真紅の辣ダレ。 見た目とは違い、意外とパンチのあるカプサイシン攻撃。ズルズルと麺を啜り、少しばかりスープを残す。 この残ったスープにライスを放り込み、雑炊風にして頂く。スープのダシがしっかりしているおかげで、 ご飯が進む!やはり、坦々麺の〆はライスだよな
満腹満足な状態で機嫌よく麺友のサイトを巡回してると、フミオさんも私同様、 〆のライスで坦々麺に舌鼓を打った模様。高カロリーと言われようが、ライスは欠かせないよね?フミオさん!
050926wantsuchi_tenpo050926watsuchi_tantan
050926wantsuchi_up
【万豚記 横山第二店】
住所:東京都八王子市横山町1-1
電話:0426-56-5800
営業:11:30~14:30,17:30~23:00(日祝は11:30~22:00) 休みなし Pなし
白胡麻坦々麺(880円)
ライス(150円)

9月 26, 2005 at 10:00 午前 坦々麺 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/6229620

この記事へのトラックバック一覧です: 温坦々麺の恋しい季節:

コメント

コメントを書く