« 真面目さ光る中華そば | トップページ | 肉味噌万歳! »

2005年9月 3日 (土)

進め!武蔵野うどん探検隊~その8~

1cmを越える幅。それに対して2mm程度の厚み。 一見すると武蔵野うどんとは思えない扁平な麺。訪れること数回。いずれも臨時休業でありつけず、 本日ようやく肉もりうどんとご対面と相成った訳であるが、 この極太麺にいきなりの先制パンチを食らった。
国分寺駅北口にあるパチンコ店の横を通る路地。オロナインやボンカレーといったレトロな看板。 上にあるうどんの看板が無ければそうとは気が付かない店構え。そして中に入れば古き良き昭和が演出されている。 これが今日訪れた甚五郎だ。
いよいよ、対面した肉もりうどんを啜るわけだが、扁平なうどんは見た目はしなやかそう。 今までに経験した扁平うどんは例外なくしなやか柔らか目。 今回もそうだろうと思い、やや辛口の切れのある肉汁に浸して啜る。
「なんじゃコリャ~!」
先入観で啜ったのが悪いと言われればそれまでなのだが、 見た目からは想像できない剛なうどん度肝を抜かれる。 扁平なのにしっかり噛み込まねばならず、そうすることで地粉の香りが広がり、鼻腔を心地よくくすぐる。 そして、軽く盛られえたように見えていたうどんだが、啜ってみると結構な量。 今日は連食しようと思っていたのだが、そんな胃袋の余裕など木っ端微塵。質・量ともに剛。 まさしく武蔵野うどん也
050903jingorou_tenpo050903jingorou_nikumori
050903jingorou_up
【甚五郎】
住所:東京都国分寺市本町3-3-13
電話:042-325-6916
営業:11:00~16:00,17:30~20:00(土曜は19:00) 日曜祝日休み Pなし
肉もりうどん(650円)

9月 3, 2005 at 10:00 午前 武蔵野うどん |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84739/5798767

この記事へのトラックバック一覧です: 進め!武蔵野うどん探検隊~その8~:

コメント

コメントを書く